B級孤独のグルメ

【家系】「らすた」のルーツ 洗練されたコスパ良いラーメン「百麺」中目黒

しげP
WRITER
 
百麺 中目黒の太麺野菜3点盛







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「百麺 (ぱいめん)」とは?

先日、「ミスターラーメン」前島司さんと 「ラーメン界のカリスマ」塚田兼司さんがタッグを組んでいる人気You Tube番組「ラーメン侍」が「SUSURU」さんとコラボしている動画を見ました。

舞台となったのは中目黒の「百麺」。中目黒は最近訪問する機会が多いので興味深く視聴。

どうやら「百麺」は○○家ではないですが家系ラーメン風。豚骨醤油に太麺なビジュアルがいかにもです。

パンチが効いた感じがとても美味しそうでチェックしておいたのですが、実は中身以上に気になったのが看板に「極楽汁麺 百麺」と書かれていたこと。

極楽汁麺といえば、日吉や代々木にある「らすた」。「らすた」の正式名称は確か「極楽汁麺 らすた」だったはず。

日吉は自分が生まれ育った店で長らくラーメン不毛地帯だったのですが、その日吉に初めて大行列を作ったラーメン店が「らすた」だと思います。

「らすた」は日吉の中央通り沿いにあり、中央通りを利用していた自分は毎日のように行列を目にしていました。数回食べてみましたが、中身は家系ラーメンを少し洗練させたような感じ。

また、その後だいぶ経ってからですが、友人が好きだというラーメン屋に連れて行ってもらったらそれがたまたま代々木の「らすた」だったこともあります。

ということで「百麺」は「らすた」の系列と思いネットで調べてみると、その通りで「らすた」は「百麺」 出身の方が出した店のようです。こちらが本家だったのですね。

「百麺」は世田谷店が1号店で創業は1994年とか。もう25年も歴史があります。

最近は蒲田「飛粋」など「○○家ではない家系ラーメン」が少しブームになっています。

しかし歴史のある「百麺」はもしかしたら「○○家でない家系ラーメン」の元祖なのでは?「らすた」のこともあるし、すごく興味が膨らんできたので今回早速行ってきました。

 

 

中目黒「百麺 (ぱいめん)」の外観、メニュー、店内の雰囲気

中目黒駅から山手通りをドン・キホーテ中目黒本店方面に3分ほど歩くと百麺が見えてきます。

百麺と百と麺の間に「極楽汁麺」の文字が見えます。あと、熱いメッセージも書かれています。

食べログのトップページにも似たような文言がありました。

試作回数百数回、選び抜かれたこだわりの一杯、受け継がれる伝統、魂(スピリッツ)。

58種類の麺と33種類のスープから選りすぐられたらーめんの結論。
選び抜いた豚骨と鶏ガラからとったコクのあるスープ
特注のシコシコ太麺と極細麺、お好きな方をお選びいただけます。
料理人の舌と技術と想像力の作品『極楽汁麺』をどうぞご賞味ください!

58種類の麺と33種類のスープというのがすごい。家系ラーメンと言えば豚骨ですが鶏ガラも使っているのですね。

麺は太麺はともかく極細麺があるというのは家系では聞いたことがありません。食べてみて分かったのですがかなりオリジナリティの高いラーメンでした。

背脂生姜豚骨醤油もあるのか。

これなどは全然家系ぽくないですね。

こちらが通常のメニューのようです。

中目黒 百麺のメニューの看板

 

さて、入店。中に少し入ったところに券売機がありました。

【 百麺 中目黒店の主なメニュー 】

太麺4点盛 1,050円
太麺野菜3点盛 900円
細麺4点盛 1,050円
細麺野菜3点盛 900円

太麺 700円
細麺 700円
チャーシュー麺 950円
つけ麺 850円
ネギらーめん 850円
ミニラーメン 550円
大盛り +100円
特盛り +200円

・4点盛り (半熟味玉、ラフティー、九条ネギ、のり)
・野菜3点盛り (九条ネギ、ほうれん草、もやし)

ラーメンは700円から。さきほどの「ラーメン侍」でSUSURUさんは太麺4点盛 1,050円を頼んでいました。こちらはラフティーという角煮入り。

そちらも興味がありましたが、野菜の3点盛りもお得感がある感じがしたので今回はこちらにしました。

紙ナプキンもあったので使わせてもらいます。

コロナウィルス対応をしっかりしている旨書かれていました。

実際に店内は清潔感がありました。

ところで一部では家系ラーメンが風邪予防に効くという都市伝説もありますが本当なんでしょうかね。

調味料は豊富。

揚げニンニク、刻みニンニク、豆板醤、お酢、らーめんタレ、醤油、胡椒、ゴマといった感じ。わざわざシールが貼ってあるのが親切です。

平日の夜20時くらいですが店内は混んでいました。

厨房は広めでどでかい寸胴がいくつか見えます。3名が調理していますが、2名はいかにも体育会系のがっしりした体つきの方。家系ラーメンは特に体力勝負な感じがありますからね。

さて、しばらく待って野菜がてんこ盛りの太麺野菜3点盛の登場です。

 

 

中目黒「百麺」で頂いた太麺野菜3点盛

表面の美しいチャーシューが2枚乗っています。

デフォルトが2枚なのは良いですね。

そしてほうれん草、九条ネギ、もやしもかなりのボリューム。

百麺 中目黒の太麺野菜3点盛

太麺野菜3点盛@百麺 中目黒

 

食欲をそそるビジュアルです。

さて、まずはスープから。

意外にあっさり。豚骨特有のどろっとした感じはありません。鶏ガラもかなり混ざっているのかも。飲みやすいスープです。

麺はそこまでの太麺ではありません。少しもちっとした感じもありますが力強い感じで時間が経ってもあまり伸びた感じはしませんでした。「らすた」の麺と似ているかも。

スープも麺もいわゆる家系とはかなり違うように感じました。

ちなみに箸は麺をすすろうにも滑り落ちてしまいやや使いにくい感じを受けました。

3種の野菜は優秀。

どれもかなりボリュームがあってスープとの相性も良し。特にほうれん草との相性は最高です。

もやしはあまり家系ラーメンでは見かけないですが悪くない感じ。

そしてチャーシュー。

肩ロースだと思うのですが厚みがあり、しっとりと上品な感じながら脂身の美味さも程よくバランスの良いチャーシューだと思います。

全体的に家系ラーメンの感じはそれほどでもなく洗練されたラーメンという印象。美味しかったです。

 

 

中目黒「百麺」の行き方と営業時間

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1丁目30−6

中目黒駅徒歩3分くらいです。

【 百麺 中目黒店の営業時間 】

11:30~翌2:00

定休日 無休

中目黒「百麺」の感想と食べログ採点

【 百麺 中目黒店の感想 】

・かなり洗練された家系ラーメンという感じでオリジナリティが高い。スープはさらっと飲みやすくコシがあって力強い麺も良し。チャーシューは上品でレベルが高い。野菜も美味しかった。

・接客は感じ良し。雰囲気はまずまず。ラーメン700円でもチャーシュー2枚付きでコスパ良しと思う。

百麺 中目黒店ラーメン / 中目黒駅代官山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.