B級孤独のグルメ

【二時間半】しか営業しないのにラーメンDB全国10位!「燦燦斗」東十条

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

東十条「燦燦斗 (さんさんと)」とは?

昨年夏に2度ほど東十条を訪問しました。友人が推奨する「机上の空論」と東京を代表するラーメン店である「麺処ほん田」に行ったのですがどちらもとても美味しかった。

これらの店を調べていて驚いたのは東十条はラーメンの激戦区であるということ。自分が行った店以外にも有名店があり、いくつかの店をチェックしました。

その中でも気になったのが「燦燦斗(さんさんと)」。まず個性的な名前が気になります。

美空ひばりに「愛燦燦」という曲がありますがそこから取ったのでしょうか?

「燦燦斗」食べログとラーメンデータベース(RDB)のどちらも高得点。

2020年2月20日現在、「燦燦斗」の食べログは3.78で2017年から2019年まで食べログ百名店に連続して選ばれています。

また、RDBは98.594ポイント。こちらは異常なほどの高得点で全国でなんと10位!

ラーメンDBはいわゆるラーメンオタク(ラオタ)の人が主に活用するサイト。

その中でこの人気はすごすぎる。という訳ではずっと行きたいと思っていました。ただ家から遠いので二の足を踏んでいました。

さらに営業は夜の18時~20時半のわずか2時間半のみ。しかも月木が定休日。なかなかハードルの高い店ですが、とある用事で夕方に上野に行った帰りに遠征することを決意。

月曜日でも木曜日でもないことを再確認して京浜東北線に乗り込みました。

 

 

東十条「燦燦斗」の外観、メニュー、店内の雰囲気

東十条駅から歩いて数分の路地に「燦燦斗」はありました。食べログに行き方と説明が載っているのですが、やや分かりづらいので後の「行き方」のところで補足します。

「燦燦斗」の店の店頭は燦燦というより、逆に少し暗い感じ。

日本家屋といった雰囲気は悪くないですが。照明もそれに合わせています。

18時40分で店頭に1人座って待っているのが見えます。

壁を見ると並ぶ前に食券を買うよう指示がありました。

店の中に入ると女性から明るい声で「いらっしゃいませ」の声がかかります。いかにも厨房にいるご主人の奥様という感じ。おそらくそうだと思います。

なんとなく営業時間が短いとメニューが少ないかな?と思いきや、らーめん、つけ麺、油そば。さらにらーめんはは塩、つけ麺は辛つけもあり種類は豊富です。

【 東十条 燦燦斗 の主なメニュー 】

らーめん 700円
らーめん大盛 800円
つけめん 800円
つけめん大盛 900円
辛つけ 850円
辛つけ 大盛 950円
油そば 700円
油そば 大盛 800円
中華そば(塩) 700円
中華そば(塩)大盛 800円

生たまご・辛味 各50円
味玉 100円
ちょっと肉増し 150円
肉増し 250円

「らーめん」と「ちょっと肉増し」の食券を購入しました。

しばし外に出て待ちます。中はカウンター席が7席のみ。ただ2番目なのですぐに案内されるかと思いきや10分ほど待ちました。

ちなみに帰りがけに撮った写真がこちら。

7名ほど並んでいます。自分が10分ほどで中に入れたのは幸運だったのかもしれません。

さて中に入ってカウンター席で待ちます。かなり狭め。。

残念ながら正面の仕切りが高く調理風景は見えません。ご主人は黙々と作業されていますが、奥様と思しき方はいかにも陽気な感じ。

店内には沢田研二が流れています。自分のような年代のおっさんは嵐の曲は分からなくても「勝手にしやがれ」のイントロには敏感に反応します。

目の前のやかんが可愛い。

周囲を見るとらーめんを食べている人以外は油そばを食べている人が目に付きます。こちらも人気のようです。

さて、着席してから7分ほどでらーめんが到着します。

 

 

東十条「燦燦斗」で頂いたらーめん ちょっと肉増し

シンプルなフェイス。

いかにもラーメンという感じですが、鼻を近づけると煮干しの良い香りが漂います。

らーめん ちょっと肉増し@燦燦斗 東十条

 

チャーシューはいかにもレアな感じ。トッピングは他にメンマ、カイワレ、ネギといった感じでしょうか。

さて、スープから頂きます。

おおっ、濃厚です。美味しい!

煮干しがガツンときてその後に動物系の旨味を感じます。魚介豚骨と聞いていたのですが、単なる豚骨よりもマイルドな味わい。鶏も結構使っているようです。

かえしはほんの少し強めですが気になるほどではありません。後味はすっきり。

そして麺。中太麺でモチモチというほどはありませんがもっちりしています。なんでも自家製麺で店内で作っているとか。

つけ麺で使う麺のようでもあり、スープも含めてつけ麺に近い構成です。

レアチャーシューは豚肩ロース?

結構厚みがあって、肉の旨さをしっかりと感じられます。

メンマはコリコリ食感が中心も少しだけしっとした感じもあり。

美味しいスープは最後まで頂きました。

いやぁ、スープも麺もチャーシューも文句なく美味しかった。完成度が高いです。

ただあえていうと個々のクオリティは高いものの、この店でしか食べられないというほどのオリジナリティは感ぜず、感動するというほどではありませんでした。

 

 

東十条「燦燦斗」の行き方と営業時間

〒114-0032 東京都北区中十条3丁目16−15

食べログの「交通手段」にはこう書いてあったのですが、

JR京浜東北線「東十条」駅(北口)から徒歩2分
北口を出てすぐ左手側にある坂道をくだる途中にあります。
※階段を降りてはいけません。

「階段を降りてはいけません」が少し分かりづらかったので、自分なりの行き方を書いておきます。

東十条駅北口を出て左折。電車を下に見ながら少し歩きます。

ここが分かりづらかったところ。この階段を降りるなということでしょうが、階段は登らないといけません。

階段を登りきったところですぐに左折すると以下のように下る坂が見えます。

坂をしばらく下ると店舗が見えてきます。

【 東十条 燦燦斗 の営業時間 】

18:00~20:30

定休日 月曜・木曜

最初に書きましたが営業時間はわずか2時間半なのでお気をつけ下さい。

 

 

東十条「燦燦斗」の感想と食べログ採点

 

【 東十条 燦燦斗 の感想 】

・魚介豚骨+鶏のスープは濃厚なのに後味すっきりでクオリティが高い。もっちりした自家製の中太麺やチャーシューもレベルが高い。

・店内は狭いし、「燦燦」とはしていないが日本家屋な感じは悪くない。BGMが沢田研二というのも雰囲気にあっている。

・行列ありだが、オペレーションはそこまでスムーズではなかった。集団で来ているグループは必ず隣り合うよう案内しているようだったが、席が少ないのでやや無理があるように感じた。

燦燦斗ラーメン / 東十条駅十条駅王子神谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.