B級孤独のグルメ

衝撃!新小岩「うなぎ和友」うなぎ界のラーメン二郎は半端なかった!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

うなぎ界のラーメン二郎!新小岩「うなぎ 和友(かずとも)」とは?

最初に「うなぎ 和友」のうな重の写真を見た時は衝撃でした。重箱からあふれんばかりの大量のうなぎは冗談にも思えたほど。

ラーメン以外でも超デカ盛りの店を「◯◯界のラーメン二郎」と呼ばれる店はたくさんありますが、まさか「うなぎ界のラーメン二郎」と呼ばれる店があるとは夢にも思いませんでした。

そして今回実際に食べてみて、想像をはるかに上回る衝撃を受けました。

マジ半端ない。「和友」半端ないって。

この10年で食べたうなぎを30分ほどで食べたような感じです。衝撃を受けたと同時に猛烈に感動しました。大げさではなく生涯忘れ得ぬ食事になりそうです。

さて、和友の存在には2年ほど前に気づいていました。ずっと行きたい気持ちを持っていましたが高いハードルがありました。

それは新小岩という自宅から離れた場所にあり、駅からもバスを使わなければいけないほど離れていること。

しかも営業時間は11:00~13:30のわずか2時間半。さらに売り切れ仕舞い。

しかし、土用の丑の日を控え頭の中がうなぎモードになっているのにこの店は絶対に外せない。ということで、ある日の平日総武線快速に乗ってまずは新小岩駅を目指します。

 

 

新小岩「うなぎ 和友」の行き方、営業時間、行列の様子、鰻は国産?

食べログの「うなぎ 和友」の交通手段欄には以下のように記述がありました。

総武線新小岩駅より、葛西または西葛西行きバスで江戸川区役所前下車徒歩約5分

新小岩駅から1,604m

歩けそうな歩けなさそうな微妙な距離ですが、猛暑なので行きはバスで行くことに。新小岩駅の南口に大きなバスローターリーがあります。

帰りは超満腹のためゆっくり歩いて帰りましたがちょうど20分くらいでした。気候が良ければ歩き慣れている人には問題ない距離です。

都バスで新小岩駅から西葛西駅行きに乗り込みます。そこから4つ目の江戸川区役所前で下車。

江戸川区役所からも更にバス通り歩いて左に曲がった小さい路地に「うなぎ 和友」はありました。

12時15分で先客は10名ほど。ご老人が中心で、孫らしき子供の姿も見えました。

〒132-0021 東京都江戸川区中央1丁目3−20

近くに「しまむら」があったので車で来る人はそこに駐車するという選択肢もあるかもしれません。

意外と回転は良いですが、入店できたのは12:50頃。外では35分待ちでした。

自分の食事中、13:15頃に店内に入ってきた人は「売り切れです」と入店を断られていました。

詳しくは事前に電話で確認された方が良いと思いますが、営業時間が13時半までといっても売り切れの場合は入店できないようなので注意が必要です。

なお、予約をしていた客はいなかったようです。未確認ですが予約はできないのでは?と思いました。

【 新小岩 うなぎ和友の営業時間 】

11:00~13:30

開店が遅れる場合あり

現在昼の部で鰻が売り切れるので夜の部は営業してません
17:00~20:00(LO19:30)無くなりしだい閉店

定休日 土曜日

営業時間の情報も食べログによると回転が遅れる場合があるそうです。定休日が日曜日ではなく土曜日なのも注意が必要ですね。

並んでいる間に「うなぎ和友」が国産うなぎを使っているのが気になります。このボリュームなら普通は中国産です。

ググっていると、2014年11月 8日に放送された「テレビ東京」の「出没!アド街ック天国」に「和友」が出ていたようで、こちらに記事がありました。

16位 和友

人気のうなぎ屋さん。お昼の1時半までの営業。人気の理由は、器から溢れんばかりのボリューム。鹿児島県産のうなぎにこだわり、備長炭で焼き上げる。

へー。国産なの?すごいな。

店内では国産かどうかに関する記述はなし。どうしても気になったので会計時に尋ねてみるとやはり国産のうなぎを使っているとのことでした。すごいものですね。

 

 

新小岩「うなぎ 和友」のメニュー、店内の雰囲気、ビール

注文は中に入ってからですが、店の外でもメニューは確認できました。うな重は4,200円!です。

食べログのコメントを見るとかつては3,600円、3,800円、4,000円の記述がありました。うーん。本当にうなぎ価格の上昇が止まりませんね。

しかし、実際に食べてみると、4,200円でもとてもお値打ちだったことが分かります。

うなぎ和友のメニュー

 

こちらは店内にあったメニュー。店外のものと同じです。

【 うなぎ和友の主なメニュー(2019年7月現在) 】

うな重 4,200円
白焼定食 4,300円
うなチキ丼 3,200円
うな玉丼 1,300円
地鶏親子丼 850円
豚玉丼 850円

かつてはうな丼もやっていたようですが、現在はないようです。

そして地鶏親子丼や豚玉丼があり普通の値段であることに驚きます。

うなぎはメガ盛り。複数で来ている人は人数分鰻だと大きすぎるので、うなぎ以外を頼んで1つのうなぎはシェアするという食べ方をしている人もいるようでした。

うなぎ和友の夜メニュー

 

裏には「夕方より」と書かれた料理メニューもありますが、夕方はやっていないので幻のメニューと言えそうです。

さて、自分の注文は当然うな重。そして暑い中並んでいたのでビールの中瓶も注文しました。

基本は昼間は飲まないことにしているのですが、鰻は時間がかかるので待ちながら飲むのも定番のスタイルです。

最初に冷たいお茶がきて、それからビールがやってきます。

グラスもキンキンに冷えていて良い感じ。そしておつまみもついていました。ひじきは大好きなのでありがたい。

店内は新しい感じ。そこまで創業は古くないのでしょうか?それとも改装したのかな?

中瓶を15分くらいかけてゆっくり飲み干した頃に待ちに待ったうな重がやってきました。

 

 

新小岩「うなぎ 和友」で頂いたうな重

立派な重箱。なんと蓋には店名が刻まれています。そして、

うな重@うなぎ和友

 

うぉー。隣の人が食べているが目に入るので想像はできていたのですが、とんでもない迫力です。鰻がこんなに窮屈そうに折りたたんであるなんて。

香りも良いのですが、どうしてもこのビジュアルに目を奪われます。

肝吸いと比べてもこの大きさ!

鰻は4匹のようです(それとも2匹で両面を使っているかな?)。まずは折りたたんでない方がから頂きます。

ふんわり、ふっくらした鰻が美味しい!タレは控えめです。

ここ数日名店と言われる店も含めてうなぎを何回か食べましたが、それらと比べても遜色ありません。和友は量が多いから味がイマイチなんてことはまったくありません。

そして、びっくり。折りたたんでいるように見えなかった部分は、下に折りたたんでいた?のか下に隠れていました。

うなぎを食べてもまたうなぎが出てくるとは。いやぁ、すごいな。

そして3分の1ほど食べたところで、かなり満腹。これだけでも優に通常の1.5人分はありそう。うなぎに比例してご飯も多いのです。

そして、この感じはそう、ラーメン二郎を食べた時の感じとそっくりです。ようやくもやしを食べ終わってこれから麺ですでにお腹が膨らみかけているような。

特に自分が一番すごいと思う二郎系は元住吉の「豚星」なんですが、この後はまさに豚星と格闘した時に感じになります。

うなぎはこれだけあっさりした感じで焼かれていてもオイリーなんだなと改めて思います。途中で辛くなってきました。それでも美味しいから箸が進むという不思議な状況に。

なお、「うなぎ 和友」ではうなぎの持ち帰りができます。大食いでない方は無理をしないで、お持ち帰りをおすすめします。

それでも肝吸いやお漬物で味変しながら、なんとか完食。

 

自分を褒めたくなりました。これも「豚星」を食べ終わった時と同じ感覚。

そして、この後は前述したとおり歩いて新小岩駅まで帰りました。

また、夕飯は全く食べませんでしたが、寝るまで全くお腹は空きませんでした。

すごいな「和友」。「和友」まじスゲ~。感動した!「和友」半端ないって。

これから年に一度は必ず行くことにしよう。

 

 

新小岩「うなぎ 和友」の感想と食べログ採点

【 新小岩 うなぎ和友の感想 】

・うなぎ界のラーメン二郎は半端なかった!10年分のうなぎを一度に食べた感じ。

・量が多いからといって味イマイチなんてことはなく、むしろかなり美味しかった。国産うなぎを使っているだけのことはある。

・営業時間が2時間半の上に売り切れ仕舞い。場所も新小岩駅から徒歩20分 (バス5分+徒歩5分) だが、行く価値は大いにあると思う。

 

うなぎ 和友うなぎ / 新小岩駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.