B級孤独のグルメ

驚愕!デカ盛り肉厚うな丼! 鰻がはみ出ている!梅屋敷・大森「仙見」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

梅屋敷・大森の「うなぎ仙見(せんみ)」とは?

うなぎが高騰して以来、頑張ってお金を出してうな丼を食べてみてもその小ささにがっかりすることもしばしば。

そんな中、「もう鰻お腹いっぱいで食えんわぁ」と思わせてくれる夢のようなデカ盛り、メガ盛りうな重の新小岩の「うなぎ和友」の記事。なんと一日で5,000以上アクセスも来ました。

どうもありがとうございます。自分は和友のうな重には猛烈に感動したのですが、読者の方々にもその感動の一部をおすそ分けすることができたでしょうか。

友人たちからの評判も上々でした。

「うなぎ 和友」は半端なかった。うなぎ界のラーメン二郎と呼ばれるのにも納得です。

さて、ここまで反響があるのなら二匹目のドジョウならぬ二匹目のうなぎを目指したいところ。

多少遠征しても構わない気持ちでネットで探しますが、やはりあまりないですね。というか全然見つかりません。

そんな中、灯台もと暗しというか、地元からさほど離れていない京急の梅屋敷に名物「はみ出し」うな丼の店のうなぎ屋があるではないですか。

それが今回紹介する「うなぎ仙見せんみ」です。

即決。おそらく店の存在を知ってからは最速で「うなぎ仙見」を訪問してきました。

さて」で食べた「はみ出し」うな丼。正直、うなぎの二郎ほどではありませんでしたが、普通のうな丼と比べたら大大大満足のデカ盛りで肉厚なうな丼でした。

梅屋敷「うなぎ仙見」の外観、メニュー、店内の雰囲気

京浜急行の梅屋敷駅。京急蒲田から1つ品川寄りの駅から2分くらい歩いた処に「うなぎ 仙見」はありました。

京浜急行はこの辺りは第一京浜に沿って走っているのですが、仙見の店舗も第一京浜沿いです。

左隣は「ニンニク入れますか?」という黄色い看板があるのでラーメン二郎インスパイア系の店ではないかと思います。

名物の「はみ出し」うな丼を分かりやすくアピールしています。

中に入ると女性店員からいらっしゃいませの声がかかります。11時40分ころで、カウンターには男性の一人客が2名。テーブルに女性の4人組がいました。

【 梅屋敷・大森 うなぎ仙見のランチメニュー 】

名物「はみ出し」うな丼 3,000円
ランチうな丼 1,800円
まぶし丼 1,950円
お昼の特別重 4,400円
肝吸いへのご変更 200円
お新香(小鉢)100円
ごはん大盛り 100円

ランチはサラダとお吸物付。予定通り「はみ出し」うな丼を注文。食べログには以下のように書かれていました。

愛知、静岡直送!こだわりの活鰻を朝割きし、丹念に蒸して焼き上げた名物「はみ出し」うな丼!!

ふむふむ、鰻は国産なんですね。ポイント高いです。

カウンターの目の前には鰻と蒸し器と天然炭が使える業務用グリルが。現在は蒸している最中で店主の姿は見えません。

奥にあるのは生きたうなぎを入れておく水槽でしょうか?

先にサラダが運ばれてきました。細切り大根で醤油ドレッシング。

やがてご主人が登場し、グリルに火を入れます。

焼いている姿を直に見えるのが良いですね。最初に来た人から順に提供され、やがて自分の番もきました。

 

 

梅屋敷「うなぎ仙見」で頂いたはみ出しうな丼

はみ出しうな丼@うなぎ仙見 梅屋敷

 

おおっ、なかなかの迫力。しかもうなぎが分厚い!です。

縦アングルもこの通り。

いやぁ、美味しそうだ。

さて頂きます。

やはり見え目通り分厚い!これは嬉しいなぁ。やはり食感が全然違います。

うなぎふわっとして柔らかいですが、トロトロではなく、ほんのり固さがあります。

タレが少し多目。ごはんにもかなりタレがかかっています。魚臭さや骨などはありません。

そして、ご飯が多めです。

5センチくらいの厚みがありそう。

吸い物は肝吸いではないシンプルなもの。漬物も別用金ですが、肝心のうなぎがこれだけ大きければ無問題。山椒も良い感じでした。

蒲焼きが二枚なのはあらかじめ分かっていましたが、肉厚だったので更にポイントUPです。ご飯もボリュームあり、かなり満腹になります。大満足でした。

 

 

梅屋敷「うなぎ仙見」の行き方と営業時間

〒143-0014 東京都大田区大森中2丁目2−1

京浜急行梅屋敷駅から徒歩2分くらい。第一京浜沿いですが、駅からだと信号を渡る必要があります。

【 梅屋敷・大森 うなぎ仙見の営業時間 】

11:30~14:30 (L.o 14:00) 
17:30~21:00 (L.o 20:30)
※うなぎが売り切れ次第終了となります。
※お昼のお席のご予約は承っておりません。
※夜は予約優先となります。活鰻の鰻重をご希望の方は20:00までにご注文願います。

定休日 水曜日

食べログから引用させてもらいました。予約は昼は不可、夜は可とのことです。

梅屋敷「うなぎ仙見」の感想と食べログ採点

【 梅屋敷・大森 うなぎ仙見の感想 】

・名物「はみ出し」うな丼はなかなかインパクトがあった。大きいだけでなく厚みがあるのがポイント高い。

・やわらか、ふっくらした国産のうなぎがとても美味しい。タレはやや多め。ご飯はかなり多め。

・このボリュームで3,000円は十分にリーゾナブルだと思う。

・店は庶民的な感じ。サービスはよく気が利き感じがよかった。

 

うなぎ 仙見うなぎ / 梅屋敷駅大森町駅蒲田駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.