B級孤独のグルメ

【ランチありの魚金】「ムスブ田町」店は釜揚げしらす食べ放題!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

魚金 (うおきん) とは?

一時期新橋に目に見えて店舗を増やす店舗が居酒屋がありました。その勢いはとどまるところをしらず、居酒屋だけでなくビストロやイタリアンバルなどもオープン。

それが「魚金」です。「魚金」の存在はいつも気になっていました。なぜならどの店も店頭に行列があったから。これだけ店が増えてもなお行列ができるのはすごい。

これは絶対美味しいはずと予約を入れて飲み会に「魚金」を初めて利用したのはもう10年以上前。

最初の数回は感動の嵐。とにかく刺身の盛りが豪快なのです。しかもとても美味しくて値段もリーゾナブル。

飲み会からの参加者からの評判も上場で一時期飲み会には「魚金」ばかりを使っていたこともありました。

魚金のホームページには以下のようにコアバリューとして書かれています。

1995年4月、新橋駅烏森口そばに居酒屋魚金は誕生しました。
約30坪のごく普通の居酒屋、今ある魚金グループの原点です。

どこのお店より、少しでも良いものを少しでも安く、たっぷりとご提供したい一心で、毎日毎日、朝早くから築地市場に仕入れに通い続けました。
そして、多くのお客様に今までよりもリッチな気分で外食を楽しんでいただくために、他店では真似のできないほど、豪快な盛りつけでのご提供を心掛けました。
魚金の代名詞でもある「刺身の6点盛り」はその象徴ですが、新鮮で美味しいものをリーズナブルに思う存分召し上がっていただく、それが本来、外食の楽しさそのものでもあり、多くのお客様の喜びや感動につながると考えたからです。

そう感動というのがキーワードかと思います。美味しい店は多くとも感動できる店は少ない。

その「魚金」。増えたなと思っていたのですが、東京を中心に現在では50店舗!以上もあるようです。

初期の感動もだんだん薄れていくのが人の常。これといった理由もなくしばらく「魚金」とはご無沙汰になっていましたが、先日行った田町駅前の「ムスブ田町」に魚金があるのを発見。

なんとランチもやっているみたいでした。自分がよく行っていた頃はランチをやっている魚金はあまりなかったはず。

これは良いと後日日を改めて「ムスブ田町」の「魚金」に向かったのですが。。

 

 

ムスブ田町魚金の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

田町駅も慶応大学がある方面は昔から同じ光景ですが、海沿いはまだまだ開発の余地があるようで行く度に景色が変わっていきます。

「msb Tamachi (ムスブ田町)」なる商業施設を発見したのは先日絶品のチキンライスが頂ける「ウィーナムキー」に行った帰り。

ここには「プルマンホテル」の入り口もあります。

「プルマンホテル」は世界最大級のホテルチェーン「アコーホテルズ」のハイクラスホテルブランド。

日本には初上陸らしく旅行系YouTuberの「おのだ」さんがレビューをしていたのを見た記憶があります。

しかし「msb」で「ムスブ」と読ませるのは無理があるような。

中に入ると白金高輪に本店を構える「メゾンカイザー」のコーヒーショップなどおしゃれな店舗が目に入りますが、1番混んでいたのは五反田にも店舗がある「広州市場」。

ここもしばらくご無沙汰なので近い内に行かないと。

さて、目指す「魚金」は右奥にありました。

商業施設内の魚金は初めて。ひと目おしゃれな作りであると分かります。

ランチメニューはサンプルが並べてあるのでとても分かりやすい。

一通り揃っていますが、基本は1,000円。そこまでボリュームがありそうな感じはありません。

平日の昼でしたが子連れも入店可のようでした。

13時ころでしたが、人はたくさんいるものの空席はたくさんあります。中に入るとベテラン風の店員に手前のカウンター席に案内されます。

ムスブ田町魚金のランチメニュー

ムスブ田町魚金のランチメニュー

 

最初に「釜揚げしらす食べ放題!」の文字が飛び込みます。それは嬉しい。

ただご飯のお代わりが180円、大盛が100円などランチは無料の店も多い中「魚金」らしくない?と思います。

結局カキフライが食べたかったので「ミックスフライ定食」を注文しました。

昼飲みも普通にできるようです。

しばらくしてすぐに違和感。

目の前で職人がおそらく鰤を捌いているのですが私語が多い。外から入ってきた男性と何やらぺちゃくちゃ。

まだピーク時間なのに閉店間際みたいな空気感です。かつての魚金は店員教育も素晴らしいと思ったものですが。

名前は同じ魚金でも全く別の店に来たみたいです。

こんな素敵な絵が飾ってあったりと店内は高級感もあって雰囲気は良いのですが。

それでも食事が素晴らしかったら問題ないと思ったのですが。

 

 

ムスブ田町魚金で頂いたミックスフライ定食

まあサンプルは見ていたのですが、やはり少し寂しい感じ。

ミックスフライ定食@ムスブ田町魚金

 

「この値段でこれだけ出るの?」とかつて自分を感動させまくった魚金の姿はありません。

牡蠣の大きさは居酒屋定番の小ぶりなもの。ホタテクリームコロッケも小ぶりです。

ご飯の盛りも控えめ。今の自分はこれでも足りますが、一昔前の自分なら全然足りない量。

それでも豆腐を口につけると、とても柔らかく良い味がします。

あおさのみそ汁は出汁はあまり効いていませんが、さっばりして美味しい。

そして釜揚げしらす。これは美味しい!

塩味がほんのりですが、噛むとほんのり独特の苦味があってクセになります。

クリームコロッケは本当にトロ~リとしています。

ご飯にも合いますが、酒のつまみの方が合うかも。

期待した牡蠣は小さめで、まずい訳ではもちろんありませんが、特に美味しいわけでなく、これを食べるなら魚金でなくても良いなぁという気になります。

食べ終わってほぼ満腹でしたが、何か物足りない気がして釜揚げしらすをお代わりします。

これは本当に美味しい。

釜揚げしらすがなかったらもっとひどい評価になったと思いますが、少しは感動を期待していただけにがっかり。魚金でこんな思いをしたのは全く初めてです。

ただ「魚金」全体でこんな感じだとは思いたくないので、以前通った新橋の店舗に近い内に再訪しようと思いました。

 

 

ムスブ田町魚金の行き方と営業時間

〒108-0023 東京都港区芝浦3丁目1−21

JR田町駅 芝浦口(東口)に直結しているムスブ田町1Fにあります。駅から3分くらい。

【 ムスブ田町魚金の営業時間 】

月~金 11:00~14:00 / 17:00~23:30
土   11:00~14:00 / 16:30~23:30
日・祝 11:00~14:00 / 16:30~23:00

定休日 年末年始

ムスブ田町魚金の感想と食べログ採点

【 ムスブ田町魚金の感想 】

・何か置きにいっているというか、ランチはとにかく普通。釜揚げしらす食べ放題は良かったけど。かつて新橋で自分を感動させまくった「魚金」の姿はなかった。(かつてのイメージなら1,000円で今の内容に刺身も付いてくる)

・店員はベテラン風の方は感じが良かったけど、若い人は客の目の前で普通に私語をするなど違和感を感じた。あまり厳しくするとバイトがすぐに辞めてしまうのを気にしている?とかあるのかなぁ。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.