B級孤独のグルメ

「ラーメン二郎」三田本店 メニュー、無料トッピング、システムを詳しく紹介 旧店舗の思い出話も

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

ラーメン二郎 三田本店と旧店舗の思い出

「ラーメン二郎」は1968年、都立大学駅近くに「ラーメン次郎」の名前でオープン。

1970年代前半に慶応大学三田キャンパスの東南の角に当たる交差点脇に移転。

この際、ペンキ屋が新店舗の看板の「次郎」とすべきところを間違えて「二郎」と書いてしまったことから、以降はそのまま「ラーメン二郎」表記で通しているという逸話があります。

自分は三田の旧店舗には高校生の頃から訪問しています。当時は支店もなく、店主の山田拓美さんが奥様と2人で店を切り盛りされていました。

店内は現在の店舗と較べても控えめな大きさでしたが、店舗前は常に大行列。

それもそのはずで当時はラーメン210円。500円以下のラーメンも珍しくなかった時代ですがそれでも破格。

当時はかなり珍しかった極太麺は食べごたえ十分。スープは病みつきになる美味しさ。チャーシューではなく「豚」も一つ一つがでかい。ラーメン小でも大盛サイズ。

常にお腹を空かせていた学生時代にはこの上ないごちそうでしたね。

更にはヤサイ、アブラ、ニンニク、カラメといったトッピングは無料。

当時はネットもなかった時代で提供直前に注文者が口にする「ヤサイカラメアブラ」といった「呪文(現在はコールとも言われる)」を最初に聞いた時はビビりました。

当時は高校の同級生数名と横浜から遠征していたのですが、数回訪問するうちに少しずつ呪文を理解していきます。

誰かがどこからか「体育会系の学生にはメンマシ(大盛の大盛)を注文する人もいるらしい」、「オープン前に並ぶことをシャッター二郎というらしい」等の情報を仕込んできては盛り上がっていましたね。

体育会系と言いましたが、ラーメン二郎は慶応大学の体育会系と深い繋がりがあります。

現在でも店内に体育会系の複数の部の写真が飾られていますが、体育会に山田店主が出前をしていたという噂がありました。

当時は15時くらい?に営業が終わりその後に体育会系の学生のためにラーメンを届けるというもの。高橋由伸さん(慶応大学野球部出身)もラーメン二郎愛を語っていますね。

また店内には無数の名刺が貼られていてそれも大企業ばかり。慶応のOBが貼っていくのが風習になっていました。

ラーメン二郎の他店舗でも一部名刺が貼られていたの見たことがありましたが、現在では見かけなくなりました。

こんな感じで慶応大学と深い繋がりがあり、慶応大生の秘密基地という印象があったラーメン二郎ですが、その後支店が多数オープンします。

更にはラーメン二郎で修行していない人までラーメン二郎インスパイア系と言われる店舗を出店しまくって全国区のラーメンになるとは当時は夢にも思いませんでした。

 

 

ラーメン二郎 三田本店の外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

長年ラーメン二郎本店から比較的近い場所に住んでいたのですが、近いうちに引っ越しが決まり今後はかなり遠くなります。ということでその前に訪問することに。

ただ、ラーメン二郎府中店や八王子野猿街道店 2は近づくので今後はそちらに行くことは増えそう。

さて、田町駅から数分歩いて慶応大学三田キャンパス正門前に到着。

90年代に三田の旧店舗が道路拡張計画で立ち退きせざるを得なかった際には慶応大学の学生食堂にラーメン二郎を移転させる署名運動が起こったこともありました。

これは諸般の事情で実現しませんでしたが、1996年6月から現在の店舗に移転。

正門前からも左に目を向けると遠目に黄色い看板が見えます。

時刻は10時半。すでに10名ほど並んでいます。

ラーメン二郎 三田本店 行列の様子

ラーメン二郎 三田本店 行列の様子

 

ただこれはまだ全然良い方で帰り際には建物を取り囲むように15名ほどの行列ができていました。

ちなみにラーメン二郎三田本店の開店時間は8時半!からです。

 ラーメン二郎三田本店で少し難しいのは食券を買うタイミング。並ぶ前に買うのではないですが、特に決まりがある訳ではありません。

感じとしては券売機が見えるか、その前あたり。基本は前の人の真似をすれば大丈夫なんですが。

並んでいる最中に店内から「食券見せて下さい」と声がかかることがありますが、それは麺量を知るためだけ。仮にその瞬間はまだ食券を買っていなくても小、大、半分など言えば大丈夫です。

なお、麺少な目注文だけはこのタイミング(厨房で茹で始める)で行う必要があります。半分の他に3分の1もOK。

無料トッピングを言うタイミングは提供直前なのでこの時は麺の量だけ伝えれば良いわけです。

【 ラーメン二郎 三田本店のメニュー 】

ラーメン 600円
ぶた入りラーメン 700円
ぶたダブルラーメン 800円
大ラーメン 650円
ぶた入り大ラーメン 750円
ぶたダブル大ラーメン 850円

メニューはシンプルにラーメンが普通(小)か大、トッピングはぶた入りかぶたダブル。

なお、豚はデフォルトでも大きなものが2枚なので普通の人はぶたトッピングする必要はありません。

ぶたトッピングはぶた5枚、ぶたダブルトッピングはぶた10枚。

 写真を撮るためだけにぶたダブルトッピングにして食べ残すというのはものすごく嫌われますので絶対に止めましょう

なお、三田本店の麺の量はラーメン二郎の中では標準と言われるますが、かなりブレがあります。今回自分が食べたのは小でも大に近い量がありました。

無料トッピングは以下の通り。

【 ラーメン二郎 三田本店の無料トッピング 】

ヤサイ・ニンニク・アブラ・カラメ

・ニンニクは申告しなければ入らない。
・全マシ注文可
・マシマシ不可

これを提供直前に店員さんから「ラーメンの方どうしますか?」や「ニンニク入れますか?」などと聞かれるので「ヤサイ、ニンニク、アブラ」などと答えます。

これを二郎系では「呪文」「コール」などと呼びます。もちろん「そのまま」もOK。

さて、20分ほど待って入店。

食べるのに時間がかかかるので回転が早いとは言いませんが、極限までにオペレーション効率化しているのでそこまで遅い訳ではありません。

厨房には3名ほど。この日は山田店主も顔を出していました。昼の時間は厨房全体を見ている感じですが、静かに見守っている感じ。そして常連と思しき人が来ると会話を楽しんでいます。

卓上調味料はホワイトペッパーのみ。

麺は大鍋で茹でて平ざるで湯切りをする昔ながらのスタイル。麺はあらかじめ茹でているので座ってから提供されるまではタイミングにもよりますがあまり待たない事が多いです。

この日も着席後3分ちょっとでラーメンがやってきました。

 

 

ラーメン二郎 三田本店で頂いたラーメン アブラ

コールは「アブラ」のみ。この後の仕事の事を考えていつも頼んでいる「ヤサイ」は控えたのですが。

うおっ。

ラーメン アブラトッピング@ラーメン二郎 三田本店

ラーメン アブラトッピング@ラーメン二郎 三田本店

 

「アブラ」だけでもこの大迫力。なお、「アブラ」は背油のことでこれはかなり美味しいのでお勧めです。

なお、スープだけの写真がないのはラーメン二郎三田本店ではレンゲを提供していないため。他の支店でもたまにレンゲがない店を見かけます。

スープは豚骨醤油。醤油はみりんなどで味付けした醤油。これに隠していないので隠し味ではないですが化学調味料が混ざり病みつき感をもたらす味になっています。

そして麺は平打の縮れ麺。

こちらは自家製麺で、今でこそ自家製麺のラーメン店もたまに見かけますが、何十年も前からやっていたのはすごいな。重さもあって半端なくお腹にたまります。

そして豚。

デフォルトでもかなり大きめの豚が2枚。SUSURUさんは動画の中で二郎系の豚は早めの食べることを推奨していますね。後半になるとキツくなるとか。自分もその通りと思います。

さて、ようやく半分くらい。すでに普通の店の大盛を食べた感じですがこの残り方。

この日は麺は上ブレだったよう。通常三田本店の小の麺量は茹で前250gと言われているようですが、体感では軽く300gを超えていたと思います。

なんとか完食。

三田本店は家から遠くなってしましたが、今後も機会を見つけて通おうと思っています。

 

 

ラーメン二郎 三田本店の行き方、営業時間、食べログ採点

〒108-0073 東京都港区三田2丁目16−4

都営地下鉄 浅草線・三田線「三田駅」A3出口より、徒歩8分
JR山手線・京浜東北線「田町駅」三田口(西口)より、徒歩10分

【 ラーメン二郎 三田本店の営業時間 】

8:30~15:00/17:00~20:00
*昼の部の行列が多い場合、実質通し営業になっていることもあり。

定休日 日曜・祝日

 

ラーメン二郎 三田本店ラーメン / 三田駅田町駅赤羽橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.