B級孤独のグルメ

手作りソーセージ!が旨い 西国分寺駅そば「アレマンニャ」焼きソーセージランチお勧め テイクアウトも充実

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

西国分寺 アレマンニャ (Alemania)とは?

西国分寺駅そばでドイツ料理を提供するアレマンニャは2016年に移転オープン。アレマンニャは移転の前は国分寺市高木町で長年営業しており地域密着型の人気店のようです。

食べログ3.41、Google Map4.4。(2022.06.15現在) Google Mapはかなりの高評価ですね。

自分は駅近くにあるため存在には気づいていました。

「手づくりソーセージ」と書かれていたので、てっきりテイクアウト専門店?かと思っていたのですが、この日は昼時に店の前を通りかかるとランチをやっています。

ソーセージを食べられるようなので思わず入店。

手作りソーセージの「焼きソーセージランチ」は3種類の特徴の異なるソーセージが楽しめ、大きさ、太さともに手作りならでは良さに溢れていました。美味しかったです。

なお、店名が気になったので調べると「Alemania」はスペイン語でドイツを意味するのですね。

「ドイツ」は英語では「Germany」、ドイツ語では「Deutschland」ですが、全然それらと語源が違うみたいで驚きました。

 

 

西国分寺 アレマンニャの外観、メニュー、店内の雰囲気

西国分寺駅を出てすぐ。

西国分寺 アレマンニャの外観

西国分寺 アレマンニャの外観

 

落ち着いた色合いの店舗ですが、アレマンニャの店舗は民家を改造したものというネット記事がありました。

手づくりソーセージの看板。

これはソーセージをイメージしたのかな?店名が書かれた黄色の文字が少し剥げかかっています。歴史を感じますね。

こちらが通りかかった際に目に入ったランチメニュー。

西国分寺 アレマンニャ 店頭のランチメニュー

西国分寺 アレマンニャ 店頭のランチメニュー

 

ランチをやっているとは知らずまずそれに驚きましたが、焼きソーセージランチが猛烈に気になります。3種類のソーセージが頂けるのか。これは良いな。

平日の12時すぎ。入口付近にソーセージ等が販売されていて奥が座席になっています。

緑にあふれた庭のすぐ奥が西国分寺駅。

テーブルに置かれたメニューを見ます。

西国分寺 アレマンニャのランチメニュー

西国分寺 アレマンニャのランチメニュー

 

焼きソーセージにすることは決めていたのですが、本日の定食はローストビーフ、ロースかつなど種類が豊富。

ソーセージ専門店というよりドイツ料理という感じかな?シュニッツェルのようなカツレツが想像できます。

また、キーマカレーもあります。これもドイツ風?何かと気になりますが、初志貫徹で焼きソーセージのランチを注文。

「辛いソーセージは入りますけど大丈夫ですか?」と聞かれたので「はい」と答えます。ライスとパンはパンを選択。

なんとなく出来合いのソーセージを温めるだけでさっと出てくるのかな?と思いきや結構待ちます。丁寧に調理してくれているのでしょうか?

5分くらい待った所で、ふとこれだけドイツ風の店ならドイツビールはあるのかな?と思いドリンクメニューを見ます。

西国分寺 アレマンニャ のドリンクメニュー

西国分寺 アレマンニャ のドリンクメニュー

 

ドイツビールはありますが生はないのか。少し残念。またドイツビールの最初は「ピルスナーウルケル」。自分も好きなビールですがチェコのビール。

こちらの店はドイツビールにはそこまでこだわりはなさそうです。

待っている間に席がどんどん埋まっていきます。体感で着席してから7分くらい待って焼きソーセージのランチがやって来ました。

 

 

西国分寺 アレマンニャで頂いた焼きソーセージランチ

ソーセージの皿にはポテト、ザワークラウト、ピクルス。

焼きソーセージランチ@アレマンニャ 西国分寺

焼きソーセージランチ@アレマンニャ 西国分寺

 

パンはそこまで大ぶりでない円形のパンが1つですがお代わりできるとのこと。

それにしてもソーセージ。

大きい、ぶっとい。堂々たるもの。

既製品とは迫力が違います。

食べてもも3種類のソーセージは食感が全然違う。手前のものは白い感じのソーセージであっさりした味わい。真ん中のものは粗挽きな感じで肉肉しい。脂身もしっかり感じます。

また、奥のソーセージは辛いといってもそれほどではなく、こちらも粗挽き感があります。どれも美味しいな。個人的には肉肉しいほうが好みですね。

パンは中がふわっとしたパン。こちらも自家製。

ザワークラウトはものによってはクセがすごく強いのであまり得意ではないですが、こちらのものは食べやすくできています。

ソーセージの断面はこんな感じ。

どれもはっきり特徴があるので交互に食べると飽きません。パンもお代わりして十分に満腹になります。満足。

レジ横のテイクアウトコーナー。

ソーセージ以外の肉製品も充実。サラミも気になりますが、全て自家製とか。ランチ利用も良いですが、次回は家飲みのおつまみを買いに行こうと思います。

 

 

西国分寺 アレマンニャの行き方、営業時間、食べログ採点

〒185-0013 東京都国分寺市西恋ケ窪2丁目6−4

西国分寺駅北口徒歩2分

【 西国分寺 アレマンニャの営業時間 】

月・火 11:00~14:30
木・金・土 11:00~14:30 / 17:30~20:00

定休日 水曜・日曜

週5日オープンしていて、ディナータイムがあるのは木、金、土のみです。

アレマンニャ 西国分寺店ドイツ料理 / 西国分寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.