B級孤独のグルメ

八王子食べログNo.1ラーメン「ほっこり中華そば もつけ」行列情報、メニューなど詳しく解説

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

ほっこり中華そば もつけ とは?

八王寺のほっこり中華そば もつけは2016年3月にオープン。

食べログ3.88、ラーメンDB96.562ポイント、Google Map4.3とどれも滅多に見ない高評価。(2022.06.15現在)

「食べログ ラーメン TOKYO百名店」には2017から2021まで5年連続で選ばれています。また3.88という数字は八王寺No.1。歴史のある超有名ラーメン店も多い八王寺でこれはすごい事ですね。

店主さんは複数の中華料理店および八王子市下柚木にある「極濃つけ麺ブンブンマル」での経験があるとか。

また店名がユニーク。「ほっこり」という言葉が店名の最初につくのも珍しいですが「もつけ」という言葉もあまり耳馴染みがありません

「もつけ」は津軽弁で「お調子者」を指す言葉だとか。店主さんはそらおく青森出身なんでしょうね。

看板メニューは煮干を中心にした中華そばと担々麺。ありそうであまりない組み合わせですが、担々麺は中華料理店での修行が活かされているのでしょうね。

どちらか選ぶのに迷うほどの二枚看板のようです。

こんな訳で店の情報を調べると期待が高まるばかり。とある日曜日の昼間に八王寺を目指すことにしました。

 

 

八王寺 ほっこり中華そば もつけの外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

中央線乗車時に通りかかったことは何度もありますが、八王子駅を降りるのは人生で初めて。

もつけは駅から少し遠いので不安でしたが、地図を見ると大通り沿いにあるようだったので少し安心します。

八王寺駅前の南大通り。

この通りを線路と並行に山梨方面に進み、途中で交差する国道16号を左折すれば国道沿いにほっこり中華そばもつけがあります。

行く途中ですごい行列を発見。

「壱発ラーメン」本店のようです。初めて聞く名前ですが、こちらも気になります。「行きたい」リストに保存しました。

「壱発ラーメン」のもう少し先に国道16号があり、迷わずにもつけに到着。

ほっこり中華そば もつけの外観 その1

ほっこり中華そば もつけの外観 その1

 

遠目にも人が並んでいるのが分かりました。

ほっこり中華そば もつけの外観 その2

ほっこり中華そば もつけの外観 その2

 

店頭の右奥に待つスペースがあるようです。

看板を見てうん?「大和屋」ですか。こちらの方が目立ちますが、以前ここは「大和屋」という老舗豆腐店だったそう。待っている間にネットで調べて知りました。そのまま使っているのですね。

その下に「ほっこり中華そば もつけ」と書かれた板の看板があります。

中華そばは「力強い無添加スープにぷりっぷりの自家製麺」、

担々麺は「胡麻ペースト・辣油など、すべて”手作り”にこだわります。」と書かれた看板。要はすべて手作りなんですね。手間がかかっています。

行列のシステムですが、食券を買ってから並ぶようです。

また「代表待ち」は認めない旨が書かれいました。券売機は縦に長め。

ほっこり中華そば もつけの券売機 その1

ほっこり中華そば もつけの券売機 その1

 

中華そば、担々麺は大きなボタンなので分かりやすい。

ほっこり中華そば もつけの券売機 その2

ほっこり中華そば もつけの券売機 その2

 

後はつけ麺とごはん類。びっくりしたのは最下段。本日のカレー 1,000円もあります。これも気になりました。

特製中華そば(1150円)の食券をプッシュ。行列に接続します。

ポツポツ雨が降っていたので屋根付きはありがたいですが、やはり結構な行列。

時刻は13時10分で、入口付近で待っている人も含めて20名くらい並んでいます。ふー。

食べログによると席は6席。これは待つなと思っていたら52分待ちで14時2分に入店。

なお、この自体は予想できたので今回はiPadを持参。待っている間は読書に夢中になっていたのでそれほど長く感じませんでした。

店内の右側には製麺室になっていて自家製麺機や煮干の袋なども確認できました。

一人当たりのスペースは広々。

割り箸が良い感じ。卓上調味料はGABANのブラックペッパーのみ。

もつけのこだわり

もつけのこだわり

 

こだわり書きもありました。麺は「春よ恋」など国産小麦を使用。スープは鶏+乾物の無添加スープ。無化調ということですね。

店主の方は真剣に準備しているせいか黙っていると少し雰囲気が怖そう。「もつけ」ぽくないなと思っていたのですが、喋ると優しそうで接客は丁寧。

あらかじめ食券を渡していたので着席してからは5分弱で特製ラーメンがやってきます。

並んでから食べるまでちょうど1時間くらいでした。

 

 

八王寺 ほっこり中華そば もつけで頂いた特製中華そば

カラフルな模様があしらわれた中華丼で登場。

おおっ、表面が美しい。

特製中華そば@ほっこり中華そば もつけ 八王寺

特製中華そば@ほっこり中華そば もつけ 八王寺

 

麺線がなめらかで映えることもありますが、全体的な色彩感覚も素晴らしい。

具はチャーシュー、ワンタン、メンマ、味玉、小松菜、ネギ。

チャーシューもワンタンも表面で見えるよりもたっぷりで後で驚くことになります。

見た目がいかにも煮干で良い香りも漂うスープを一口。

美味しい。煮干しは濃いですが、鶏が下支えしているせいかかしつこくない。えぐみは控えめで洗練系と言って良いかも。なるほど「ほっこり」する味です。

麺もすごく美味しい。食感がツルツルでコシも程よく。何か食べて気持ちが良いというか不思議な魅力のある麺。

味玉はしっかり味が染みていて、メンマは気持ち良いくらいコリコリ。

ここまでは満点。

チャーシューは4枚。事前情報だとロースとももらしい。

ロースは柔らかくしっとり。ももは燻製したものでスモーキー。どちらも良い調理ですが、アブラスキーな自分はもう少し脂身があった方が嬉しいな。

ワンタンは皮も自家製?生姜が効いた餡は大きく味がしっかり。ただ旨味強めという感じではありません。

こんな感じでチャーシュー、ワンタンは個人的などストライクではなかったものの、他は減点する要素なし。特製はボリューム満点。麺の美味しさが印象に残りました。

 

 

八王寺 ほっこり中華そば もつけの行き方、営業時間、食べログ採点

〒192-0903 東京都八王子市万町34−1

JR各線八王子駅南口 徒歩8分

【 ほっこり中華そば もつけの営業時間 】

月・水~金 11:00~14:30 (L.O.14:20) / 17:00~20:00 (L.O.19:50)
土・日・祝 11:00~15:00 (L.O.14:50)

定休日 火曜日

こちらも参考にどうぞ。

ほっこり中華そば もつけラーメン / 八王子駅京王八王子駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.