B級孤独のグルメ

品川シーサイド「BIGOLI」チーズマウンテン!太麺のボロネーゼが大人気!Amazonでも販売中

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

BIGOLI (ビゴリ) とは?

「BIGOLI」は2017年9月「イオン 品川シーサイド」のフードコートにオープン。

実は2016年に「寿」(後に「BIGOLI 寿」)という名前で神田のバル横丁にオープンしており、開店当時に一度訪問したことがありました。

珍しいボロネーゼの専門店。しかも立ち食い。その独特の食感と合わせて強烈に印象に残っています。

神田の店舗はもう閉店してしまったようで、現在営業している店舗は品川シーサイドの一店舗のみ。

しかし「BIGOLI」のボロネーゼがを食べられる店は10店舗くらいあるという面白い商売展開をしています。とある店舗のメニューの一品を提供しているようなイメージでしょうか?

ホームページに詳しく書かれていますが、「クラフトビアマーケット神田店」をはじめ、鹿児島、はては石垣島でも「BIGOLI」を食べられる店があります。

またアマゾンでも販売されているんですよね。

 

 

食べログのPRでも以下のように書かれていました。

本来のボロネーゼを食べてみませんか?

「イタリア国外で出てくるほとんどが、本来のボロネーゼじゃない」
本場イタリアではそう言われているんですって。

ビゴリは日本でも珍しい「本来のボロネーゼ」だけを製造し、BIGOLIの店やAmazonで販売しています。

ミートソースとの違いがわからない方、この機会に「本来のボロネーゼ」がどんなものか試してみませんか?

本来のボロネーゼですか。自分はイタリアが大好きで5回ほど訪問していますが、現地でボロネーゼを食べたことはありません。そもそもメニューにあったかな?

確証はありませんが、ミラノやローマの普通のイタリア料理店だとボロネーゼ必ずあるメニューではない気がします。

さて、そんな「BIGOLI」ですが、独特なコンセプトが目を引くのかよくメディアで紹介される印象があります。最近も特集記事で目にしました。

さて、「BIGOLI」がある品川シーサイドは自宅からも十分に歩ける距離。アクセスは良いのですが、イオンのフードコートにあるというのが引っかかります。

フードコートで美味しいパスタを食べられるイメージはないのですが。

まあ前に食べた神田のバル横丁もよくある店舗の形ではなかったし大丈夫でしょう。ということでとある週末の昼に徒歩で品川シーサイドへ向かいます。

 

 

BIGOLI イオン品川シーサイド店の外観、メニュー、店内の雰囲気

イオン品川シーサイド店の地下1階。

「Seaside Table」という広いエリア(座席数450)がフードコートです。

「マクドナルド」「すき家」「はなまるうどん」「リンガーハット」

更に「銀だこ」といかにもフードコートにありそうなチェーン店が揃っています。

「BIGOLI」は端のほうにひっそり?存在しています。意外だったのは激安うなぎの「宇奈とと」。

フードコートで見たのは初めてかも。

さて、「BIGOLI」。フードコートの中では少し洒落た感じ。

「ミートソースとボロネーゼの違い ちゃんと言える?」とあります。コピーライターもいるのかな?周辺の写真も含めて売り込み上手な感じが出ています。

ちなみにミートソースとボロネーゼの違いはなんだろう?よく分かりませんが、個人的にはレトルトで売られているパスタソースで1番優秀なのがボロネーゼ。

特に「青の洞窟」のボロネーゼはめちゃうまで、月に1度は確実に食べています。

 

高貴な味わいは子供の頃に食べたミートソースは別物。

さて、店頭の写真。

ボロネーゼよりもむしろチーズが目立ちます。

品川シーサイド BIGOLI 店頭のメニュー

品川シーサイド BIGOLI 店頭のメニュー

 

メニューはトリュフ、トマト、メキシカン、にんにく、麻婆、激辛、イカスミと豊富。中には「2019神田カレーグランプリ」優勝店「カリガリ」とコラボした「カリガリカレー」もあります。

また、「ワケあり」が4割引で売られていました。

「熟成チーズのボロネーゼ」の写真はもう1つ。

「粉チーズは使わない」とあります。その場で削っているのか。

品川シーサイド BIGOLI のメニュー

品川シーサイド BIGOLI のメニュー

 

一応メニューを見ましたが、やはり「熟成チーズのボロネーゼ」を注文します。Mサイズで950円でした。

【 BIGOLI イオン品川シーサイド店のパスタのサイズ 】

S 一般店サイズ 約180g
M 当店標準・並 約360g
L 大盛 約540g +290円
XL 倍盛 約720g +580円

なお、サイズはこんな感じ。Mは360g。乾麺の茹で前だったらとんでもない量ですが生パスタの場合はそうでもありません。多めですがたいていの男性は余裕で食べられる量。

日曜日のフードコートは賑わっていますが席数も多いので空席を見つけることはそこまで難しくありません。

こちらに座ってしばらく待機。

なお、順番が来たら番号を呼んでくれます。また店頭にある液晶でも番号が表示される仕組みになっていました。

 

 

BIGOLI イオン品川シーサイド店で頂いた熟成チーズのボロネーゼ M

やはりチーズマウンテン?が目に付きます。

熟成チーズのボロネーゼ M@ビゴリ 品川シーサイド

熟成チーズのボロネーゼ M@ビゴリ 品川シーサイド

 

この形でチーズを削るのは良くあるのかな?ビジュアル的には満点です。

さて、頂きます。

うん、かつて食べたものと同じだ。

麺はかなりの太麺でアルデンテな茹で加減。かなりコシがしっかり。もっちり感はありますが、もちもちとは言えない独特な食感。

麺はしっかりほぐれていないのでやや食べにくい感じはあります。それも含めて本場の味なのでしょうが。

ひき肉はかなり大ぶり。ひき肉というより小さい肉の塊と言った方が良いかも。

味付けは甘みがなく、塩を中心にやや大人の味わい。青の洞窟は程よい上品な甘みが特徴なのでそれとは大分違います。

これだけだとやや単調になりがちですが、繊細なチーズがすごく美味しい。削ったばかりなのでほんのりしっとり感があるのが良い。ボロネーゼソースとこのチーズの組み合わせは鉄板です。

最後まで美味しく頂けました。フードコートだからといってクオリティが落ちることはなくこのレベルは流石です。

ただフードコートあるあるで子供が少し騒がしかったのでもっと落ち着いた雰囲気の中で食べたい感じはしましたが。

 

 

BIGOLI イオン品川シーサイド店の行き方、営業時間、食べログ採点

〒140-0002 東京都品川区東品川4丁目12−5 イオンスタイル品川シーサイドB1

品川シーサイド駅から徒歩約2分
青物横丁駅から徒歩約6分

【 BIGOLI イオン品川シーサイド本店 の営業時間 】

11:00 ~ 21:00 (L.O 20:30)

定休日 年中無休

 

BIGOLI イオン品川シーサイド店パスタ / 品川シーサイド駅青物横丁駅鮫洲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.