B級孤独のグルメ

テイクアウト専門!「ブルースターバーガー」の特長、予約方法、実食レポ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「ブルースターバーガー」とは?

「ブルースターバーガー」2020年11月10日に中目黒にオープン 。

「ブルーボトルコーヒー」と「スターバックスコーヒー」をかけ合わせたような名前ですが、「焼肉ライク」を手掛ける「ダイニングイノベーション」の新規業態です。

「焼肉ライク」は一人焼肉に特化した店で自分が大好きな店の1つ。

イノベーション(innovation) という名前が示すとおり、「焼肉ライク」のスタイルも革新的でしたが、「ブルースターバーガー」もかなり革新的なようです。

ホームページから引用させて頂きます。

ブルースターって何?

 原価68%!常に素材の “鮮度”と “作りたて” にこだわったバーガーを、170円~お手軽価格で利用できる新しいカタチのToGo専門店です

メニューを絞り、売り切れ次第販売終了する“Limited Supply Style”で無駄な在庫と廃棄を省き、常に新鮮で安全な食材を利用。
商品の注文から受渡まで完全キャッシュレスやAIなどの様々なテクノロジーを活用し、 客席が無くテイクアウトに特化する事でコストを商品に集中。
こだわりバーガーを “待たない・並ばない・お手頃価格” でお楽しみ頂けます。

なんと原価68%!すげえな。しかもお持ち帰り専用。キャッシュレス、AIなどと日常的に耳にするようになったワードも散りばめられています。

ちなみにToGo専門店とありますが、 “to go”とはアメリカ英語でテイクアウトの事。ちなみにイギリス英語では “take away”といい、take outは通じるけど英語圏ではあまり使いません。

それはともかくテイクアウト専門の飲食店はうまくいけばコロナ渦では最強のビジネスモデルになりそう。

ということで、ブルースターバーガーの話を聞いてから気になって仕方ないので、オープンして2日後に中目黒に向かいました。

 

 

「ブルースターバーガー」アプリの利用方法と実際に注文したイメージ

まず注文方法ですが、店頭で注文する方法とアプリで注文する方法の2通り。ここではアプリで注文する方法を解説します。

まず、iOSかAndroidのブルースターバーガー専用のアプリをダウンロードします。

自分はiPhoneユーザーなのでiOS版をダウンロードしました。

途中でメールアドレスの入力、パスワードの設定、ニックネームの設定を求められました。

トップページには設定したニックネームが表示されています。

ブルースターバーガーアプリのトップページ

ブルースターバーガーアプリのトップページ

 

右下の「注文する」ボタンを押します。

「お店を選ぶ」で、中目黒店を選択。

ここで大問題。なんと今の所(2020.11.12現在) 時間指定はできません

そのうち変更できるようになるとは思いますが。店員さんにも聞きましたが今後については何も分からないとのこと。

最短でというか時間自体選べないですがなんと受け取りは3時間後でした。

そして「メニューを選ぶ」が表示されます。

まだオープンしたばかりなのに「ブルースター 不動の人気No.1!!」とある、「2×2ブルースターチーズバーガーを選択」。(先走り過ぎや)

 

やみつきソース増し、ピクルス有り、チーズポテト変更などが選択できます。

ドリンクはICEかHOTを選択

 

そして、合計金額が確定。税抜730円、税込だと788円だったのですね。

そしてクレジットカードの情報を入力。

お受け取り番号とロッカー番号が指定されました。

 

ちょうど指定された時間の5分前に店舗に到着しました。口コミではハンバーガーが冷たかったというのがチラホラ。なるべく熱々のものが食べたかったのですが。

 

 

「ブルースターバーガー」中目黒店の外観、メニュー、店内の雰囲気

中目黒駅から山の手通りを池尻方面にほんの数分。スターバックスコーヒーの手前にブルースターバーガーはありました。

店頭で丁度調理している様子が見え香りも漂います。

パティを焼いている様子はよく見えるし、それどころかじゃがいもを切っている様子まで見えます。立ち止まって「絶対これおいしいに決まってるじゃん」と言っている女子学生もいました。

(カッコつけて) わざわざ英語で書かれていますが、英語講師としてはツッコミどころ満載。

特に “WE’RE CASHLESS” はひどいな。「私達はキャッシュレスだ」。うーん。。。

cashlessという単語はそもそも英語ではあまり使わない。 “Credit Card(s) Only” くらいでしょうか?

それだとPay Payなどが該当しないので困るというのなら “Cashless Payment Only” でどうかな?

ダメ出ししたついでに他のもの訂正しておきます。

営業時間 ☓Open Hours ○Business Hours ○Opening Hours

セルフレジ ☓Self Register ○Self Checkout

店内からも注文できるようですが、アプリから予約するのと時間は変わらないようです。

現在は15:20ですが、17:00から17:15にようやくハンバーガーにありつけるようです。

 

 

メニューはホームページを参考に作成しました。

【 中目黒 ブルースターバーガーの主なメニュー  全て税抜 】

ハンバーガー 170円
チーズバーガー 190円
ブルースターチーズバーガー 290円
2×2ブルースターチーズバーガー 430円
3×3ブルースターチーズバーガー 570円
4×4ブルースターチーズバーガー 710円
ビーフテリヤキバーガー 640円
Wチーズバーガー 630円

ドリポテセット 300円
フライドポテト 270円
チーズフライドポテト 370円
ブルースターレモネード 150円
HAGANオーガニックコーヒー 150円

先程アプリの利用方法のところに書きましたが自分は「2×2ブルースターチーズバーガー」をドリポテセットで注文しました。

ここが注文を置く棚のようですが、

1つも置かれていません。やや大きすぎなような気も。しかもこの棚の色ブルー・ボトルだな。。

ただ、この前には5名ほど待っています。ちなみに店内に席はなく立って待つことになります。

奥にドリンクコーナーがありました。

注文が出来上がったら袋の中に空のプラカップが入っていて自分で注ぐシステムです。

ここに詳しく書かれていました。

自分はレモネードを頂くつもりですが、温かいものはコーヒーだけのようでした。

自分の「受け取り日時」は15:24-15:39でしたが、15時半くらいに順番を呼ばれます。

急いでレモネードを注ぎます。

なんとしても熱々でハンバーガー食べたかったので、小走りで目黒川の方へ向かいます。目黒川沿いにはちょくちょく座席があって弁当を食べている人を見かけたことがあります。

 

 

2×2ブルースターチーズバーガー ドリポテセットを食べてみた

目黒川沿いに座席はあったものの埋まっていてなかなか空席が見つかりません。

駅近くでようやくスペースを発見。

多少時間はかかりましたが、まだ受け取ってから10分も経っていません。

紙袋で注文したものが分かるようです。

これは便利。大人数で注文した時に分かりやすい。

自分はチーズバーガーで茶色の包み紙。ダブルバーガーなのでPattyが2の所に斜線が入っています。

さてポテト。

冷たいです。うーむ。これでも遅かったか。

気を取り直してレモネードを一口。

これは美味しいです。すっきりした飲み心地。レモンも濃厚。量もたっぷりです。

でもレモネードと言えばシェイクシャックの定番メニュー。

そのせいかもしれませんが、ハンバーガーもどことなくシェイクシャックに似ているような気がします。

上から押したつもりはないのですが、バンズがややぺしゃげています。

そしてハンバーガーは予想通り冷たかった。

受け取ってから10分なんですが。そんなもの?電子レンジはマストですね。家に帰ってその方が良かったかな?

結局、ポテトもハンバーガーもレモネードも全部冷たかった。レモネードは冷たくて良いのですが。

ここからは気を取り直してなるべく味だけの感想にします。

まずポテトですが、薄切りですが、かなり美味しいです。マックのポテトだと噛んでもあまり味がしませんが、こちらのポテトは噛むほどに味がします。塩も美味しい。

しかし、少し食べてハンバーガーを食べ最後にポテトを食べたら更に冷え冷えになっていました。うーむ。

そしてハンバーガー。見た目通り食べた感じもシェイクシャックな感じはありました。何より肉がかなりの粗挽きで肉肉しい。野菜も新鮮な感じ。シンプルな味付けも良い。

温かったらシェイクシャックと十分に勝負できると思います。ダブルにしたのでボリュームもたっぷり。

さて、食べ終わりますが当然周辺にゴミ箱はありません。ブルースターバーガーに戻り店舗でゴミ箱を探すとありません。そっか、店内で食べる人はいないからね。

事情を話して店員さんにごみを渡し店を後にします。

ということで、今後に関してはかなり期待できそうですが、現状では不備が多いかも。

ただダイニングイノベーションのこと、将来はきっと熱々で提供できるよう工夫してくれるはず。

予約システムも使いやすくなるはず。

ただ、現状は様子見でも良いかも?と思いました。

 

 

「ブルースターバーガー」中目黒店の行き方と営業時間

〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目1−4 グリーンプラザビ 1F

中目黒駅から数分

【 ブルースターバーガー 中目黒店の営業時間 】

注文可能時間 11時00分~21時30分
営業時間 11時00分~22時00分

「ブルースターバーガー」中目黒店の感想と食べログ採点

【 ブルースターバーガー 中目黒店の感想 】

・注文を受け取ってから10分以内に食べたのにハンバーガーもポテトも冷えていた。現状、熱々のものは期待できなさそう。持ち帰って電子レンジが無難か。

・ただハンバーガーは肉肉しく、野菜も新鮮。シンプルな味付けも良し。熱々なら(多分)ライバルと思っているシェイクシャックとも勝負になりそうな気がした。ポテトも芋感しっかり。レモネードはふんだんにレモンを使っていて底に濃厚なレモンが沈んでいた。

・予約システムは受け取り時間を自分で全く決められないのは論外。早く改善して欲しい。

・外観も内観もすごく女子ウケしそうでオシャレ。調理の様子が見えるのも良い。

・コロナ渦では最適なビジネスモデルになりうるが現状ややや見切り発車な感じも。

Blue Star Burger 中目黒店ハンバーガー / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.1

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.