B級孤独のグルメ

情熱大陸出演!本駒込「兆徳」町中華の名店で名物玉子チャーハンと餃子

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

情熱大陸に出演!本駒込「兆徳」(ちょうとく) とは?

自分は良く道に迷う方ですが、数年前にあまり知らない町で反対方向に歩くという派手なことをやらかしてしまい途方に暮れたことがあります。

道に迷っている最中に見つけたのが「兆徳」。外観は綺麗とは言い難い町中華なのですが、行列ができていました。町中華で行列は珍しい。

これは美味しいはずと行列に加わり、待っている最中にスマホで調べて「兆徳」が有名な町中華であることを知ります。

また、チャーハンと餃子を絶賛するコメントが多数。それに従って注文したのですが美味しくてびっくりした思い出があります。

その後も数々のテレビ番組に出演。

最近は2020年2月29日放送の「嵐にしやがれ」の「2020年冬の最新行列グルメデスマッチ!」に「兆徳」が登場。二宮和也さんが名物の玉子チャーハンを食べたとか。

また、アンジャッシュの渡部建さん、タレントで予備校講師の林修さん、俳優の高橋一生さんなど「兆徳」好きを公言している芸能人は数多いようです。

そしてビッグニュース。2020年10月4日23時から放送される「情熱大陸」の主役は「兆徳」の朱徳平さん。情熱大陸のホームページには以下のように紹介されています。

黄金のチャーハンにこだわりの餃子! 行列のできる「町中華」を召し上がれ

黄金色に輝く玉子チャーハン、ビールにぴったりの絶品焼き餃子…。
中国人の店主・朱徳平(しゅ とくへい)の「兆徳」は、昼も夜も行列の絶えない、いわゆる町中華の名店だ。
創業25年。サラリーマンばかりでなく、女子高生や家族連れなど地元の老若男女に愛されてきた。昭和平成の名人と言われた落語家の古今亭志ん朝も、寄席へ行く前に餃子とチャーハンを求めて通ったそうだ。今も人気俳優や有名企業の社長がお忍びでやってくる。

これは面白そう。自分も楽しみにしています。見た後の感想はこちらに追記しようと思います。

 

 

本駒込「兆徳」の行列の様子

「情熱大陸」の放映後はさらに行列がひどくなるはずと、前日の土曜日に「兆徳」に向かいます。

「兆徳」の最寄り駅は南北線の本駒込。自分は都営三田線の白山から行きましたが白山からも5分くらいです。

しかし本郷通り沿いの店舗に着くとこの行列。

少なく見積もっても20人以上。なんてこった。時刻は13時40分ですが、食べ終わって大変するまでに80分ほどかかりました。当日の時間経過を示しておきます。

【 本駒込 兆徳の当日の時間経過 】

・13:40 並び始める。自分の前に20人以上待ち。

・14:00 自分の前に11人待ち

・14:20 自分の前に5人待ち

・14:30 入店し数分後に注文

・14:45 餃子到着

・14:50 玉子チャーハン到着

・15:00 退店

なお、行列の理由の1つは「兆徳」が(おそらくコロナ以前から)お持ち帰り可能なのことだと思います。

注文を頼む、会計をする、商品を運ぶetc.は1人のお姉さんがすべてやっているのですが、その他にひっきりなしに電話がかかってきます。これは当日や翌日のお持ち帰りの予約がメインのよう。

お姉さんが電話対応している間はその他の全ての流れが止まります。自分も食べ終わってから会計まで3分ほど待つことになりました。

またお土産にも対応しています。実際に隣の人はチャーハンと餃子のお土産を頼んでいました。厨房ではその分も調理するので時間がかかるわけです。

 

 

本駒込「兆徳」の外観、メニュー、店内の雰囲気

店の外には情熱大陸の告知にもあった落語家の故・古今亭志ん朝のCDブックの広告が。

また雑誌の切り抜きも飾られています。

このあんかけ揚餃子美味しそうだな。

こちらは名物の玉子チャーハンですね。

そして退店後に撮った正面の写真。

町中華感があふれています。

驚いたのは政治家のポスターが多数貼られていたこと。

飲食店は特定の政党支持を匂わせるものは貼らないとしたものですが、維新の会、自由民主党、公明党、立憲民主党、れいわ新選組とまるで偏りがありません。なるほどこれなら問題なしか。

さて、メニュー。

お昼のメニューがお得なようですが、基本はラーメンのセットのようです。

兆徳のお昼、麺類、丼類、おすすめ、定食メニュー

兆徳のお昼、麺類、丼類、おすすめ、定食メニュー

 

おトクなセットにはチャーハン+焼き餃子という王道メニューがあります。

兆徳のおトクなセット、一品料理メニュー

兆徳のおトクなセット、一品料理メニュー

 

少し迷いましたが結局、玉子チャーハン・焼き餃子(6ケ)1,000円のセットを注文しました。単品だと玉子チャーハン700円、焼き餃子(6ケ)450円なのでかなりお得です。

お茶は麦茶。

卓上の調味料は

餃子用の醤油、酢、辣油と白胡椒。

店内のカウンター席は8席ですが、4人がけのテーブルが3つあります。

厨房は男性が3名。店長が炒めもの担当で、他に餃子担当、その他担当としっかり役割分担されています。

混んでいるので忙しそうではありますが、殺気立った感じはなく全員飄々とした感じで仕事をこなしています。

さて、着席してから10分少々で先に焼き餃子がやってきました。

 

 

本駒込「兆徳」で頂いたチャーハン・焼き餃子

いかにも手作りという感じで形がバラバラ。少しぷりっとしています。

焼き餃子@兆徳 本駒込

焼き餃子@兆徳 本駒込

 

見た目にも焼き加減は良さそう。

餡はぎっしり。肉も野菜もたくさんなバランスの良さ。にんにくは入っていないのでインパクトは弱めですが、シンプルに美味しい餃子です。

ただ、隣の人が食べていたあんかけ揚餃子もすごく美味しそう。今度はこれだな。

さて、餃子が来てからチャーハンまで間が空きます。5分少々待って先にスープが。

熱々の鶏ガラスープ。

そして玉子チャーハン。

白身も見えています。玉子は溶かずに使うのか。

材料は、白米、卵、ネギのみ。

うん、美味しいです。

固めのご飯に思いっきり火を通した感じで表面はパラパラ。ご飯が噛んで美味しい感じ。中はそこまでパラパラでなく、しっとり感も。さすがの技術を感じます。

ただ、自分はチャーハンをよく作るので分かるのですが、これは結構旨味調味料を使っていますね。さっぱりした感じで優秀なものだけどナチュラルな味ではないなぁ。

そして玉子チャーハンも良けどやはりチャーシューなど他の具も入っていたらなお嬉しいと思いました。

 

 

本駒込「兆徳」の行き方と営業時間

〒113-0023 東京都文京区向丘1丁目10−5

東京メトロ南北線「本駒込」駅(1番出口)から徒歩2分
都営三田線「白山」駅(A3出口)から徒歩4分

【 本駒込 兆徳の営業時間 】

平日 11:30~14:30 / 17:30~23:00
土・日・祝 11:30~14:30 / 17:30~22:00

定休日 不定休

こちらもご参考に。

本駒込「兆徳」の感想と食べログ採点

【 本駒込 兆徳の感想 】

・手作り焼き餃子は素朴な感じながら餡がたっぷりで美味しい。名物玉子チャーハンも炒め方に熟練の技を感じる。ただ味付けはうま味調味料に頼っている感じも。

・お持ち帰りやお土産が可能なため、見た目以上に待つ仕組みになっている。情熱大陸以後はさらに行列が伸びるかも。待ち時間覚悟。

・雰囲気は普通の町中華。接客は悪くはないが忙しすぎるためやや雑に感じることも。

兆徳中華料理 / 本駒込駅白山駅東大前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.