B級孤独のグルメ

神保町「覆麺 智」原価率の高い贅沢素材!の濃厚スープで大人気

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

神保町 豪華食材の濃厚スープで大人気の「覆麺智」とは?

テレビ東京「2019注目の激ウマ店を探せ!ラーメン超食べまくりバトル3」に登場した「覆麺智」

2019年1月3日にテレビ東京で放送された「2019注目の激ウマ店を探せ!ラーメン超食べまくりバトル3」を見て気になる店がいくつかありました。

正月も営業していた新宿の新店「らぁ麺 鳳仙花」にはすぐに行ったほど。

金目鯛スープが絶品でした。

しかし以前からずっと気になっていて、更にテレビを見て行きたくて仕方がない気持ちになった店があります。それが今回の「覆麺 智」です。

テレビでは「覆麺 智」あん肝牛テールラーメンが紹介されていました。あん肝を日本酒とミキサーにかけ、牛テールスープと合体させたこだわりのスープが特徴。

猛烈に美味しそうです。これはすぐに行かねば。

 

Twitterで大人気の「覆麺 智」

Twitterでグルメをツイートしている人たちいわゆる「食垢」の方々は食マニアの集団でいつも貴重な情報を頂いていますが、その中でも大好きな方の1人が「アミ」さん。

この方、かなり舌が肥えていらして文章も上手。更に自作料理は写真で見る限りはプロ顔負け。そしてたまに辛口のコメントをされる所も素晴らしいと思っています。

そのアミさんが絶賛のコメントを連発するのが「覆麺 智」。

週に一回以上は確実にツイートされています。少し読んだだけでも美味しさが伝わってくる文章ですね。

先に牛テール&あん肝出汁ラーメンのツイートを紹介させてもらった「スミス」さんもTwitterで仲良くさせて頂いていますが、ある時期から「覆麺 智」のツイートがすごく増えた印象があります。

2018年はこの両者以外にも自分がフォローしている方から「覆麺 智」のツイートを見ることが増えました。

しかし、この大人気、味もさることながら店主の人柄によるところも大きいのでは?というのが来店後の感想です。

「覆麺 智」を事前予習

さて、「覆麺 智」に行くのは決まったもののこの店なんと9時!オープン。地元でも家系ラーメンが朝ラーメンをやっていたりしますが、それ以外にこんなに早くやっている店は知りません。

それに毎日違う限定メニューがあったり水曜日は「会員制」など、下調べしてもいつ行ったら良いのかよく分かりません。

これは常連の方に聞くのが一番とアミさんに尋ねると、比較的空いている時間は9時から10時半くらいとのこと。裏を返せばそれ以外の時間は行列という事ですね。

また牛テールが気になったことを告げると牛テールは金曜日の限定メニューということが分かりました。

最初なので普通のラーメンを試すことも考えましたが牛テールがどうしても気になったので1月某日の金曜日「覆麺 智」に向かいます。

開店時が一番無難だろうと朝食を抜いて9時半頃に入店しました。

「覆麺 智」の外観と内観・メニュー

場所は知っていました。車通りの少ない路地ですがこの辺りは特にラーメン店が多く近くには「可以」もあります。

しかしこのオレンジ色の看板が正面にある感じ、誰でもウェルカムな感じはなく知らないと少し入りにくいですね。(お客を選別しているのかな?)

そして覆面が。これはテレビで見ました。開店当初は覆面をかぶって営業していたそう。それで覆麺なという名前にしたんですね。覆面姿も見たかったな。

店に入ると厨房から「いらっしゃいませ」声がかかります。がっちりした体つきの方。そうテレビでみた及川店主です。

なんとなく雰囲気的に自販機があるイメージではなかったのですが、カラーディスプレイの自販機がありました。基本ワンオペのようなので必須ですね。

しかし画面には目もくれずに今日は上に貼ってある「牛テール&カキ出汁 カキソースのせラーメン」!一択です。テレビでは牛テール&アンコウでしたが1月はカキのようです。

カキも大大好物なのでもちろん無問題です。

1,500円と普通なら躊躇するような値段ですが豪華食材をふんだんに使ったラーメンであることは十二分に予習済みだったため、ためらわずに「スペシャル」ボタンをぽちります。

カウンターに席に座ります。先客は3名ほど。後に満席になりますが9時半なのでまだ空いています。そして食券をカウンターの上に置きますが店主はそれには見向きもせずに作業をしています。

結局、作業が終わるまで食券には手を付けませんでした。真剣勝負という感じで一段落つくまでは集中を切らさずに作業に没頭しています。

覆麺ラーメンは阿波尾鶏と牛骨+αのようです。こちらも美味しそうだな。

ところで阿波尾鶏という鶏のブランドは知らなかったのですがもちろん阿波踊りとかけているのですね。ネーミングが面白い。

壁にかかっているメニューもいちいち気になります。オマールブルー、渡り蟹、クモエビなど甲殻系のスープもめちゃくちゃ美味しそう。

さて、店主が食券を手にされた時に「アミさんの紹介で」と一言告げると分かったというような仕草。これだけで「会員」になれたようです。アミさん、ありがとうございます。

ちなみに会員特典はこの写真の左上にありますが、のり、生玉子、もやしなどをつけてくれるようです。今回はゆで卵をつけて頂きました。

 

 

「覆麺 智」で頂いた牛テール&カキ出汁 カキソースのせラーメン

うわぁ、かなり大きな器です。スープは文字通りのWスープ。

まずは牛テールのスープからすすりますが、ガツンとインパクトがあります。スッキリした味わいなのに濃厚です。どんだけ牛テール使ってるんだ?

カキスープは見たままというかこちらも牡蠣をそのまますりつぶしたような濃厚な牡蠣でした。少し苦味があるのも変に味を加えていない証拠です。

牛テールでも牡蠣でも素材をふんだんに使えば濃厚で美味しいスープになります。ただたいていは原価率が高くなりすぎるのでそこまでしませんが。

ここまでしてくると嬉しくなりますね。美味しい!

麺はシンプルでかなり柔らかめ。スープをよく吸い込むやつです。結構ボリュームもありました。

もやしにのった揚げネギも良い感じです。

そしてこのトロトロになるまで煮込んだ牛テールがすごい美味しい。出汁をとって役目を終えた脇役のはずですが、主役級の美味しさです。

チャーシューのバラ肉ロールは写真のために少し動かそうとしただけでも形が崩れるくらい柔らかいものでした。これも美味しいな。

最初は牛テールスープとカキスープを別々に飲んでいましたが、途中から自然と混ざります。

今まで味わったことのない食感ですが、この2つが合わないはずがなくスープは最後の一滴まで飲み干しました。

ところで「覆麺智」は常連率が高いです。常連客には1人1人と会話していることからも分かります。(調理に集中している時は無言ですが)

この点、田舎の人情食堂の風情もあります。「覆麺智」のツイートが多いのは美味しいだけでなく、人間的に店主のファンが多いのも要因ではないかと思いました。

「覆麺 智」の行き方と営業時間

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目2−12

行き方を食べログより引用せてもらいます。

地下鉄各線「神保町」駅(A4出口)をでて左手に。最初の角を左に。三菱東京UFJ銀行の裏手。オレンジの建物、マスクのオブジェが目印。神保町駅から146m

神保町駅からは数分。自分は水道橋駅から歩きましたが10分くらいでした。

「覆麺 智」の営業時間

月:9:00~18:00位
火木金:9:00~20:00
水:9:00~15:00
土日祝:11:00~17:00

※スープ無くなり次第終了
※不定休あり。店内掲示・Twitterにて告知
※水曜日のみ会員制

無休ですが日曜日はお弟子さんがやられているそうです。

「覆麺 智」の感想と食べログ採点

「覆麺 智」の感想

・小手先の技を使うではなく、惜しげもなく豪華素材を使ったスープが格別。熟練の技。

・目移りするようなメニューばかり。しかも限定は頻繁に変わるようで病みつきになる人がいるのも納得。

・店主は一見コワモテだが、常連客からとても慕われており怖がる必要は全くありません。

 

覆麺 智ラーメン / 神保町駅九段下駅竹橋駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.