B級孤独のグルメ

「いっぺこっぺ」が秋葉原にもオープン!「とんかつ檍」が手がける東京No.1かつカレー5号店

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「とんかつ檍(あおき)のカレー屋 いっぺこっぺ」とは?

2010年に蒲田にオープンした「とんかつ檍」。

どうやったらこの漢字を「あおき」と読めるのか今でも謎ですが、林SPFを使った「檍」は瞬く間に人気店になり行列の絶えない店へと成長します。

林SPFの特徴は脂身の美味しさ。やや下品?とも感じるくらいのパンチのある脂身で「アブラスキー」たちの心を捉えて離しません。

その「とんかつ檍」の隣にオープンしたのが「とんかつ檍(あおき)のカレー屋 いっぺこっぺ」。こちらは現在では様相が変わってきていますが、少なくとも蒲田店では今でも「カツカレー専門店」。

しかしカツカレーとは言え「とんかつ檍」と同じく林SPFを使用しているのでとんかつ自体がめちゃうま。しかもロースカツカレーは1,000円!(蒲田店のみ。他店舗は1,200円)

さらに「とんかつ檍」ほどは混んでおらず自分は一時期「とんかつ檍」に入れなかった場合の「滑り止め」的に「いっぺこっぺ」を利用していました。

それはいつだったか、ザキヤマこと山崎弘也さんがテレビで「いっぺこっぺ」を強く推奨から状況が一変。今でも「とんかつ檍」よりも「いっぺこっぺ」の方が混んでいることが珍しくないほど。

ザキヤマさんの話は勝手な自分の主観で他にも要因があるかもしれませんが、放送日の数日後にすごい行列を見たのできっかけの1つであることは間違いないと思います。

蒲田に一軒ずつしかなかった「とんかつ檍」と「いっぺこっぺ」ですが、現在「とんかつ檍」は蒲田店、大門店、銀座店、浅草橋店、横浜馬車道店、羽田店に札幌に2店舗あり合計8店舗。

また「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」は蒲田店、芝大門店、飯田橋店、そして5月26日にオープンしたばかりの西新宿店。

そして今回は2021年5月30日に秋葉原にオープンした「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店のレポート。秋葉原が5号店になります。

さて、これだけ派手に店舗を増やしているのはFC展開しているのか?という疑問があったのですがどううやらFC展開しているのは間違いない様子。

いっぺこっぺ 西新宿店頭にあった祝花

いっぺこっぺ 西新宿店頭にあった祝花

 

西新宿店の店頭にあった祝花には「いっぺこっぺFC本部より」というものがありました。

「とんかつ檍」および「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」はホームページがなく、またSNSでの情報発信にもあまり熱心でないためまとまった情報がありません。

この辺りの事情も詳しい事が分かりましたら弊ブログに記事にしたいと思っています。

 

 

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の外観、メニュー、店内の雰囲気

秋葉原電気街口を出てメインの通りから一本奥の大通り沿いに「いっぺこっぺ秋葉原店」はありました。

店頭に6名ほど並んでいます。

こちらは帰り際に撮った写真。

秋葉原駅から10分弱。末広町駅から数分といった立地です。

店頭のポスター。

西新宿で見たものを大きくしたような感じ。

残念なことに西新宿同様に「常陸豚SPF」とあります。なんとこちらも「林SPF」ででないのか。

祝花はこれも西新宿店同様に丸山正一大将からのものが。

店頭のメニューも西新宿のものにそっくり。

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の店頭に貼られてたメニュー

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の店頭に貼られてたメニュー

 

こちらも定食がありました。とんかつだけの利用も可能です。

前に並んでいたのは6名でしたが、これは1グループだった模様。食券を買うように言われたのが並んでから8分後。入店したのは25分後でした。

着席してから10分ほど待ったので並び始めてから食べるまで35分かかったことになります。

 

 

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の券売機

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の券売機

 

店内の券売機はカラーディスプレイ。

普通のとんかつにするか、かつカレーにするか迷いますが、常陸豚でも上ロースなら美味いかな?と思い上ロースかつカレー1,800円の食券をプッシュ。

再び店頭で待ちます。

出ていく人はいるのですが、すぐに呼ばれる感じはありません。スタッフは5名ほどいて厨房に4名。皆ベテラン風ですが、開店間もないこともあってかオペレーションがスムーズという感じではありません。

さて、ようやく席に案内されます。

席はカウンター席と4人がけのテーブル席が3つ。約20席くらいでしょうか?隣の席とは白いアクリル板で仕切られています。広くはないですが、狭すぎることもありません。

卓上のメニューは店頭にあったものと同一。

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の店内メニュー

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の店内メニュー

 

そして、西新宿同様に塩は3種類ほど。

ピンクのヒマラヤ岩塩、白い地中海の海塩、そして黒くてクセのあるヒマラヤ岩塩ナマック。「とんかつ檍」の代名詞とも言える塩です。

ナマックには説明書きがありました。

後は福神漬け、醤油、ソース。

「とんかつ檍」同様に塩の品揃えは多数ですが、ドレッシングはありません。キャベツ用のドレッシンがあれば完璧だと思うのですが、何かこだわりがあるかな?

 

 

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店で頂いた上ロースかつカレー

運ばれてきた上ロースかつカレーを見て少しショック。

上ロースかつカレー@ とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 秋葉原店

上ロースかつカレー@ とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ 秋葉原店

 

別皿ではありません。

1番安いメニュー以外は別皿がデフォルトかと思っていました。

参考 上ロースカツカレー@とんかつ檍のカレーいっぺこっぺ 蒲田店

参考 上ロースカツカレー@とんかつ檍のカレーいっぺこっぺ 蒲田店

 

こちらは蒲田店のもの。

また、200gにしてはとんかつも小さめに感じます。

キャベツは本当にシャキシャキ。

キャベツの美味しさはとんかつ檍の特長の1つです。

さて、まずはかつから頂きます。

表面は白く、見た目は脂身もそこまで迫力がありませんが美味しいです。少なくとも西新宿で食べた普通のロースかつカレーよりも美味しい。

ただ、林SPFと比べるとやはり見劣りするような。林SPFのような感動するような美味しさがないというか。自分の味覚が林SPFを最高のものと認識するようになってしまったのかもしれませんが。

こういった特殊事情のためやや辛口のコメントになっていますが、普通の人なら十分に美味しいと感じるとんかつだと思います。ただこれで1,800円は高いなぁ。

カレーは西新宿で食べたものよりスパイスを感じました。やはり店内で作っているのかな?詳しいことは分かりませんけど。

とんかつを目立たせるために控えめに徹してる感じだけど玉ねぎたくさんの美味しいカレーです。

ただ、1,800円払っているので別皿が良かったなぁ。

なにか今まで通り蒲田のいっぺこっぺで食べている方が幸せだよなぁと思わせる内容でした。

 

 

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の行き方と営業時間

〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目5−3

最寄り駅は銀座線の末広町駅。秋葉原からは10分弱です。

【 とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 秋葉原店の営業時間 】

ランチタイム 11:00〜15:00
ディナータイム 17:00〜21:00

※緊急事態宣言中は20:00まで(L.O.19:30)

こちらも参考にどうぞ。

 

 

「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ」秋葉原店の感想と食べログ採点

【 とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 秋葉原店の感想 】

・西新宿店に続き、林SPFでなかったのはショック。1,800円の上ロースでも別皿でなかったのはショック。客観的に見れば十分に美味しく始めて来た人はそのように感じるだろうけど往年のファンからすると残念な内容。

・「いっぺこっぺ」の3号店まではどの店もクオリティも高く、店舗が増えても流石だなと思っていたが、西新宿と秋葉原で食べてみてこのことも考え直さないといけないと思った。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 秋葉原店カレーライス / 末広町駅御茶ノ水駅秋葉原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.