B級孤独のグルメ

【有楽町交通会館】50年以上の歴史がある大人気店「あけぼの」で名物のかつ丼

しげP
WRITER
 
有楽町 とんかつあけぼののかつ丼の写真







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

とんかつの名店 有楽町「あけぼの」とは?

有楽町駅前の交通会館地下の飲食店街にある「あけぼの」は1962年創業。もう半世紀以上営業しているとんかつの老舗です。

雑誌等でよく見かけるので名前だけはよく知っていましたが、未だに訪問したことはありませんでした。

先日行ったロメスパの名店「ジャポネ」もそうですが、いつでも行けると思うとついつい後回しになってしまいます。

最近はなるべく宿題店を優先しようと努力しています。

さて、数ヶ月前に「dマガジン」の会員になり、月会費だけ払えば「おとなの週末」も無料で読めるようになりました。最新号の2020年3月号のタイトルは「とんかつの名作」。

ここにも「銀座カツを食べ尽くし」というタイトルで「とんかつ あけぼの」が大々的に取り上げられています。

店頭にも雑誌の表紙がありました。

「行列必至でも逢いに来て! 有楽町の殿堂入りカツ丼」とあります。「おとなの週末」で過去に殿堂に選ばれたことがあるのかな?

激推ししているかつ丼はなんと1,000円とか。「もはや奇跡だ」とまで書かれています。

ここまで言われては行くしかありません。ということで、ようやくそのかつ丼を食べてきました。

 

 

有楽町「とんかつ あけぼの」の外観、メニュー、店内の雰囲気

13時ころに交通会館の地下に到着。「麺屋ひょっとこ」は相変わらずの行列。「あけぼの」の手前の「キッチン大正軒」はやっておらず少し驚きましたが、水曜日は夜のみ営業のようです。

目指す「とんかつ あけぼの」は無事営業していました。

行列は4名ほど。これでもいつもよりは少ない方?

店頭では結構アピール全開です。

こだわりつづけて

米は今も変わらずお釜で炊いています
みそ汁は純にぼしだし
キャベツの千切りは手切りです
とにもかくにも自家製であふています
創業昭和三十七年 有楽町一筋
とんかつ あげぼの

こだわりもしっかりアピール。

「とんかつ あけぼのの歩み」まであります。

創業した昭和37年当時は有楽町のガード下にあったんですね。

メニューはこんな感じ。

有楽町 とんかつ あげぼの のお品書きの写真その1

【 有楽町 とんかつあけぼのの主なメニュー 】

とんかつ定食 1,000円
中 とんかつ定食 1,400円
ロースかつ定食 1,700円
ヒレかつ定食 1,500円
かつ煮定食 1,000円
アジフライ定食 900円
カニコロッケ定食 900円
メンチカツ定食 900円
串かつ定食 900円
エビフライ定食 1,500円
かつ丼 1,000円
上かつ丼 1,400円
ヒレカツ丼 1700円
玉子丼 600円

サービス定食 三種盛 1,100円 四種盛り1,300円

・ひとくちヒレかつ
・海老フライ
・あじフライ または カニクリームコロッケのどちらか選択 (三種盛)

お好み定食 三種盛 1,100円 四種盛り1,300円

1,000円

・あじフライ
・カニクリームコロッケ
・串かつ
・メンチかつ (ハーフ)
4つの中から3つ選択 (三種盛)

今回は「奇跡の」かつ丼一択ですが、他のメニューではサービス定食やお好み定食が気になりました。3つ選べて1,100円は手頃な感じです。

有楽町 とんかつ あげぼの のお品書きの写真その2

今の季節はカキフライもあるようです。

カキフライはセットにもできます。揚げ物メニューが充実していますね。

これを見ると食べログのとんかつ百名店に2017年から2019年まで3年連続で選ばれているようです。

さて中に入ります。退店する客には「行ってらっしゃい、またお待ちしております」と声をかけています。

厨房には男性2名、女性2名。うち1人の女性が主に明るい声で声がけをしています。こういう明るい女性がいる店はたまにありますが、男性職人は無口というのが定番。

ただ「あけぼの」ではそんな事はなく全員が明るく声がけして楽しそうに仕事をしています。この接客の良さも人気の秘密かもしれません。

席はL字型のカウンターが10席ほど。1人で来ている女性の姿も目に入ります。

卓上の調味料はこんな感じ。

調理はそれなりに時間がかかるようでスマホを手にすると電波が入りません。交通会館のWi-Fiもありますがそれの繋がりません。古い建物の奥にあるというのも影響しているのでしょうか?

さて、しばらく待って最初にみそ汁と、お新香がやってきました。

 

 

有楽町「とんかつ あけぼの」で頂いたかつ丼

みそ汁はシンプルながら出汁がよく効いています。

お新香は3種類。

そしてかつ丼。

いかにも王道のかつ丼です。

有楽町 とんかつあけぼののかつ丼の写真

かつ丼@とんかつ あけぼの 有楽町

 

ただ卵は1つのみ使用?半熟な感じでもありません。

さて、かつを頂きます。

まず衣のサクサク加減に驚き。実に良い感じです。

かつは薄めで脂身が多くジューシー。衣と合わせてうまくまとまっています。

インゲンも少しありました。

ただ玉子の部分はやや固め。自分は玉子が少しとろっとした感じのカツ丼が好きなので少し残念。

ご飯も美味しく量も多めですが、白米そのまま。少しカツ丼の甘いタレが染み込んでいても良いかな?と思いました。

それでも美味しく完食。お腹いっぱいになり「行ってらっしゃい」の声で店を後にします。

接客の良い店でカツ丼が税込み1,000円はコスパ良し。

ただ、かつ丼は思ったよりも普通で、美味しいのは認めまずが殿堂うんぬんは少し大げさでは?と思いました。

 

 

有楽町「とんかつ あけぼの」の行き方と営業時間

東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F

JR有楽町駅の駅前(銀座側)の交通会館の地下飲食店街にあります。

【 有楽町 あけぼのの営業時間 】

平日 (水曜除く) 11:00~15:00 / 17:30~20:00

水・土・祝 11:00~16:00

定休日 日曜・第2土曜日

2020年3月に関しては店頭にお休みのお知らせのカレンダーがありました。l

有楽町「とんかつ あけぼの」の感想と食べログ採点

【 有楽町 あけぼのの感想 】

・行列あり、店は狭いが店員さんが全員明るく接客良し。気持ちよく過ごせるのも人気の秘密と思った。

・名物のカツ丼は1,000円でコスパ良し。カツの揚げ方も良い。ただ個人的にはもう少し玉子をたっぷり使い少しとろっとしたものが好み。

・400円高い上かつ丼にした方が満足度は高いのでは?と思った。今度試してみよう。

あけぼのとんかつ / 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.