B級孤独のグルメ

カレー大好きブロガーが選ぶ「2022年東京カレー BEST10」

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

以下のボタンクリックで応援して頂けると、メチャ嬉しいです。
(1日1回有効。1クリックして頂けると10ポイント加算されます)

東京ランキング にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村

しげPはカレーは毎週自宅で作っているほどのカレー好きですが、2022年も例年通り外でも多くの美味しいカレーを頂きました。

過去記事を整理して思ったのはカレーは自分が食べログで高評価を付けている店が多い事。3.5以上付けた店は軽く20軒以上あります。食べ物のジャンル別平均点は間違いなく1番かと。

その美味しい店ばかりの東京カレー店の中から今回は自分が3.8以上付けた店を「カレー大好きブロガーが選ぶ2022年東京カレー BEST10」として紹介します

なお、3.8以上つけた店が11軒あったこと、また5位のcampが閉店してしまった事を考慮して11軒紹介しています。

また一部、神奈川県横浜市や川崎市の店も含まれています。

2022年東京 カレー BEST10 1位~5位

1位 トマト 荻窪 4.2

1位は念願かないようやく訪問できた荻窪トマト。

荻窪 トマトの外観

荻窪 トマトの外観

言わずと知れた食べログ×カレーで日本一の店。2023年1月15日現在も3.93で日本一です。

夜の方が空いているらしいという情報があったのですが、それでも入店まで73分待ち。出てきたのは待った甲斐があったと思われるカレーでした。

チキン(大山地鶏骨付き)カレー@トマト 荻窪

チキン(大山地鶏骨付き)カレー@トマト 荻窪

どうですか、この堂々たる銀の立派な食器。

チキンカレーのチキンはは骨ごとなので迫力があります。

カレーのベースは良くあると言っても良い欧風カレー。どろっとしていてコクがある。甘くもありビターでもあり。

ただスパイスがすごいです。口に含んだ瞬間にもスパイスを感じ、食べた後の余韻でもスパイスを感じます。これはすごいな。本格欧風カレー+本格スパイスカレー=トマトなんですね。

また骨付きチキンもホロホロでうんまい。

店の雰囲気や接客も素晴らしく、日本一に相応しいカレーと思いました。

2位 ハイ,ハウ アー ユー 日吉 4.0

2位は私を育てた街、日吉にあるハイ、ハウアーアユー。こちらも通に評判のカレー店です。

駅チカながらビルの3階にあるという悪条件ですが、ランチタイムは階段に多くの学生が並んでいました。

学生が多いだけあってカレーは1種800円、2種でも1,000円というリーゾナブルな価格設定。

キーマカレーとパキスタン家庭風チキンカレーのハーフ&ハーフ@HI,HOW ARE YOU 日吉

キーマカレーとパキスタン家庭風チキンカレーのハーフ&ハーフ@HI,HOW ARE YOU 日吉

このハーフ&ハーフは激ウマでしたね。

キーマカレーは辛く、びっくりするほどのスパイス感が襲ってきます。それが実に深い味わいで味わえば味わうほど深い味わいにハマっていきます。

またチキンカレーもしっかり辛い。ただほぐしたチキンの量がすごくてその部分は円やかで美味しい家庭料理の趣がありました。

3位 コスギカレー 武蔵小杉 4.0

大変貌を遂げた武蔵小杉の中では昔の武蔵小杉が残っているリッチにある「コスギカレー」。こちらも有名店でずっと訪問したいと思っていました。

東京で1,000円超えのカレーに慣れっこになっていましたが、川崎のこちらはリーゾナブルな価格設定。2種合盛り(ダブルゥ)でも1,000円です。

カレー2種合盛り(ダブルゥ)@コスギカレー 武蔵小杉

カレー2種合盛り(ダブルゥ)@コスギカレー 武蔵小杉

しかもこのボリューム。

「小杉」からヒント?を得たと思われる左の「濃すぎ」チキンカレー。

大量の玉ねぎを使っているのがすぐに分かります。美味しいカレーの基本ですね。

またトマトの風味もしっかり。これらで甘い味を作り出していますが、スパイスもしっかり効いていてピリリとします。ほんのり苦味もあって良い感じ。なかなか複雑な味わい。ほどよく濃厚です。

右の南インド風・ココナッツビーフカレー。

とろとろビーフがごろごろ。ピンクペッパーやカルダモンなど実のまま入っていてダイレクトにスパイスが感が味わえます。辛さはありませんが旨さにコクがあります。

全然違う2つの美味しいカレーを頂けて大満足でした。

4位 ポニピリカ 下北沢 4.0

下北沢ポニピリカは札幌スープカレーの店。すごくレベルが高かったですね。

皮がパリッとしたチキンのカレー@ポニピリカ 下北沢

皮がパリッとしたチキンのカレー@ポニピリカ 下北沢

スープにコクがあってすごく美味しい。4辛にしたのでスパイスがかなりしっかり効いていますがベースがトマトなので、そこまで刺激的ではなくマイルドにまとっています。

なのに優しい感じというよりスパイスのパンチが効いています。

野菜は素揚げのものが特に美味しい。人参が甘いのは予想通りですが、ヤングコーンもすごく甘くて美味しい。

そして皮がパリッとしたチキン。こちらも素揚げですね。これも美味しい。スープも具も美味しく大満足でした。

5位 野菜を食べるカレーcamp 代々木 4.0 (閉店)

ここで残念なお知らせ。

品川駅や池袋駅に「キャンプエクスプレス」があった頃はそれこそ何度も通った「camp」は2022年、こちらの代々木店も新橋店も閉店していまい2023年1月時点でゼロ

まだ閉店前の3月に1号店である代々木店に行ってきたのですが相変わらず美味しかった。

1日分の野菜カレー@野菜を食べるカレー camp 代々木

1日分の野菜カレー@野菜を食べるカレー camp 代々木

どうですか?このゴロゴロ野菜。

キャンプエクスプレス時代はもっと洗練されたという野菜の切り方が小さめだったと思いますが、こちらの方が迫力があって野菜の旨味もダイレクトに伝わります。

噂によると閉店したのは野菜の価格が全体的にかなり上がったのが原因とか。多少の値上げには目をつぶりますからぜひ復活して欲しいです。

2022年東京 カレー BEST10 6位~11位

6位 KING LION 溝の口 3.9

 美味しさだけで言ったら2022年1番だったかもしれないのが溝の口のスリランカ料理「KING LION 」

スリランカランチプレート シングル チキン選択@キングライオン 溝の口

スリランカランチプレート シングル チキン選択@キングライオン 溝の口

どうですかこのランチプレート。ものすごく多品目で色鮮やか。

見た目は洗練されていますが、スパイスで煮込んだ感じのナスなど日本のお惣菜のような良さがありました。

そしてキチンはかなり大きめで量もたっぷり。ホロホロになるまで煮込んであってスパイスも良い感じ。

さらに「パリップ」なるものが付きます。これはマイルドではなくピリッと辛い。全体的な構成も素晴らしいと思いました。

やや評価が厳し目になったのはカジュアルな空間で1,500円はちょい高いなと思ったからです。

7位 チキュウマサラ 新宿 3.8

オンリーワンな感じなカレーを提供する新宿のチキュウマサラ。

海老カレー@チキュウマサラ 新宿三丁目

海老カレー@チキュウマサラ 新宿三丁目

ターメリックライスが山が特徴的で可愛い。上にはレモンのアチャールがのっています。

海老の周辺にはパクチーと生姜の細切り。カレーはタイ風のグリーンカレーがベースのようでした。スパイスがたっぷりで美味しいですマイルドな味付けです。

そしてレモンの酸味が実にスッキリと良い感じ。

無料で提供される炭酸水が美味しく、口の中がすっきりします。炭酸水がここまでカレーに合うとは知りませんでした。隠れ家的な雰囲気も良かったですね。

8位 ngeonbo33 高円寺 3.8

ngeonbo33は西所沢が本店。レトルカレーもも発売されている超有名店です。

今回は最近よく利用している高円寺店。

二種盛り(ビーフカレー&ポークビンダルー)@negombo33 高円寺

二種盛り(ビーフカレー&ポークビンダルー)@negombo33 高円寺

ラムキーマカレーとポークビンダルーが二枚看板のようですが、限定のビーフカレーが最高に美味しかった。

こちらは欧風カレーのようなコクがあるのにかなり刺激的なスパイスががつんと。

インドでは牛肉を食べないのでインド料理屋では絶対に食べられないメニュー。欧風カレーとスパイスカレーの良いとこ取りのようで最高でした。

9位 般゚若 (パンニャ、PANNYA) 下北沢  3.8

パンニャははカレーが好きとして知られるタレントの松尾貴史さんの店。ここには驚くべきメニューがあります。

マハーカツカレー@般゜若 下北沢

マハーカツカレー@般゜若 下北沢

それがこの黒いカツカレー。インパクトあるでしょ?

これはなんとイカスミを練り込んだそうで、確かにイカ墨の香りがあります。全体的にはがっつりジューシーではないですが、かつもカレーと溶け込んで良い味わい。

またカレーが独特。スパイス感を感じる程よい辛味と酸味は当然として結構甘い。食後に尋ねるとヨーグルトやバターを使っているのだとか。

カレーだけでもかなり美味しく再訪したくなる店でした。

10位 レインボウスパイス 立川 3.8

立川駅南口で行列を作っていることも多いレインボウスパイス。

ディナーダブルカリー(北インド式チキンマサラカリー+ 南インド式ネイコーリーカリー)@レインボウスパイス 立川

ディナーダブルカリー(北インド式チキンマサラカリー+ 南インド式ネイコーリーカリー)@レインボウスパイス 立川

チキンとネイコーリーと野菜が920円。このうち2つ選択すると1,020円。今回はチキンとネイコーリーを選択しましたが、このボリュームで1,020円は嬉しいですね。

ネイコーリーなるものを知らなかったのですが味わいはバターチキンカレー。ほんのり甘さがあってマイルド。辛さはほとんど感じませんがスパイス感はしっかり感じます。

万人受けする味でほとんどの人が気に入りそう。

チキンマサラは上に刻んだトマトが載っています。こちらの方が辛いですね。ピリ辛くらいでそれほどではありませんが。そしてスパイス感はこちらもしっかり。

 凝り過ぎでなくリーゾナブルに美味しいカレーを食べられる使い勝手の良い店と思いました。

11位 カレーハウスすぷ~ん 西国分寺 3.8

地元国分寺の名店カレーハウスすぷ~ん。西国分寺と国分寺に店舗があります。

非常にリーゾナブルな価格設定ですが、カレーはかなりの本格派。

チキン唐揚げカレー@カレーハウスすぷ~ん 西国分寺

チキン唐揚げカレー@カレーハウスすぷ~ん 西国分寺

典型的な欧風カレーで、コクが程よい。辛さもスパイス感もありますがマイルド。ほんのり苦味も感じます。

「The 万人受けするカレー」という感じでしょうか?このカレーが苦手という日本人は少ないと思います。

今までに唐揚げととんかつを頂きましたが、混んでいるランチタイムでもしっかり揚げてから提供してくれるのが嬉しい。

カツカレー@すぷーん 西国分寺

カツカレー@すぷーん 西国分寺

この何かユーモラスな外観のカツカレーも美味しかったな。国分寺を利用する事のある方は一度食べてみることをお勧めします

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2023 All Rights Reserved.