B級孤独のグルメ

下北沢「中華そば こてつ」ミシュラン掲載 深みのある無化調スープが絶品!!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

下北沢「中華そば こてつ」とは?

下北沢の「中華そば こてつ」は2016年にオープン。

食べログは3.72。ラーメンDBは94.854とどちらも高評価。(2020.10.10現在)

 「中華そば こてつ」を一躍有名にしたのは「ミシュランガイド東京 2020」に選ばれたことでしょう。

東京でミシュランに掲載されたラーメン店は22店舗しかありませんが、その1店舗になったのです。

ラーメンは見るからに王道な感じの淡麗系スープで間違いなく自分の好みの予感がします。

ただ、驚いたのは店主の大島徹也さんは渋谷の「侍」出身ということ。「侍」は知る人ぞ知る家系ラーメンの名店。ただ写真では家系の香りはまるでしません。

名店を独立すると、その路線を継承する人と、新たなラーメンを作り出す人に別れますが、「こてつ」の店主は後者のようです。

自分も「侍」は何度か訪問したことがあり、店主がいらした時期ともかぶっているのでもしかしたら「侍」で遭遇していたなんてことがあるかもしれません。

ということで、下北沢は家から遠いので普通なら外すと嫌だなぁと少しは思う所ですが、「こてつ」に限っては予習の段階から外す可能性は限りなく低いと感じていたので不安はありませんでした。

実際に「こてつ」のラーメンは自分の好みの真ん中。しかも贅沢トッピングの特製中華そばが880円だったので、B級グルメの自分を更に喜ばせることになりました。

 

 

下北沢「中華そば こてつ」の外観、メニュー、店内の雰囲気

下北沢でラーメンを食べるのは2回目。同じく「ミシュランガイド東京2020」でビブグルマンに選ばれた「純手打ち 麺と未来」に行って以来。

下北沢には全く詳しくありませんが、「こてつ」も「麺と未来」同様に一番街にありました。

歩いてほんの数分しか離れていません。下北沢はミシュランの審査員がよく来る町なんでしょうか?

それにしても一番街は魅力的な飲食店が多い。ふらりと入ってみたい誘惑に駆られる店もいくつかありました。

「中華そば こてつ」はそこまで目立つことなく一番街の賑わいの中ひっそり存在していました。

白を基調とした品の良い外観、

ラーメンの丼のイラストが可愛い。

ご飯メニューの写真の中央には「ミシュランガイド東京 2020」のステッカーが貼られています。

ご飯も美味しそうですが、やはりラーメン。

「中華そばこてつ」の店頭にあったラーメンのメニュー

「中華そばこてつ」の店頭にあったラーメンのメニュー

 

淡麗ラーメン風なのに「背脂トッピング始めました!!」というのに驚き。ただ家系出身なら背脂はお手の物でしょう。

さて、入店。時刻は日曜の19時半頃。店内はカウンター席で10席もありませんが、この時間は半分くらい空席がありました。

中華そば こてつの券売機

中華そば こてつの券売機

 

【 中華そば こてつの主なメニュー 】

中華そば 700円
特製中華そば 880円
チャーシュー麺 900円
ワンタン麺 900円
塩ラーメン 700円
特製塩ラーメン 880円
塩チャーシュー麺 900円
塩ワンタン麺 900円
つけ麺 800円
大盛 (1.5玉)100円
特盛(2玉)200円

なんと特製が880円。最近有名ラーメン店では特製1,000円超えは当たり前。1,500円超えなどという店も出てきている中驚きです。

しかも後から分かるのですがワンタンまで入っていました。

スタッフは女性スタッフ1名。厨房に男性1名。2名とも柔らかい雰囲気で丁寧な接客。事実は一切知りませんが、「夫婦でやっておられるのかな?」という雰囲気がありました。

券売機の横に給水器、その横にテッシュや紙エプロンが置かれています。壁にミシュランマンの姿も見えますね。

卓上の調味料は酢と黒胡椒と一味。

GABANの黒胡椒はミルタイプなんですね。始めてみました。

さて、最初は空いていたもののどんどん客が入ってきます。ラフな格好で手ぶらな人が多く地元の客が多そう。下北沢に住んでいたら美味しい店を探すのには全く苦労しなさそうで羨ましい限りです。

さて、10分弱待って「特製中華そば」が到着しました。

 

 

下北沢「中華そば こてつ」で頂いた特製中華そば

シンプルな白い丼。

醤油の見た目は少し濃さそうですが。

特製中華そば@中華そば こてつ 下北沢

特製中華そば@中華そば こてつ 下北沢

 

トッピングはチャーシュー2枚、メンマ、ワンタン2つ、味玉1つ、かいわれ大根、ネギ。

特製のトッピングはチャーシュー+1枚、ワンタン、味玉という感じでしょうか?

さて、スープから頂きます。

旨い。旨いな。

煮干しの旨味がしっかり感じられます。動物系のサポートも感じますが特に鶏が強い訳でも豚強い訳でもないバランス系。良い感じに余韻が残ります。

見た目とは違い塩分もほどよく、旨味はしっかりながら全体としてはあっさり感がありごくごく飲めるスープ。無化調なので安心です。

中細の麺は最初は少し固めの低加水麺という印象。スープの旨味をよく吸収します。ただ麺は少しずつ柔らかくなっていきますがこれも良い感じ。

メンマはかなりのコリコリメンマ。ほんのり塩味。味玉はとろけそうな食感が良いですね。

チャーシューは豚肩ロース。

いかにも低温調理した外観。柔らかで脂身の旨味もしっかり。美味しいな。

そしてワンタン。

皮は大きめ、餡もたっぷりでしっかり楽しめるタイプのワンタン。餡に多少生姜のアクセントがあるのも良い感じ。

さて、麺や具を食べきってスープは少し残りましたが、

これは残せません。美味しく完飲。

スープ、麺、具に至るまで全体的に満足度が高かった。ミシュランに選ばれるだけのことはあると思います。

 

 

 

下北沢「中華そば こてつ」の行き方と営業時間

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目39−13

【 中華そば こてつの営業時間 】

11:30~15:00 /17:00~22:30

定休日 火曜日

こちらも参考にどうぞ。

下北沢「中華そば こてつ」の感想と食べログ採点

【 中華そば こてつの感想 】

・動物系が下支えする煮干しスープがすごく美味しい。旨味しっかりもあっさりでごくごく飲める。低加水な麺はスープの旨味をよく吸収する。チャーシュー、ワンタン、味玉、メンマのいずれも高レベル。

・特製で880円は内容を考えると驚異的なコスパ。

・接客は丁寧で感じ良し。店内は広い訳ではないがアットホームで雰囲気も悪くない。

 

中華そば こてつラーメン / 下北沢駅新代田駅東北沢駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.