B級孤独のグルメ

ブログ・リニューアル&移行に伴う不具合について

色々あったけど今は安定して美味しい!大井町のタイ料理「クルンサイアム」

しげP
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

都内で店舗拡大中のクルンサイアム

クルン サイアムは都内で店舗を増やし続けているタイ料理のチェーン店です。

「クルン」はタイ語で「古い都」、「サイアム」はタイ王国の旧称。バンコクの繁華街の名前にもなっています。ちなみに首都バンコクの別名は「クルン テープ」。地元の人はこの呼び方を使うみたいです。

それはさておき、営業母体の株式会社SUU SUU CHAIYOOのホームページによると、クルンサイアムの店舗は8店舗あります。

東京でタイ料理のチェーン店は意外に少ない気がしますが、前例にないほどの勢い?で勢力を拡大しているようです。

クルンサイアムの店舗  (カッコ内は食べログの点数 2018.7.17)

自由が丘店 (3.58)

吉祥寺店 (3.58)

六本木店 (3.53)

中目黒店 (3.58)

アティック店 [自由が丘]  (3.54)

大井町店 (3.56)

渋谷文化村通り店 (3.06)

GEMS神宮前店 (なし)

プロンポン店 [タイ・バンコク]

ほとんどが3.5以上と高評価。点数が低い店は開店してから日が浅いためのようです。

面白いのはバンコクにも逆輸入されていること。プロンポンは日本人が多く住んでいるところで、日本人(駐在員婦人?)を中心に賑わっているという噂です。

さて、その快進撃を続けているクルンサイアムですが、話を大井町店に絞ります。

エスニックの不毛地帯大井町にクルンサイアムがオープンしたのは2013年

その本格的で美味しいタイ料理店の出現に私を含めた地域住民たちは喜んで涙したものです。

自分の初期のブログを見ても、クルンサイアムに関しては絶賛の嵐でした。

しかし、2つのマイナスが重なりしばらく足が遠のいていました。

クルンサイアムに行かなくなった理由

2つのマイナスとは味が落ちたのと値上げです。

味が落ちたというのは主観的なものでもありますが、一般的に美味しいと思った店の味が落ちる主な原因は以下の2点だと思います。

飲食店の味が落ちたと感じる主な原因

・シェフが変わった

・食材の質を下げた

クルンサイアムの味が落ちたと自分が思った原因は前者です。初期の頃見かけた間違えなくベテランに見えたシェフの姿を見かけなくなったのです。彼の料理は100%間違いなかったのに。。

シェフが変わろうが、全体のレベルが変わらない店は稀です。たいていの店、特に小規模店では1人変わるだけでも味が大きく変わるものです。

2回連続してガッカリという出来事があってクルンサイアムに関する熱は一気に冷めました。

そしてそう感じた時期と同時にほとんどのランチメニューを100円ほど値上げしました。

一番好きなガパオライスはなんと1,080円! (現在も変わりませんが)

タイの屋台ではわずか50バーツ(約150円)で涙が出るほど美味しいガパオが食べられることもある庶民食。物価の高い東京でもランチで1,000円を超える店は稀です。

いくらガパオが好きでもこの味と値段じゃ行けないよなと思ったのが2016年の7月。クルンサイアムで再訪するまでに一年半を要しました。

なお、飲食店の味が落ちる主な原因で「食材の質を下げる」に関してはラーメン屋でもよく見られる傾向。最初は頑張って原価の高いものを使うのですが、客が来るようになったら下げるというもの。これも足が遠のく原因の一つですね。

クルンサイアムを再訪

好きだった女性とは違い?好きだった飲食店は割と簡単に忘れられる自分。クルンサイアムの店の前を通ることはあってもあまり気になる事はありませんでした。

通りからは少し離れているので混雑ぶりも分かりません。

しかしある日、大量のママ集団が店の中に入っていくのが見えました。店の込み具合から現在の状況も分かるかもと思い、近くまできて店内を見るとほぼ満席。

以前は込んでいてもカウンター席は空いていたような気がするのですが、ぼぼ埋まっています。これは現状を確かめた方が良いと思い、再訪したのが今年の1月。

そこで食べたガパオライスは往年の輝きがありました。美味い!復活してる!

少し興奮してTwitterを書き込んだ記憶があります。

しげP@ShigeP_Bishoku の1/20のTweet

クルンサイアム@大井町 値上げと味劣化で足が遠のいていたクルンサイアムに久々の訪問。ベテラン風のシェフに変わり、本格的な味付けで容赦ない辛さに。かなり美味しかった。シェフが変わらずこのレベルなら通い続ける。

その言葉通り通い続けています。もう5回は行ったでしょうか。今回はその食事を振り返ってみます。

クルンサイアムのランチメニュー

まあ東京のタイ料理店の一般的なメニューです。ランチにしては品数豊富。1,000円以下のメニューもありますが、100円下がって以前の値段になったら個人的に嬉しいのですが。

(ただ、今みたいに満席なら店側に下げる理由はないでですけどね)

クルンサイアムの生春巻きとスープ

ランチの前菜は100%?これです。クルンサイアムの他店舗でも系列のオールドタイランドの新橋店でも同じでした。

この左のスープ名称が分かりません。メジャーなスープなのでしょうか?しかし容赦なく辛いです。

しかしこのスープは味が落ちたと感じていた時はマイルドでした。一つの目安になるのかもしれません。

そして生春巻きは野菜生春巻きです。海老などは入っておりません。独特の甘酢だれが美味しくいくらでも食べられそうです。

クルンサイアムのガパオライス

 まずまず辛いですが、ほんのり甘い要素もあり混沌とした味わいのガパオライスです。一度に様々な味を味わえるのが素晴らしい。美味しくないガパオは味が単調なんですよね。

クルンサイアムのカオマンガイ

カオマンガイというより、上品なチキンライスという感じ。クセはありませんが、鳥もライスもタレも美味い!

クルンサイアムのパッタイ

パッタイもガパオ同様混沌とした美味しさが特長と思いますが、これはそのよく出来ていてウマウマ。麺もうまくほぐれていて食べやすかった。(パッタイは麺がくっつていて食べづらい時がある)

クルンサイアムのグリーンカレー

上品なグリーンカレーです。ココナッツミルクの感じは強いですが、マイルド一辺倒ではなく、スパイスを大量に使っている事がわかります。かなりレベルが高いのではないでしょうか?

ナスは皮を切っています。タイ料理ではたまに見かけるけど、意味あるのかな?

ご飯はかなり多めです。客はほとんど女性ですが、女性だと少なめにするとかしているのかな?

総評・クルンサイアム大井町店のランチ

以上の4品はケチのつけようがないくらい美味しかったです。

日本に来ているタイ人シェフがどのような人かは分かりませんが、どんな田舎でも美味しいものが食べられると言われる美食の国タイ。遠い日本に派遣させるシェフはかなりのレベルの方ではないかと思います。

クルンサイアムは外装もおしゃれですが、内装も良い感じ。天井が高くて心地よい。サービスも従業員教育がしっかりなされているのでオペレーションがスムーズ。この調子でずっとお願いしますよ。

クルン・サイアム 大井町店タイ料理 / 大井町駅青物横丁駅鮫洲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







Comment

  1. ハセッパー より:

    ここの系列渋谷の桜丘にもタイ料理研究所 渋谷店というお店あります。

    • しげP しげP より:

      ハセッパーさん
      コメントありがとうございます。渋谷の桜ヶ丘にもあるのですか。東京の一大勢力ですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.