B級孤独のグルメ

再開した大井町「のスた」旨味たっぷりの塩ラーメン 自家製麺が旨かった

WRITER
 
守 細麺 塩@のスた 大井町







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

のスたとは?

「のスた」は長く大井町に店舗を構える二郎系の人気ラーメン店。「凛(りん)」「のスた 凛」など名前が少し変わることがありますが、現在大井町の店舗の名称は単に「のスた」のようです。

開業は1999年というから歴史は20年以上。店主さんはラーメン二郎目黒店出身だそうで当初は二郎系がメインだったと思いますが、二郎系とはまるで違う細麺のラーメンも提供しています。

のスたはメディア取材お断りの店のはずでホームページはありませんが、支店についてはのスた凛本店のTwitterにこのように書かれていました。

【支店】のスたOSAKA 凛渋谷店 凛砂町店【閉店した支店】凛蒲田店(東日本大震災後閉店、被災地地元に戻る)凛大崎店(売却→閉店)凛名古屋(閉店)

現在は大井町の他に大阪、渋谷、砂町に支店があるのですね。

自分が10年くらい前によく行ったのが凛大崎店。

後にThe Outsidersという名前に変更しましたが、今よりも二郎系ラーメン店が多くない頃で重宝していました。(The Outsidersは成田に移転。ラーメンボーイズという名で営業中)

大井町の凛はかつては駅からはそんなに遠くはないものの、車通りの少ない路地にありました。

こちらは店主が怖いことで有名で店内は緊張感に満ちていました。自分も2回ほど行ったことがありましたが、店主は一言も話すことなく黙々と仕事をしています。

詳細は忘れましたが色々とルールがあって、自分が行った時は特に何も起こりませんでしたが、ネットには様々な噂が書き込まれていました。

自分は二郎系のラーメンは食べたいものの、緊張してまで食べたくないので大崎店を愛用していたという感じです。

その後隣に細麺専門の「ラ・ズンバ」オープン。そしてどちらも閉店して2015年に突如JR大井町駅近くの「開かずの踏切」近くに移転。

2019年にはその「凛」がなくなったと思いきや12月に同地にネオ家系の「ラーメン社井田(しゃいだ)」がオープン。

「ラーメン社井田」は「のスた 凛」グループでしたが、こちらもいつの間にか閉店。

そして2020年7月に「のスた」が復活して現在に至ります。目まぐるしく変わるなという感じ。

今回自分は品川区の二郎系ラーメン店は全て制覇するつもりなのでその一環で訪問したのですが、なんとこの日二郎系はやっていません。

仕方がなく唯一あった細麺の塩ラーメンを食べたのですが、あまり馴染みのないスープが美味しくてびっくりしました。麺も優秀です。

 

追記:後日「のスた」で二郎系のラーメンを食べましたが、こちらもワンランク上の美味しさでした。特に豚が神豚と言って良いレベルでした。

 

 

大井町 のスた の外観、メニュー

大井町の開かずの踏切。ここに捕まると結構待たされることがあります。

その踏切そばの2階にのスたはあります。1階は農家庄という昔からやっている中華料理店。

階段を上ります。玄関マットには “NOSTA SAME SAME BUT DIFFERENT” とあります。無理に訳すと「のスた 同じでようでまるで違う」という感じでしょうか?

なぜか日本人は「違う」という言葉を否定的に受け取る傾向がありますが、アメリカでは「違う」というのは「個性がある」ということなのですごくポジティブな言葉です。

中に入ると感じの良い女性店員が迎えてくれます。

まずは券売機を見てびびります。

大井町 のスたの券売機

大井町 のスたの券売機

 

この日は「細麺のみ」ですか。むむっ。

しかも「守」「破」「離」ではどんなラーメンなのか想像も付きません。

【 大井町 のスたの主なメニュー 】

離 醤油 1,020円
離 醤油 ニンニク入り 1,070円
破 醤油 870円
破 醤油ニンニク入り 920円
破 ポン酢 970円
破 ポン酢ニンニク入り 1,020円
守 細麺 醤油・塩 半チャン 1,150円
守 細麺 醤油 850円
守 細麺 塩 920円

とはいえこの日あるのは守の醤油と塩のみ。塩の方が高いですが塩を選択しました。

ところで二郎系はもうやっていないのかな?今食べログのレビューをざっと見ても太麺の写真が見当たりません。

追記:曜日によって変わるというご指摘を頂きました。近いうちに太麺にトライしたいと思っています。

さて、カウンター席に着席。丸椅子です。

以前のここにあった「のスた凛」は壁があって作業があまり見えなかったのですが、「ラーメン社井田」では壁がなくなって店主の作業が丸見えのオープンな雰囲気。

今回はまたベルリンの壁が構築されていました。体感的には今回の壁の方が高い。もちろん作業はまったく見えません。

割り箸に守破離と書かれています。胡椒が提供された他には卓上に何もなし。

平日の19時半でしたが客は自分の他に誰もいません。結局最後まで人は来ず。前はいつもなんとなく満席に近くなるような感じでしたがコロナ渦の影響でしょうか?

店内のBGMは陽気なオールディーズ?10分弱待って 守 細麺 塩が到着しました。

 

 

大井町 のスた で頂いた 守 細麺 塩

これ以上ないシンプルな白い丼に登場。

塩ラーメンとは思えないほど濃い色。色がしっかりついたチャーシューにはにんにくが載っています。

守 細麺 塩@のスた 大井町

守 細麺 塩@のスた 大井町

 

さてスープをすすります。

おおっ、旨味がすごい。鶏に豚も混ざっているのでしょうね。動物系の旨味が濃い。どろっとした食感で塩ラーメンとは思えないくらい力強いスープです。

生姜も入っているようですが、そこまで主張は強くない。本来クセの強い生姜が縁の下の力持ちという感じで名脇役という感じ。

そして麺がすごく美味しい。食感が最高にしなやかでスープに良く絡みます。どこの麺だろう?と思いながら食べていたのですが、帰り際厨房の方に少し薄緑の製麺機が見えたので自家製麺だと思います。

何かこの麺とスープはまったりした不思議な旨さがある。そういえば「のスた」という店名は”nostalgic” 「郷愁的な」から来ているのでしょうか?

このようなラーメンを食べた記憶はないはずなのに何か懐かしさを感じます。

メンマは食感良し。そしてニンニクを溶かしつつ味変を楽しみます。

チャーシューというより焼豚は厚みあって表面に少し味付がついています。しっとり柔らか。券売機には追加料金の焼豚は弓豚というSPF豚と書かれていましたが、これも弓豚なのかな?

細麺ですがボリュームたっぷり。二郎系ほどでないせよ、普通の大盛くらいはあったと思います。

美味しく完食。個人的に二郎系のイメージが強かっただけにこの塩ラーメンには驚きました。

 

 

大井町 のスた の行き方と営業時間

〒140-0011 東京都品川区東大井6丁目1−1 2F

以前はすごく休みが多かった印象がありますが、現在は休みなしなのですね。ただ不定休なのでTwitterで確認されてからの方が良いと思います。

【 大井町 のスたの営業時間 】

月〜金 10:30~14:30/ 17:30~20:30
土・日・祝 10:30〜15:00
売り切れ終了

定休日 不定休

こちらも参考にどうぞ。

大井町 のスた の感想と食べログ採点

【 大井町 のスたの感想 】

・メニューが守の細麺・塩と醤油がしかなくてびっくりしたが守の塩ラーメンは美味しかった。旨味が複雑で濃厚。生姜がじんわりしてスープがどろっとした感じは何か懐かしさを感じる。また自家製麺がしなやかで美味しい。あまり他に似たラーメンを思いつかないが美味しかった。

・「社井田」がとっぱらった壁は再構築されていた。厨房はもちろん見えない。ただ女性店員さんの接客が良く変な圧迫感はなかった。

・メニューが分かりにくい。二郎系が現在でも提供されているのかは分からなかった。常連がほとんどの店なので問題ないかもしれないが、慣れない人は戸惑うかも。

 

のスたラーメン / 大井町駅鮫洲駅立会川駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.