B級孤独のグルメ

大崎「包琳」六厘舎が伝説の旧店舗跡地に開業したのは餃子屋!小籠包?のような餃子が絶品!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

大崎「包琳 (ぱおりん)」とは?

大崎の「包琳」は2021年3月8日にオープン。開店するなり大きな話題になっています。

「包琳」を手掛けるのは「松富士食品」。そう「六厘舎」の経営母体ですね。

「六厘舎」以外にも「舎鈴」「東京タンメン トナリ」「ジャンクガレッジ」など数々の人気ラーメン店を運営しています。

「包琳」はなんと伝説の「六厘舎」本店の跡地にオープン。

そう、あの行列がすごすぎて閉店せざるを得なかった店舗です。ウィキペディアには以下のように書かれています。

大崎の本店は、かつて東京都内屈指の行列店で、100人を超える行列になることもしばしばであった。基本的に約2時間待ち、特に3連休などは2時間30分以上の待ち時間となることもあった。しかし、この行列が長期にわたり近隣の迷惑となってしまったことや、解消の目処が立たないことを理由に、2010年8月29日をもって閉店した。

「六厘舎」自体はなくなった訳ではなく他にも店舗があって現在も、東京駅ラーメンストリート、大崎、上野、東京スカイツリー、羽田空港に店舗があります。

大崎の新店舗は2014年にオープン。旧店舗よりもかなり駅に近くなりました。

自分は家から近いため何度も通っていますが、大好きだった「つけ麺シュリンプ」がなくなってからは残念な感じ。

六厘舎は魚介豚骨つけ麺の元祖のような店ですが、多くの店がこれを真似たため現在は無名のつけ麺店に行っても魚介豚骨が基本だったりします。

また、有名つけ麺店は六厘舎を目標に六厘舎を超えようと頑張ったためかなり洗練されたものを提供するようになりました。そのため六厘舎のつけ麺はやや「古いもの」になってきた感じも。

上野店限定の「つけ麺 痺れ」は美味しかったですが。

それでも東京駅のラーメンストリートにある「六厘舎」は名店揃いの中でも圧倒的に一人勝ち状態で、六厘舎ブランドの強さが未だに健在であることがよく分かります。

さて、今回の「包琳」はつけ麺ではなく餃子専門店。確か東京駅の六厘舎では期間限定の特製餃子つけ麺という餃子の餡が入ったメニューがあったと思いますが、それ以外はあまり餃子の印象はありません。

今回は興味本位で「どんなものかな?」という感じで行く前はそれほど期待値は高くなかったのですが、頂いた餃子は絶品!でした。

見た目からは万人受けしそうな感じは受けなかったものの、個人的にはケチのつけようのない美味しい餃子でした。

 

 

大崎「餃子とめしの包琳」の外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

平日の11時50分頃に「包琳」に到着。

ゆったりとは登り坂なので大崎駅からは結構遠い感じでした。詳しい行き方は後半に詳しく書いておきます。

海鮮丼が人気で、駅から遠いのにランチは行列できる名店「魚玉」は道路の反対側少し手前にあり、「包琳」からもよく見えます。

10名ほどの行列がありすぐに列に加わります。この時間はあまり良い外観が撮れなかったので、帰り際に撮ったものを載せておきます。

暖簾があるところが入り口。「焼いた餃子と白いめし」と書かれた看板のある店舗の左側が調理場です。

テイクアウトのみの人は並ぶ必要はありません。

直接店内のスタッフに声をかけて大丈夫。

テイクアウトは冷凍と焼餃子があり、冷凍された餃子は会計の隣にある大きな冷蔵庫に入っているので待たずに買うことができます。

焼き餃子お持ち帰りの人は店の近くで10分くらい?は待つ感じでした。

この日は朝はそうでもなかったのですが、昼から太陽がガンガンさしてきます。今年の冬は異常なくらい寒かったと思うのですがようやく春らしくなってきました。

店頭に近くづくと、入口付近にある冷蔵庫に文字が書かれているのが見えます。

あなたの「おいしい」を誰かの「うれしい」へ
挽きたて肉、切り立てやさい
素材本来の旨みを包んだ餃子

と書かれていました。

さて餃子で調理に時間がかかるのか列が進むのはスロー。結局入店できたのは12時20分頃。約30分待ったことになります。

ただ後ろの列はそれほど伸びず、自分が帰る際は行列がなかったのでまだそこまでフィーバーにはなっていないようです。

 

 

店内の右側にはメニューの写真が。

左側に価格が書かれたメニューがありました。

大崎「餃子とめしの包琳 」の店内に掲げられたメニュー

大崎「餃子とめしの包琳 」の店内に掲げられたメニュー

 

席は全てテーブル席。2名がけのテーブルを2つ並べて4名がけのように使っています。ただテーブル間には仕切りが。

4名がけのようなテーブル席が3セットで12席。食べログによると通常は18席だそうで当面減席しているとのこと。

立っている間に注文は決めておきました。餃子定食(12個)980円を注文。

餃子は小籠包のような個性的な形状ですが思ったより大きくなく12個くらいはぺろっといけそうと予想。実際は思ったよりもボリュームがありました。

調味料はこんな感じ。

特製餃子のタレが用意されていますが、辛い辣油、凄く辛い一味唐辛子、ブラックペッパー、醤油、酢があります。自分は特製餃子のタレしか使いませんでした。

仕切板にもメニューが貼られています。

大崎「餃子とめしの包琳 」のメニュー

大崎「餃子とめしの包琳 」のメニュー

 

壁に貼られたものと同じと思いきやこちらの方が詳しい。定食の内容も「餃子・ライス・味噌汁+漬物」と書かれています。

そして右下に気になるメニューを発見。生ニンニク0円とあります。

店員さんに確認すると餃子にもニンニクは入っているものの別皿で用意してくれようでなのでお願いしました。

別皿の生ニンニク@餃子とめしの包琳 大崎

別皿の生ニンニク@餃子とめしの包琳 大崎

 

後でこれを付けながら餃子を頂きました。ニンニク好きな人は頼んだ方が良いと思いますよ。

 

 

大崎「餃子とめしの包琳 」で頂いた餃子定食(12個)

最初に餃子がやってきます。

餃子(12個)@餃子とめしの包琳  大崎

餃子(12個)@餃子とめしの包琳 大崎

 

独特の形状。大きさもバラバラです。焦げ目もしっかり。見た目はそこまで美味しそうという感じではありません。

次に味噌汁とライスが。具だくさんと書かれた豚汁は+280円で別に頼んでいる人も多かったですが、味噌汁もすごく美味しかったので頼まなくても良いかも。

味噌汁でも豚の細切れがたくさん入っていて豚汁という感じ。熱々なのも最高です。さて、餃子。

小籠包なら肉汁が出るのでがぶりついて良いのか少し迷いましたが、気にせずがぶりつきました。

肉汁はほぼ出なかったのでそのまま食べて大丈夫です。

さてこの餃子、めちゃくちゃ美味しい!旨味が素晴らしい。

野菜の肉のバランスが良いしほんのり固形感もあるニンニクもしっかり。そして皮が美味しいです。最初は分厚い皮だと思ったのですが、2重になっているのかな?

広げてみるとそこまで分厚くありませんが。

この皮と餡のバランスが最高。しっかり噛んでじっくり旨さが味わえます。具材に特別感はありませんが、問答無用に美味しい。

表面は少し揚げているのでしょうか?しっかり焼き目があります。

底は焦げていません。上海の焼き小籠包だと底が焦げているのですが。

なので焼き小龍包とは原理が違うのですが、旨味自体は近いものがあると思いました。ただ「包琳」のは皮の旨さが格別ですね。

どんどん箸が進むので餃子12個がぺろっと平らげましたが、お腹はかなり膨れました。

これは良いなぁ。この餃子のクオリティを保てるなら大人気店になる予感がしますが、果たしてどうなるでしょうか?

 

 

大崎「餃子とめしの包琳 」の行き方と営業時間

〒141-0032 東京都品川区大崎3丁目14−10

JR山手線大崎駅徒歩8分

大崎駅南口改札を出て右折してTHINK PARK方面へ。

左斜前にツタヤやスターバックスが見えるのでそちら方面に進みます。

スタバを超えた辺りで右側にある階段を下ります。

下って少し進むと左側に六厘舎大崎店があります。

そのまま店の前をまっすぐに進みます。

突き当りが百反通り。百反通りを右方面ですがに坂を登っていきます。なだらかな坂がずっと続きます。

途中で信号があり、すぐ先の右側に店舗が見えます。

大崎駅から8分とのことですが、上り坂なのでもう少し遠く感じます。帰りは下り坂なのでスイスイですが。

【 大崎「餃子とめしの包琳 」の営業時間 】

11:30~14:30 (LO14:00) / 17:00~20:00(LO17:30)

定休日 火曜日

こちらも参考にどうぞ。

 

 

大崎「餃子とめしの包琳 」の感想と食べログ採点

【 大崎「餃子とめしの包琳 」の感想 】

・餃子が最高に美味しかった。旨味がしっかり。厚めの皮が素晴らしい。餡とのコンビネーションが最高。見た目よりも中身で勝負する感じ。好きな人は大好きだと思う。

・餃子12個の定食で980円はまずまずのコスパ。美味しくお腹いっぱいになる。

・自分は30分待ちだったが、帰りは行列なし。時間帯を選べばまだそこまで混んでいないのかな?

 

餃子とめしの包琳餃子 / 大崎駅大崎広小路駅戸越駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.