B級孤独のグルメ

「麺宿 志いな」新宿御苑 濃厚鶏白湯!コラーゲンたっぷりの絶品スープ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「2020ラーメン食べまくりバトル」に登場した「麺宿 志いな」

2020年1月3日にテレビ東京系で放送された「2020超激ウマ大捜索!ラーメン食べまくりバトル」

昨年に続いて今年も楽しく見させてもらいました。

紹介された店の中で行ったことがあったのは新宿の「スパイスラーメン釈迦」、巣鴨の「生姜は文化」、蒲田の「まほろ芭」。

銀座や蒲田には初めて名前を聞いた店もあり、昨年同様近いうちに全店行ってみようと思います。

さて、行ったことがない店で1番気になったのは新宿御苑の「麺宿 志いな」。

ROUND1 新宿の「金メダル級のこだわりスープ」対決で番組の最初に登場した店で、あっさりとした鶏清湯スープの潮そばと濃厚でクリーミーな鶏白湯が二枚看板とか。

鶏スープはラーメンの中でも1番好き。しかもスープには真鯛のあらやしじみなども豪快に使用。

これは絶対に美味しいやつです。店主もすごく感じが良さそう。今回番組を見た中でバランス的に1番美味しそうに感じました。

という訳で、正月開けに「志いな」の営業が始まった初日に早速行ってきました。

ちなみに店名の「志いな」は店長の椎名征一郎さんからとったもの。

椎名さんは水道橋の人気店「征麺家 かぐら屋」出身で、「かぐら屋」の創業メンバー。独立して当時の仲間とともに2018年7月に「志いな」をオープンしたとのことです。

 

 

「麺宿 志いな」の外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

土曜日の18時半。「志いな」がいつもどの程度混んでいるかは分かりませんが、テレビ放送直後ということもありまあまあの行列ができています。

更には店の中でも待っている人がいます。

後で数えたら店内の待ち席は5席ほどありました。

習字で書かれた店名は迫力があります。

中が見えてオープンな感じが良いですね。手前には鶏チャーシューも見えます。提供直前に切っているのでしょうか?

メニューはテレビで見た潮そばと鶏白湯の他に醤油そばとつけそばがあります。

更には限定メニューも。

鮭の加賀味噌そば!聞いたことがないです。

これも興味はあったのですが、初回なのでレギューラーメニューにするつもり。

回転は悪くなく10分ほどで入店。先に食券を買います。

潮そばか鶏白湯にするかで少し迷いましたが、この日はコラーゲンを大量摂取したい気分?だったので得製鶏白湯にします。特製を得製と書くのは新宿の「風雲児」を思い出します。

【 新宿御苑 麺宿「志いな」の主なメニュー 】

潮そば 800円
醤油そば 800円
鶏白湯そば 850円
つけそば 900円

味玉 +100円
得製 +200円

なお得製は味玉、ローストポーク2枚、鶏ワンタン1個が追加されます。

自販機の横には紙エプロンもありました。

しばらく店内の椅子に座って待ちます。

厨房は4名。ポロシャツかTシャツにタオルを巻いています。すべて藍色みたいな色で統一している模様。全員真剣に調理していますが何か楽しげに見えます。

誰かが入店すると「いらっしゃいませ」の声に全員が呼応します。

それ自体はよくあることですが、掛け声だけで視線が合わないことが普通。しかしこちらはしっかり目を見て挨拶する人が多く感じが良いです。

カウンターは木でできていて、全体は白を基調にした品の良い空間です。

座席は厨房の前にカウンターが6席、壁側にカウンター3席、更に奥に4人掛けテーブル1卓あります。

しばらくして厨房前のカウンター席に案内されます。

調味料は白・黒に赤まで混じった胡椒が目に付きます。

説明書きはあるのですが、残念ながら自分の席からは見えません。ラーメン食べまくりバトルの情報だとスープの特長はこんな感じでした。

潮そば

大山鶏の銅ガラとモミジを厳選した数種類の香味野菜、真鯛のアラ、しじみと一緒に弱火で約3時間煮込み特製の塩ダレと合わせたもの。

鶏白湯

潮そばのスープに鶏のモミジと香味野菜を加え強火で約6時間トロトロになるまで煮込む。濃厚な鶏白湯スープを一晩冷蔵庫で寝かせたコラーゲンの塊を再び温めなおしたスープ。

時折ガスバーバーを炙る音がします。チャーシューを炙っているのでしょうか?

さて、しばらく待って得製 鶏白湯そばが着丼しました。

 

 

 

「麺宿 志いな」で頂いた得製 鶏白湯そば

周囲が黄色い可愛い雰囲気の丼です。

見るからに鶏白湯濃厚なスープ。

得製鶏白湯そば@麺宿 志いな 新宿御苑

 

トッピングは、ローストポーク、鶏チャーシュー、鶏ワンタン、味玉、キャベツ、九条ネギといった感じ。

さて、スープから頂きます。

おおっ、美味しい! 鶏濃厚ですが、後味はさらっとしています。最初に鶏の旨味がガツンと来て、後からしじみを中心にした魚介の旨味が口の中に広がります。

鶏濃厚と魚介を組み合わせたスープはあまり経験がないのですが、後味というか余韻が素晴らしいですね。思わずレンゲで4杯ほど飲んでしまいました。

麺は平打ち?の中細麺。もちっとした食感が特徴ですが、ほんのり固さもありよく考えられたバランスであることが分かります。

キャベツは汁に浸かっているのでクタッとしてるかと思いきやシャキシャキ。穂先メンマはコリコリながら、ほんのり竹の子の苦味もあり美味しい。

そしてローストポークが出色の出来。柔らかく上品な味。しっとりしているのに脂身もしっかり感じられます。ローストビーフぽい感じもあります。黒胡椒も効いている。

鶏チャーシューは厚さのあるもも肉。皮には焦げ跡があります。こちらも上品にまとまっています。

鶏ワンタンは餡がしっかり入っていてツルンとした皮の食感も良い感じ。

いやー、すごいな。スープが美味しいことは想像通りでしたが、ローストポークなどトッピングに関しては想像を上回る出来でした。

 

 

「麺宿 志いな」の行き方と営業時間

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目30−15 市川ビル 1F

新宿御苑駅から3分くらい。

新宿駅からだと新宿通りをずっと歩き、右側には新宿御苑が終わりそうな感じが見える「新宿一丁目」の交差点を左に曲がったところにあります。

【 新宿御苑 麺宿「志いな」の営業時間 】

11:00~16:00 / 18:00~21:00

定休日 無し

Twitterで無休になったとの情報がありました。こちらの写真もご参考に。

「麺宿 志いな」の感想と食べログ採点

【 新宿御苑 麺宿「志いな」の感想 】

・鶏白湯スープは鶏の旨味が濃厚であるだけでなく、あさりなどの魚介類の美味しさも存分に感じられる美味しいスープ。もっちりした平打の中細麺との相性もばっちり。

・トッピングが優秀。特にロースポークの出来が秀逸。

・店内の雰囲気良し。仲良さそうに作業している感じで見ていて気持ちが良い。挨拶する時も目が合う人が多いのも好印象。

・次回は潮そばを食べたいが、限定メニューも気になる。今後訪問することが増えそうな予感。

 

麺宿 志いなラーメン / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅
昼総合点★★★★ 4.3

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.