B級孤独のグルメ

目黒「とんき」とんかつの代名詞 創業80年超の歴史的名店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「とんかつ とんき」とは?

「とんかつ とんき」は1939(昭和14)年目黒に創業。2020年で80年を超える歴史があります。

現在の場所に移転したのは1967年(昭和42年)で、それだけでも50年以上が経過しているのですね。

 目黒の「とんき」と言えばとんかつの代名詞とも言える店で「とんかつ」というキーワードで連想ゲームをしたら「とんき」と答える人も多いのではないでしょうか?

「目黒」というキーワードでも「とんき」と答える人は多そう。

グルメで有名だった歴史小説家の故・池波 正太郎さんは「とんき」の大ファンだったそうで、自身の著作でも度々「とんき」を紹介していたとか。

自分はかつて武蔵小山に住んでいた頃に何度か目黒本店を訪問したことがあります。また今はなき「とんき」自由が丘店や、とんき系列の大森「よし川」にもそれぞれ数回訪問しています。

「とんき」同名の店は日本全国に多数存在しますが、正式に暖簾分けした店はぐるなびの記事によると7店舗。

ありふれた名前なので、たまたま店名が被っている店もあるんです。

うちから正式にのれんわけしているのは、東京だと「高円寺店」「駒込店」「国分寺店」「三軒茶屋店」の4店舗。東京都以外だと、「新潟店」「新発田店」「牛久店」の3店舗ですね。

そのほかにも「とんき」で修行された方が出された店は学芸大学の「かつよし」など多く存在します。

なお、現在の目黒「とんき」の食べログは3.77(2020.10.01現在)で百名店にも選ばれています。

さて、今回は久しぶりの「とんき」。

これまでの「とんき」のイメージと言えばとにかくサービスが良いこと。

おしぼりは食前だけでなく食後にも。キャベツやご飯はなくなるとすぐに注いでくれる。また、一昔前はありがたかった新聞やスポーツ新聞の提供もありました。

一見さんであっても店員の態度は上客を迎えるかごとくで、とにかくホスピタリティが最高でした。

反面、とんかつはそこまですごいの?という感じでもちろんまずいわけではないのですが、結構普通でそこまで美味しいとは思いませんでした。

こんな一昔前のイメージのまま今回目黒とんきを訪問したのですが、サービスは悪くないものの以前ほどすごいと思わなかった反面、とんかつがすごく美味しくなっていて驚きました

 

 

とんかつ とんき 目黒本店の外観、メニュー、店内の雰囲気

目黒駅から数分。権之助坂を少し下って左折したところに「とんき」はあります。

メインは調理が目の前で見える1階の広いカウンター席ですが、2階にテーブル席もあります。

日曜の夜19時15分ころ。人が並んでいないのでしめしめと思いましたが、

店内で座って待っている人が多数!結局着席するまで25分ほど待ちました。

おやっと思ったのはペイペイに対応していること。

後から分かったのですがクレジットカードにも対応していました。とんかつ店はクレジットカード対応が極端に少ないのでこれは珍しい。外人客を見込んでの導入でしょうか?

自分は食後にクレジットカードで払いました。

「とんき」もコロナ対策はかなりしっかりしていました。

座席と待ち席との間隔を空けているとのこと。待ち時間が長くなったのはこの影響も大きそう。

さて、店内に入ると老シェフから「ロース?ヒレ?」と声がかかったのでややびっくり。ただ自分はロースしか食べないので「ロースで」と答えました。

メニューは壁に貼られているだけ。後できちんと写真を撮ることができたのでここに掲げておきます。

目黒 とんかつ とんき 本店のメニュー

目黒 とんかつ とんき 本店のメニュー

 

【 目黒 とんかつ とんき のメニュー 】

ロースかつ定食 2,100円
ヒレかつ定食 2,100円
串かつ定食 1,600円

ロースかつ 1,400円
ヒレかつ 1,400円
串かつ (1人前2本) 900円
ご飯 (お新香付き) 350円
とん汁 350円
お新香盛合せ 400円

御酒 600円
ビール (中瓶) 600円
ビール(小瓶)・ノンアルコールビール 400円
ソフトドリンク・キリンレモン・オレンジ・ウーロン茶 200円

メニューは基本三択。「ロース、ヒレ、串カツ」です。

それにしても値上がりしたなぁという感想。自分が通っていた頃は1,500円。1,700円のこともありました。また事前の調査では1,900円でしたが、更に上がりしたようです。

店内の雰囲気は以前と変わりません。鉄道の駅にあるようなシンプルな大時計がかっこいい。

厨房は役割分担がしっかりしていて、1人1作業という感じ。効率は良さそうですが、飽きないのかな?

席は一端座ると移動する必要がありません。店側で順番を管理しています。移動する必要がないのは楽で良いですが、後何人で座れるかは分かりません。

さて、20時15分ころようやく自分の順番が呼ばれて着席します。

座席の下には荷物置きがありました。

最初にお茶と紙おしぼりを持ってきてくれます。

紙おしぼりに少し違和感。以前は布おしぼりでした。また食後のおしぼりサービスはありませんでした。

時代を反映してか新聞のサービスはなくなっていました。まあ以前は少し過剰な感じもありましたが、それにしても全体的にあっさりした感じの接客になっています。

卓上の調味料はソースと七味のみ。

今風に岩塩は用意していませんね。またキャベツ用のドレッシングもありません。

さて、最初にご飯と味噌汁が来て、すぐにロースかつも提供されました。

 

 

とんかつ とんき 目黒本店で頂いたロースかつ定食

とんかつを縦横に切るのが「とんき」のスタイル。

ロースかつ定食@とんかつ とんき 目黒

ロースかつ定食@とんかつ とんき 目黒

 

懐かしいです。

キャベツはすごくシャキシャキという感じではありませんが、クタッとはしていません。程よく水分を含みすごく美味しい。

この後すぐになくなりますが、すぐに店員さんが「お代わりいかがですか?」とやってきて注ぎ足してくれました。

味噌汁は普通の味噌汁と豚汁の中間くらい。

良いとこ取りな感じで美味しいです。

ロースかつ@とんかつ とんき 目黒

ロースかつ@とんかつ とんき 目黒

 

さてロースかつ。まずは何もつけないで食べようとしますが、とんかつの表面を見て少し違和感。

かなり脂肪分が見えます。以前は脂身がすごく控えめだった気がするのですが。

そして食べてみるとびっくり。すごく美味しい!脂身しっかりながら上品。もたれる感じはありません。サクサクの薄い衣は以前の印象と同じですが、とんかつに関しては別物のように感じました。

以前よりも全然美味しい豚を使っていると思います。値上げの理由もそのせいと考えると納得がいきます。

ただ、衣は上半分はしっかり、下半分は剥がれやすい。別に剥がれてもそんなに味は変わらないのですが、少し食べにくいですね。

それはともかく、とんかつの質に関しては今風に寄せてきたようで、柔らかジューシーでしっかり食べごたえがありました。箸が進むので思わずご飯もお代わり。

今回久しぶりに「とんき」に来て店の雰囲気以外は以前と全然違うように感じました。サービスは悪くないものの以前のようなホスピタリティはあまり感じませんでした。

ただ、とんかつが格段に美味しくなっていたので無問題でしょうか。

 

 

とんかつ とんき 目黒本店の行き方と営業時間

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1丁目1−2

こちらはJR目黒駅西口付近。

右前方に「ドン・キホーテ」がプロデュースする赤い看板の「ピカソ」が見えますが、その手前を左折するとすぐに「とんき」が見ます。

【 目黒 とんかつ とんき の営業時間 】

16:00~22:45(L.O.)

定休日 火曜・第3月曜(年末年始・夏季休業あり)

「とんき」に昼営業はありません。

とんかつ とんき 目黒本店の感想と食べログ採点

【 目黒 とんかつ とんき の感想 】

・以前と大幅に変わっていてびっくり。サービスは簡素になっていたがとんかつの質は大幅に向上しているように感じた。

・歴史を感じる店の雰囲気は最高。客層も良い感じ。

・ロースかつ定食2,100円はボリュームからすると高めと思うが、店の雰囲気や肉質を考えると妥当か。

とんかつ とんき 目黒本店とんかつ / 目黒駅不動前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.