B級孤独のグルメ

飯田橋「つじ半 神楽坂店」ぜいたく丼は絶品で店の雰囲気も良し!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

「つじ半」とは?

ラーメンの「つじ田」と天丼の「金子之助」がコラボした海鮮丼の店。この2店、一見関係なさそうですが創業者が幼馴染だそうで兄弟会社のような絆があります。

日本橋の「稲庭うどんとめし 金子半之助」は「金子半之助」と「つじ半」と今はなき湯島の稲庭うどんの名店「醍醐」が合体した店で自分も何度か行ったことがあります。

実はここでうどんと一緒に「つじ半」の「ぜいたく丼」は食べたことがあったのですが、「つじ半」本体には行ったことがありませんでした。

しかし、先日品川の「なかめのてっぺん」で「つじ半インスパイヤ系」な海鮮丼を食べてきました。

これはなかなか美味しかったのですが、本家を食べたことがないのはよろしくないな、と何かもやもやした気分。早速本家に行くことにしました。

日本橋の「つじ半」本店はすごい行列との噂だったので、冷静に今回は飯田橋神楽坂の二号店に行ってきました。

日本橋海鮮丼「つじ半」神楽坂店の外観、メニュー、店内の雰囲気

飯田橋駅から神楽坂を数分登ったところに「つじ半」はありました。

大きく丼の文字が見えます。

実は地下に行列があるのでこちらかと思いきや違いました。地下はとんかつの有名店「あげづき」。チェックしていた店がこんな所にあった という感じだったので、近い内に行こうと思います。

つじ半は一階の右奥の方。少し敷居が高そうですが、そんなことはなく快適な空間が待っていました。板前さんから感じよく声をかけてもらいます。

中は14席ほどの長いカウンター。一瞬満席かと思いましたが奥の方に1席空いていました。時刻は平日の7時半頃。

メニューは海鮮丼のみですがランクがあります。

【 つじ半の メニュー】

梅 1,080円
竹 (梅 + かに増量 + いくら) 1,480円
松 (竹 + かに増量 + うに) 1,980円

いくら増し+300円
うに増し+500円

迷いますが竹をうに増しでお願いしました。ただよく考えてみると松を選んだのと同じだったようです。

おいしいお召し上がり方

1. 最初に黄身醤油をお出ししますので、わさびを溶いて余すことなく丼にかけてお召し上がりください。
2. 別皿の刺身は締めの鯛だし用に二切れ残してお召しあがりください。
3. お好みのタイミングで、鯛だしをお入れいたしますので、板前までお申し付けください。
(ご希望により御飯を追加いたします。)
4. 鯛だしがはいりましたら、盛った刺身をいれてお召し上がりください。
※以上はあくまで店主のオススメの食べ方なので、お客様のお好みで召し上がってください。

日本橋 海鮮丼 つじ半

「おいしいお召し上がり方」ですが、なんと品川の「なかめのてっぺん」で見たのとほぼ同じです。「なかめ」さん、料理をパクるのは良いですが、これまでパクるのはやりすぎでは?

しかし、少し照明が暗く秘密の場所のような店内の雰囲気が良いです。そして板前のさんの真剣な表情。1人でもくもくと準備されているのが見えます。

箸やスプーンの感じ。

美味しそうなガリと黒七味。雰囲気も含めてインスパイヤ系とは100%違いますね。

刺身の塊はある程度準備済みのようで、早く出てくるかな?と思いきや1人の板前さんが実に丁寧に1つ1つ準備されています。

数人一度に出されましたが、見た感じは全部同じなので竹+うに増しになっているか少し心配でしたが、出される際にそのように告げてくれたので大丈夫でしょう。

 

 

日本橋海鮮丼「つじ半」神楽坂店で頂いた ぜいたく丼

丼が出される少し前に刺身と黄身醤油が出されました。

刺身は鰤のようです。そして続いてお待ちかねのぜいたく丼が。

ぜいたく丼 竹 うに増し@日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店

 

黄身醤油をかけ、タワーを撮ります。うにもいくらも見えます。もちろん注文に間違えはありませんでした。

まずは一口。

うん、美味しいです。なんだろこの感じ?刺身は単体で食べてももちろん美味しいですが、様々な刺身が混じり合った食感は他では味わえません。

マグロ・中落ち・ボタン海老・イカ・つぶ貝・ミル貝・イクラ・きゅうり・数の子そしてウニまで混じっていますが、嫌いなものなのないのでどの組み合わせも最高です。

箸を取る毎に味変するのも楽しい。見て楽しく、食べて楽しい。

そして、ゴマや小さく刻んだシソも良い働きをしています。さきほどシソを細かく刻んでいたところを見ていましたが、これが更に味に深みを増してくれます。

ただ残念ながらウニ増しにしてもそこまで雲丹の感じはありませんでした。この調理だと仕方がないですね。

ご飯はそこまで多くなく、あっという間に完食。ご飯は追加してくれるので残しておかなくても大丈夫です。

そしてお出汁にご飯を注文しました。

鯛茶漬けに、

鯛茶漬け+ブリの刺身@日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店

 

鰤を投入して完成。

まずはスープをすすると、しっかりと鯛が効いています。塩分控えめでそこまでインパクトはないですが、旨味がしっかり。いやあ、素晴らしい。

雰囲気も食事もよく大満足です。

隣の人が食べていた梅もちらっと見ましたが、全然問題なさそう。それが1,080円はコスパも素晴らしいと思いました。

日本橋海鮮丼 「つじ半」 神楽坂店の行き方と営業時間

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目2

地下鉄飯田橋駅B3出口からだと徒歩2分、JR飯田橋西口は少し神楽坂まで遠いので徒歩5分くらいです。

【 日本橋海鮮丼 「つじ半」 神楽坂店の営業時間 】

月~金 11:00~15:00(LO)、17:00~21:00(LO)
土日祝 11:00~15:00(LO)、17:00~21:00(LO)

定休日 年末年始を除く不定休

日本橋海鮮丼 「つじ半」 神楽坂店の感想と食べログ採点

【 日本橋海鮮丼 「つじ半」 神楽坂店の感想 】

・丁寧に作られたぜいたく丼が最高。鯛出汁茶漬けも最高で言うことなし。

・隠れ家のような雰囲気が素晴らしい。

・板前さんやスタッフの対応も良い感じでサービスも素晴らしかった。

日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店海鮮丼 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★★ 4.1

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.