B級孤独のグルメ

神楽坂「誇味山 奏」高級焼肉店の新業態は焼肉丼が990円!Jロックの聖地になる?

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

誇味山(こみやま)とは?

西麻布の「誇味山」は2019年1月にオープン。一頭買いした極上の黒毛和牛を焼肉をメインにした店で食べログは3.81 (2020.08.25現在)。

コースは17,000円!とB級グルメの自分には縁遠いはずの店ですが名前は知っていました。

それはやたらと芸能人が推奨するため。何か太いパイプがあるのかな?また「誇味山」と書いて「こみやま」と読むものも面白いなと思い印象に残っていました。

食べログには料理人の紹介があって、それを読むと店名の由来が推測できます。

肉を熟知した気鋭の料理人、込山秀規氏

料理人、込山秀規氏は27歳の時に脱サラ後、焼肉店『ら・ぼぅふ』(用賀)の店長に就任。肉のカットを独学で習得し、当時では珍しいA5ランク牛の一頭買いを行う。それをきっかけに繁盛店へと発展させた。後にA5ランクの黒毛和牛にこだわった『コソット』(駒沢)をオープン。さらに『コソットエスピー』(麻布十番)、そして2019年1月、独立して『誇味山』を開業。肉へのこだわりと愛情が溢れる一品をご提供いたします。

誇味山という名前はオーナーの込山秀規さんから取ったものか。A5ランク牛の一頭買い。現在ではこれを掲げている店も多いですが、その草分け的な存在だったのですね。

最初に「誇味山」の名前を知ったのは独特のノリが面白いフジテレビの「寺門ジモンの取材拒否の店」。

2019年4月5日の「寺門ジモンの取材拒否の店 2019春」でジモンさんは「誇味山」の「タン塩&タレタン」を紹介していました。

また今回調べていて分かったのですが、寺門ジモンさんは9月に「誇味山 奏」を紹介する予定のようです。

日時:2020年09/04 (金) 00:40~01:10

放送局:スカパー!CS309「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」

番組名:「寺門ジモンの肉専門チャンネル」#74「車力門 ちゃわんぶ」「誇味山 奏」

また、西麻布「誇味山」はコロナ渦でテイクアウトを開始。You Tubeでアンジャッシュの渡部建さんが紹介していたのですが、カレーライスと牛丼が500円!

高級店が思い切ったことをやるなあと驚きました。

その後、「誇味山」の2号店「誇味山 奏」が2020年6月13日に神楽坂にオープンした事を知ります。

 「誇味山 奏」は西麻布の「誇味山」と同じ個体の肉を使っていて焼肉丼はなんと990円!とか。

B級グルメの自分でも安心して行ける値段です。これは行かねば。

 

 

松潤にワンオク タカ 誇味山 奏 (こみやま そう) と芸能人

という訳で、今回は「誇味山 奏」で焼肉丼を食べてきたのですが、これを書くにあたり調べたところ有名人の名前が出るわ出るわ。

最初に「誇味山 奏」でググったのら嵐の松本潤さんの名前が出てきたのでTwitterで調べると開店時に花束を贈られたみたいですね。

「ONEOKROCK」のTaka さんと「MY FIRST STORY」のhiro さんなどJロックの人気者たちからも。他のTwitterをみたら、他の邦ロック勢からの花束もあるようです。

自分はJロックには疎いのですが、いかにもすごそうなメンツで「誇味山 奏」はJロックファンの聖地になりそうな予感がします。

なお、自分が行った時は気づかなかったのですが、店内には彼らのサインがあるようです。見ておけば良かったな。

 

 

神楽坂 誇味山 奏の外観、メニュー、店内の雰囲気

そんなに広くはないけど分かりづらい神楽坂。地図では先日行った「カルボナーラ専門店 ハセガワ」の近くですが。

店が近づいてから少し迷ってその辺りをぐるぐる。少し小高いところになんとか「誇味山 奏」を発見しました。

やってる?平日の13時15分頃ですが、店内は暗く店の外には活気がありません。

「Open」とあるのでやっているようです。

店の中に入ると奥から感じの良い挨拶が。一安心です。最初に手動で検温をされました。

そして目の前に券売機が。木の枠を別に用意してディスプレイを貼り付けたような凝った作りになっています。

誇味山 奏の券売機 1

誇味山 奏の券売機 1

 

最初の画面が「店内」「お持ち帰り」になっていました。お持ち帰りで利用する人も多いのでしょうね。

「店内」をプッシュするとセットメニューが。

誇味山 奏の券売機 2 セットメニュー

誇味山 奏の券売機 2 セットメニュー

 

セットメニューはあまり考えいませんでしたが、すだち冷麺は気になる。左の上の法則でこれにしようか?

焼肉丼やカレーの単体メニューもありました。

誇味山 奏の券売機 3 ごはん

誇味山 奏の券売機 3 ごはん

 

また、うどんや冷麺の単体メニューもあるようです。小考して炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セットにしました。

【 神楽坂 誇味山 奏の主なメニュー 】

炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セット 1,490円
炭火焼肉丼 卵黄のせ+ミニすだち冷麺セット 1,570円
冷やし和牛肉うどん+ミニカレーセット 1,390円
和牛肉うどん+ミニカレーセット 1,390円

炭火焼肉丼 肉吸い付 990円
炭火焼肉丼 卵黄のせ 肉吸い付 1,070円
誇味山のカレー ポテサラ付 990円
(ライス少なめの方 ドリンク1杯サービス)

和牛肉うどん(温)990円
冷やし和牛肉うどん 990円
和牛すだち冷麺 990円

なお、この券売機お札を入れる場所はすぐに分かりましたが、小銭を入れる場所が分かりにくく一瞬小銭は使えないのか?と思いました。

店内は空いていました。先客は2名ほど。

1階はシックな感じではありますが打ちっぱなしを基本とした簡素な作り。カウンター席とテーブル席があり、テーブル席もカウンター席のように使われています。

「誇味山 奏」の一階は終日安いメニューが食べられるようで、ランチだから安いという訳ではないようです。二階は夜のみの営業で要予約。値段も高級焼肉店のそれ。

調理場は少し離れていて調理の様子は雰囲気しか分かりません。

調理は丁寧で時間がかかるようです。

BGMは洋楽。ブルゾンちえみの「35億」の原曲らしきものを初めて耳にします。

さて10分少々待って炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セットがやってきました。

 

 

神楽坂 誇味山 奏で頂いた 炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セット

冷麺は思ったよりも小ぶり。

炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セット@誇味山 奏 神楽坂

炭火焼肉丼+ミニすだち冷麺セット@誇味山 奏 神楽坂

 

炭火焼肉丼、ミニすだち冷麺セット、牛吸い。それに七味と追いダレ。

味は別に薄くなかったので追いダレは使いませんでした。

最初に牛吸いを。牛の吸物ということでしょうが、もしかしたら初めてかも。

牛吸い@誇味山 奏 神楽坂

牛吸い@誇味山 奏 神楽坂

 

おおっ、かなり濃厚で和の出汁も効いています。あまり飲んだことのない種類のお吸い物ですが、すごく美味しい。

これで食事への期待が高まりますが。

炭火焼肉丼のトッピングはキムチ、青ねぎ、ガリ。

炭火焼肉丼@誇味山 奏 神楽坂

炭火焼肉丼@誇味山 奏 神楽坂

 

あれっ?脂身の美味しさがまるで感じられません。

後から調べるとこちらの肉は脂と筋を落とした肉だとか。なるほど。

上品な肉でこちらの方が良いという人もいると思いますが肉の旨さは脂身にあると思っている自分にはやや物足りません。

また炭火焼きというのが謎。この薄さでは焼くことは無理では?という気も。

それでもキムチの味変、ガリの味変、効果的な青ネギなどうまくまとまっていて全体として美味しいことには美味しいのです。

そしてすだち冷麺。

ミニすだち冷麺セット@誇味山 奏 神楽坂

ミニすだち冷麺セット@誇味山 奏 神楽坂

 

具は青ねぎ、糸唐辛子、キムチ、すだち。一部凍っていて凝っているのは分かります。

冷麺のコシはそこそこ。ただ最近強烈にコシのある冷麺を食べたせいかかなり普通に感じます。

スープは甘酸っぱい感じで、すだちが更に酸味を加えます。涼し気な感じは出ていますが、ベースとなるスープの味が分かりにくい。

量も少なくあっという間に食べ終わります。

やや、セットを頼んだのに量的にも物足りない気持ちで退店。

しかし、接客は終始すごく丁寧で、帰り際は外まで出て挨拶してくれたのにはびっくりしました。

 

 

神楽坂 誇味山 奏の行き方と営業時間

〒162-0827 東京都新宿区若宮町10 プレール神楽坂 1F 2F

【 神楽坂 誇味山 奏の営業時間 】

1階 11:00~14:00 / 17:00~23:00
2階 17:00~24:00 要予約

定休日 月曜日(月曜祝日の場合は翌日が休み)

食べログの客単価は昼が1,000円~1,999円、夜が15,000円~19,999円とありましたが、1階と2階の客単価と言い換えて良さそうです。

神楽坂 誇味山 奏の感想と食べログ採点

【 神楽坂 誇味山 奏の感想 】

・炭火焼肉丼は脂身を抜いているせいか上品。ただ、薄くて力弱く少し物足りない。すだち冷麺はベースとなる味が分かりにくい。牛吸いは濃厚な味でとても美味しかったけど。

・雰囲気は簡素な感じだが品よくまとまっている。ランチの1人客なのに接客がとても良くてびっくり。

・行く前は高級焼肉店でこの値段は安いのでは?と思ったが、食べた感じは妥当、あるいはやや高いかな?

誇味山 奏焼肉 / 牛込神楽坂駅飯田橋駅神楽坂駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.