B級孤独のグルメ

六本木「ヤミーズ 旧ヤム邸」大阪発の激ウマ!スパイスカレーは和印折衷で個性的

WRITER
 
2nd 月替わり2種+ヤムカレー@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

大阪発の大人気カレー「旧ヤム邸」とは?

「旧ヤム邸」は2011年10月に、大阪「空堀(からほり)商店街」沿いにオープンしたカレー店。

ホームページによると建物はレトロで、130年以上の歴史があるとか。「旧ヤム邸」という個性的な店名もおそらくヤムさんという外国人がかつて住んでいた家という文字通りの意味だと思います。

旧ヤム邸のカレーは以下のように紹介されていました。

旧ヤム邸のカレー

カレーはスパイシーでサラッとしたルウと
牛、豚、鶏、羊、鴨などを自家挽きしたキーマルウが中心になります。
それらのルウに四季折々の美味しい野菜や、
丁寧に仕込まれたお肉等を贅沢に盛り付けて旧ヤム邸のカレーを完成させます。
カレーに使用するスパイスは原形を粉砕し、じっくり焙煎したものを主に使用します。
若鶏ガラ、豚骨、牛骨、香草などをじっくり煮込んだ‘ぶっとい’ブイヨンに
昆布、しいたけ、鰹などでとる和風だしを合わせたものをベースとしています。
味付けは粗塩、醤油、味噌などでシンプルに。
香り高いカルダモンを最後にたっぷり加えて皆様のもとにお届けいたします。

写真を見るといかにも本格的なインドカレーに見えたのですが、実際はスパイスをたくさん使うものの味付けは結構和風なんですね。

この「旧ヤム邸」の名前を初めて知ったのは下北沢のカレーを調べていた時。「旧ヤム邸 シモキタ荘」は大変な評判になっていて大人気店のようです。

食べログによると「旧ヤム邸」の店舗は5軒。

【 旧ヤム邸の店舗と食べログ点数 2021.03.01現在 】

旧ヤム邸 シモキタ荘 下北沢 3.82 百名店
旧ヤム邸 空堀店 谷町六丁目 3.77 百名店
旧ヤム鐵道 大阪駅 3.75 百名店
旧ヤム邸 中之島洋館 3.71 百名店
ヤミーズ 旧ヤム邸 六本木 3.54

今回は六本木に行くついでに「ヤミーズ 旧ヤム邸」へ。2020年6月オープンのせいか他店舗ほど食べログの点数が高くありませんが、こちらも熱い書き込みが多く大評判になっているようです。

さて、「ヤミーズ 旧ヤム邸」で食べた感想ですが、かなり個性的なカレーですごく美味しい。旨味を言葉にするのが難しい感じでしたが大満足でした。

大阪発のカレーといえば、昨年頂いた田町の「ゼロワンカレー」がヤバいくらいに美味しかった。

「ヤミーズ 旧ヤム邸」も同様に素晴らしいクオリティでした。大阪のカレーはあまり意識したことがなかったのですがレベルが高いですね。

 

 

六本木 ヤミーズ 旧ヤム邸の外観、メニュー、店内の雰囲気

「ヤミーズ 旧ヤム邸」は「六本木ヒルズ」のノースタワーの地下にあります。

日比谷線の六本木駅からだと六本木ヒルズに至る地下道の途中といった場所。

何かアメリカンな感じで「SPICE DRIVE-IN Yammy’s KYU YAM TEI」と書かれています。

猫のイラストがありますが、空堀の「旧ヤム邸」には猫が住みついているそうで、「旧ヤム邸」のシンボルです。

こちらが正面入り口。

メニューが置かれています。

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の店頭にあったメニュー

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の店頭にあったメニュー

 

1番安いセットは税別900円から。

入店の意を示すと、若い女性店員が奥のテーブル席へ案内してくれます。

テーブルは独特。

インベーダーゲームのイラストが貼られています。目の前には仕切り板。

さて、じっくりメニューを見ます。

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の店内メニュー

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の店内メニュー

 

1stはカレー1種類、2ndはカレー2種類、3rdはカレー3種類、Maxはカレー4種類でカレー1種類につき+200円。ただこれら全てにヤムカレーが付くので最低でもカレーは2種類になります。

さらにヴィーガンカレーまであります。用意するの大変だろうな。

お米は玄米、ターメリック、スパイスライス(+50円)から選択。

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の今月のカレー

六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の今月のカレー

 

今月のカレーはかなり個性的。すぐに味が想像できないものばかりです。

【 六本木 ヤミーズ旧ヤム邸の今月のカレー 】

長いもとオリーブの白い鶏キーマ
白菜とアサリを煮込んだ味噌仕立て豚キーマ
金柑とスパイス発酵大根の牛豚キーマ
高菜の旨味と食べるココナッツベジカレー

サイドディッシュはデフォルトがチキン。豚バラのヤムルーローが+100円、マトンのアチャールが+100円。

ヤムルーローは台湾のルーローファン(魯肉飯)の上に載っているルーローぽいものでしょうか?

結局2nd (月替わり2種+ヤムカレー)にすることに。ご飯はターメリックライス、月替りは「長いもとオリーブの白い鶏キーマ」と「白菜とアサリを煮込んだ味噌仕立て豚キーマ」でお願いしました。

日曜の18時過ぎでしたが店内はほぼ満席。

何かファッションにも気を使っている大人が目立ちます。そういう人たちを引きつける店ということなんでしょうか?

そこまで広い訳ではありませんが全体的に居心地が良い。長居したくなるような空間でした。

 

 

六本木 ヤミーズ 旧ヤム邸で頂いた 2nd(月替わり2種+ヤムカレー)

プレートに載って2ndが登場。

2nd 月替わり2種+ヤムカレー@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

2nd 月替わり2種+ヤムカレー@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

 

品数豊富でむっちゃ豪華。カレーを除いたこのプレートだけでも只者でない感じ。

サフランライスはしっかり黄色。ケチったものだと黄色が薄いことがありますが、こちらは本物。

カレーも見るからに只者ではありません。

長いもとオリーブの白い鶏キーマ@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

長いもとオリーブの白い鶏キーマ@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

 

こちらは実に円やかで優しい味わい。キャベツがしっかり煮込んであってトロトロな感じも良いですね。このトロトロ感の正体が長いもかな?オリーブを刻んだものも入っています。

鶏肉の旨さもしっかり。スパイスもしっかり入っていてカルダモンは実ごと入っていました。

白菜とアサリを煮込んだ味噌仕立て豚キーマ@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

白菜とアサリを煮込んだ味噌仕立て豚キーマ@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

 

こちらはパンチが効いた味わいでアサリの旨味がしっかり。味噌は濃厚。スパイス強めです。味噌とカレーを合わせるという発想がなかったのですが合いますね。ご飯が進みます。

付け合せはチキン、サラダ、煮込んだかぼちゃ、煮込んだズッキーニ、紫キャベツの浅漬、紅白なますと種類豊富。

チキンはカレー風味ですがそこまで辛くありません。柔らかく美味しい。

サラダは味がついていなのでカレーをつけて頂きます。カレーがあればドレッシングは不要。

また漬物の酸味も良いですね。良い感じの味変になります。

ヤムカレーは異質。

ヤムカレー@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

ヤムカレー@ヤミーズ旧ヤム邸 六本木

 

少し苦く薬膳スープのような感じがします。最後は余ったのでそのまま飲みましたが正しい食べ方だったかな?

いやぁ、充実したプレートでした。1,000円少々でこれだけ多くの味が違うものを1度に食べられるのは良いですね。

下北沢の「旧ヤム邸 シモキタ荘」にも近いうちに行きたいと思っています。

 

 

六本木 ヤミーズ 旧ヤム邸の行き方と営業時間

〒106-0032 東京都港区六本木6丁目6−2−31 B1F

東京メトロ日比谷線六本木駅直結

【 六本木 旧ヤム邸の営業時間 】

営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:00)

下記の通り営業時間を変更しております。
・店内営業 11:00〜20:00 (L.O19:30)
・テイクアウト 11:00〜21:00

定休日 年中無休

六本木 ヤミーズ 旧ヤム邸の感想と食べログ採点

【 六本木 旧ヤム邸の感想 】

・スパイスたっぷりだが、和の食材も多数使った独創的なカレーが最高に美味しい。インド風でも和風でもない和印折衷とう感じの素晴らしいカレーだった。

・付け合せが豊富で、いくらでも味変ができ、食べていて楽しくなる。

・店内の雰囲気も良し。接客も丁寧。客層も良い感じだった。

ヤミーズ 旧ヤム邸カレー(その他) / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.