B級孤独のグルメ

担々麺大好きB級グルメブロガーが選ぶ 2020東京 担々麺 ベスト12

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

今回は担々麺大好きB級グルメブロガーが選ぶ「2020年東京 担々麺 ベスト12」です。一部2019年に訪問した店も含みます。

第1位 赤坂 希須林 (きすりん)

第1位は赤坂の「希須林」。

珍しく自分とは縁の深い店で、以前にあった阿佐ヶ谷のモダン中華の名店「小澤」系列の店。「小澤」には何度か訪問したことがありますが何を食べても絶品でした。

現在の「希須林」の店舗は赤坂の他に青山と軽井沢にあります。

「希須林」の担々麺は練り胡麻がたっぷり入ったクリーミーなスープ。痺れがないので今風の担々麺とは言えないかもしれませんが、とにかく美味しい。

排骨担々麺 大辛@希須林担々麺屋 赤坂店

排骨担々麺 大辛@希須林担々麺屋 赤坂店

 

パンチのある辣油の辛さと甘みもある胡麻のコンビネーションが最高。

排骨は熱々で表面カリカリ。適度にジューシーな感じも良くこれも絶品。

担々麺 大辛@希須林担々麺屋 赤坂店

担々麺 大辛@希須林担々麺屋 赤坂店

 

干しエビが良いアクセントになっている担々麺も最高に美味しい。

ライスに美味しいザーサイが無料。接客が素晴らしくサービス良し。

手頃な値段なのに外観も内観もすごくおしゃれ。

赤坂希須林の外観

赤坂希須林の外観

 

担々麺のクオリティ以外にも加点できる要素が多数。ということで今回1位に選ばさせて頂きました。

第2位 湯島 阿吽本店

今流行りの辛さも痺れもしっかりの本格的な担々麺に関しては自分はずっと湯島「阿吽」と「雲林坊」が東京のツートップだと思っています。

ただ最近このレベルの店がすごく増えてきて評価が難しくなっていますが。

さて、「阿吽」黒胡麻担々麺。見ただけで美味しそうだと思いませんか?

黒胡麻担々麺@阿吽 湯島本店

黒胡麻担々麺@阿吽 湯島本店

 

「阿吽」でおすすめの「辛さ3、痺れ3」にすると辛さと痺れが結構なもの。しかし黒胡麻が良い感じにサポートとしてくれます。

更にそぼろ肉や干しエビ、水菜などが辛さをうまく緩和してくれて新しい味を作り出してくれます。

もっちりした麺も最高に美味しい。

汁なし担々麺も同様。

黒胡麻担担麺つゆ無し@阿吽 湯島本店

黒胡麻担担麺つゆ無し@阿吽 湯島本店

 

サーフボード型の丼が可愛い。汁ありと似た具材ですが、完璧なバランス。夏はこちらですね。

「阿吽」は2019年3月に東京駅KITTEにオープンしたラーメン複合施設「ラーメン激戦区」にも出店しています。

こちらも本店同様に安定の美味しさでした。詳しくは以下の記事をどうぞ。

「阿吽」は湯島、東京駅の他に浅草と北浦和にも店舗があります。

 

 

第3位 新宿 AFURI 辛紅 (からくれない)

2020年1月現在、国内と海外に19店舗もある大人気ラーメン店「AFURI(あふり)」が立ち上げた辛いラーメンの新ブランドが「AFURI 辛紅」。

いかにも辛そうな名前ですがこちらの担々麺が最高に美味しかった。

辛紅担々麺@辛紅 新宿サブナード

辛紅担々麺@辛紅 新宿サブナード

 

シャープにかなり辛いスープですが、動物系の旨味がしっかり下支えしていてゴマもたっぷり。コクがあって美味しいスープだった。

また、モチモチの平打ち中太麺も美味しい。椎茸、チンゲンサイ、挽肉、松の実など具も優秀。

アフリ同様に店の雰囲気はスタイリッシュ。お値段は少し高めですが、払う価値はあると思います。

ただ「AFURI 辛紅」はどんどん増えるかと思いきや1号店の池袋店は早くも閉店。コロナ渦の影響と思われますが、コロナが落ち着いたら店舗が増えていく予感がします。

 

恵比寿「AFURI」で定番の柚子塩らーめんを頂いた記事にはこちらからどうぞ。

第4位 広尾 はしづめ

広尾の「はしづめ」は食べログ3.81 (2020.12.01現在)。

2018年と2019年にミシュラン一つ星、2016年と2017年にミシュラン ビブグルマンに選ばれた中華店です。

高級中華店でB級グルメな自分には縁のなさそうな店ですが、ランチは比較的お手頃な値段(1,300円)で担々麺が頂けます。

製麺所が経営しているので麺は7種類から選べます。

はしづめの7種類の麺

はしづめの7種類の麺

 

今回は刀削麺の汁なし担々麺を頂きました。

刀削麺の汁なし担々麺@はしづめ 広尾

刀削麺の汁なし担々麺@はしづめ 広尾

 

辛さは後からピリリとくる感じでしょうか?しびれもそれほど強くなく全体的にマイルドな担々麺です。黒酢はやや強め。ど太い刀削麺が美味しいです。

更にランチは+350円で北京ダック!が頂けます。

北京ダック@はしづめ 広尾

北京ダック@はしづめ 広尾

 

これも美味しかったな。雰囲気良しで温かみのある接客も素晴らしい。日頃はB級専門でもたまにA級な雰囲気を味わいたいという方にお勧めです。

 

 

第5位 つるや 新橋

新橋の「担々麺つるや」閉店した赤坂の人気店「東京麻婆食堂」のシェフが新たに始められた店。

「東京麻婆食堂」には行ったことがありました。

「ホンマでっか!?TV」の人気コーナー「ホンマでっか!?レストラン」で「東京麻婆食堂」鶴保裕介さんが麻婆豆腐を実演調理していたのを見たからです。

という訳で新店とはいえ「担々麺つるや」は行く前から美味しいのが分かっていました。

汁無し担々麺@担々麺つるや 新橋

汁無し担々麺@担々麺つるや 新橋

 

汁なし担々麺のレベルは予想通りかなりのもの。

花椒ががっつり効いいて辣油の辛さとほんのり酢を感じるスープが美味しい。ごろっとした挽き肉や甜麺醤がうまく混ざった肉味噌も秀逸。もっちりした平打ち麺も美味しい。

ビルの3階にあって目立たないためかそこまで混んでいない様子。穴場だと思います。

第6位 新橋 麺恋処 き楽

新橋の「麺恋処 き楽」は2012年オープン。熱狂的なファンが多い代々木「麺恋処 いそじ」の姉妹店です。

「麺恋処いそじ」タピオカ粉入りという自家製麺は気持ちが良いくらいモチモチですが、「麺恋処 き楽」で頂いた冷やし坦坦も同様でした。

冷やし坦坦@麺恋処 き楽 御成門

冷やし坦坦@麺恋処 き楽 御成門

 

スープは胡麻+豆乳スープにモチモチの自家製麺が素晴らしい出来。具の組み合わせはオリジナリティが高いものの食感などバランス良くまとまっていて完成度が高い。

そこまで辛くないですが美味しかったなぁ。

和食店を思わせる店構えが渋い。店内もスペースに余裕がある。接客も丁寧。

冷やし坦々は限定メニューでしたが、辛味噌担々麺がレギュラーメニューにあるようです。

 

姉妹店、代々木「麺恋処いそじ」の記事はこちらからどうぞ。

 

 

第7位 池袋 中国家庭料理 楊2号店

池袋の「中国家庭料理 楊 2号店」は「孤独のグルメ」のSeason1の第3話に「豊島区 池袋の汁なし担々麺」として登場。

人気ドラマ「孤独のグルメ」に登場した店は流行るという噂がありますが、その中でもかなりの恩恵を受けた店の1つだと思います。

主演の松重豊さんは役とは違い実は酒豪。そこまで食べることに興味がないそうですが、「楊 2号店」はあまりに美味しくて印象に残ったために後日プライベートでも訪れたとか。

汁なし担々麺@中国家庭料理 楊2号店

汁なし担々麺@中国家庭料理 楊2号店

 

こちらの汁なし担々麺は麺が白い。これが本場の汁なし担々麺かと思わせる担々麺は病みつきになる美味しさ。辛さはそうでもないが痺れがじわじわくる。甘くもあり苦味もあるような不思議な味わい。

日本人が作る担々麺とは一味違う何かクセになる味で定期的に訪問しています。

ただランチのサラダ、スープ、デザート等はかなり凡庸でこれらがもう少し良ければ自分の評価はかなり上がります。

場末感はあるが不思議と落ち着く感じで個人的に居心地は悪くないと思います。

第8位 池袋 六坊担担面

池袋「六坊担担面」はラーメンコンサルタントして有名な渡辺樹庵さんの「渡なべスタイル」系列の店。

渡辺さんは日頃も全国のラーメンを食べ歩いていてよくTweetされています。

海外に視察(試食?)旅行に行くこともあり、「六坊担担面」をオープンされる前はよく中国四川省から本場の担々麺についてTweetされていました。

成都式汁なし担々麺@六坊担担面 池袋

成都式汁なし担々麺@六坊担担面 池袋

 

なので六坊担担面の汁なし担々麺は現地風の白い麺。同じ池袋の楊2号店のものとも似ています。こちらからもインスパイアされたのでしょうか?

味は本格的ですごく美味しい。辛さや痺れが本格的。卓上の調味料も現地感のある本格的なものでびっくりしました。肉味噌が良い感じに全体に旨味を加えていてバランスを取っています。

池袋駅東口から近く、気軽に完成度の高い担々麺を食べられるのは嬉しいですね。

 

 

第9位 神田 ほうきぼし+

神田駅すぐの好立地にある「ほうきぼし+」。

こちらはオリジナルでB級感がある汁なし担々麺と台湾まぜそばが絶品で何度も通っています。

後から知ったのですが、赤羽の「ほうきぼし」本店は美人すぎる店主で有名だとか。

ベビースターラーメンがいかにもB級感あり。

汁なし担担麺@ほうきぼし+ 神田

 

汁なし担々麺にもやしも珍しい。

これが混ぜると実に良い感じになるのですよね。ただし辣はかなり強め。デフォルでもかなり辛い方です。

また気持ち良いくらいモチモチの自家製麺が美味しい。料理としての完成度も高く見た目はB級だが味はA級だと思っています。

台湾まぜそばもすごく美味しいです。

台湾まぜそばZ@ほうきぼし+ 神田

台湾まぜそばZ@ほうきぼし+ 神田

 

My Best 台湾まぜそばです。

店は簡素な作りで狭いですが、元気で丁寧な接客で良い感じです。

第10位 神田 175°DENO担担麺

札幌発の「175°DENO担担麺」。現在は東京でも勢力を拡大中の担々麺専門店で全部で10店舗以上あります。

神田駅付近もとから担々麺の名店が多い印象でしたが、激戦区に「175°DENO担担麺」も殴り込みをかけてきた感じ。

夏に食べた限定の冷やし汁あり担々麺は美味しかったですね。

冷やし汁あり担々麺@175°DENO担担麺 神田駅北口店

冷やし汁あり担々麺@175°DENO担担麺 神田駅北口店

 

いやぁ、美しい。

味の方も完成度がく、豆乳ゴマダレ+辣油のスープが深みのある旨さ。辛さ痺れはしっかり。キンキンに冷えた麺も美味しかった。具も桜エビが良いアクセントに。

店内は清潔で雰囲気良し。接客も良い感じ。

将来は全世界に3,500店舗!を目指しているとか。今後も「175°DENO担々麺」の今後については注目です。

 

東京進出1号店の「175°DENO担担麺 GINZa」 で黒担々麺を食べた記事はこちらからどうぞ。

175°DENO担担麺 GINZaの黒担々麺

175°DENO担担麺 GINZaの黒担々麺

 

「175°DENO担担麺」の創業者は「阿吽」出身だそうで、これなど影響を感じますね。

 

 

第11位 神田 金魚ヌードル

名前が面白い「金魚ヌードル」。こちらも担々麺の激戦区神田にあります。メニューにはラーメンもありますが担々麺も看板メニューとか。

麻辣担々麺@金魚ヌードル 神田

麻辣担々麺@金魚ヌードル 神田

 

頂いた汁なし担々麺は丁寧な調理で完成度が高く美味しかった。クリーミーなタレにもっちりした太麺が良く絡む。すごく美味しいです。

ただ際立った個性は感じませんでした。またデフォルトでは辛さはほとんどなく、辛さ増しは有料というのはどうかな?とも。

優良店であるのは間違いないのですが、現状ではシステム的にそこまで評価できない感じがありました。

第12位 中野 ほおづき

東京の担々麺好きの間ではではかなり有名な中野の「ほおづき」。

メディアで紹介された事は数しれず。「嵐にしやがれ」でも紹介されています。

排骨担々麺@担々麺ほおづき 中野

排骨担々麺@担々麺ほおづき 中野

 

王道のクラシックな担々麺風。しかし八角を初めとした漢方素材が入っている。八角が嫌いなわけではないけどクセが強いので、ない方が分かりやすく美味しいかも?

桜えびは良いアクセントになっていて、たっぷり入っていました。これは良いなぁ。

家から遠いのでなかなか行けませんが近くにあったら通ってしまいそう。普通のラーメンメニューも豊富で気になりました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.