B級孤独のグルメ

池袋北口「永祥生煎館」上海名物焼き小龍包の大人気店 味は悪くないが店内は激狭

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

永祥生煎館 (エイショウシエンジエンクアン)とは?

生煎 (シェンジエン)は上海を代表するローカルフード。正確に言うと「生煎饅頭」(シェンジエンマントウ) の略称。

日本では「生煎」という名前よりも「焼き小龍包」という名前で定着してきましたが、実は小籠包とは皮の厚さや食感が全然違います。食べると中からスープが飛び出すところは同じですが。

「生煎」は上海では多くの店がありとても気軽に食べられます。自分は「小楊生煎」という有名チェーンに行きましたが4つで4中国元(約65円)ほどでした。

ホテルの値段は東京都あまり変わらない上海ですが、ローカルフードは今でもこんな値段で食べられるものもあります。

上海流の「生煎」が食べられる店は一昔前の東京にはほとんどなかったと思うのですが、最近はちょくちょく見かけます。

自由が丘の「大山生煎店」はいつもすごく混んでいる人気店です。

ただ食べた感じは本場のものとは違う感じ。しかも店員の態度はイマイチで安い訳でもなくあまりハマりませんでした。

最近食べた日吉の「龍華」の焼き小龍包はとても美味しかった。

この店は以前から知っているのですが、焼き小龍包に限らず何でも美味しいです。

今回は池袋の「永祥生煎館」へ。池袋北口から近くいつも賑わっているので知っている人も多いのではないでしょうか?

食べログは3.61 (2020.01.05現在)。

中野に「西安刀削麺 永祥」という2号店があります。また食べログで調べたところ千葉市の鎌取にも「永祥生煎館」があります。

今回の「永祥生煎館」の生煎はなかなか美味しかった。ただ店内の様子は外から見えたので了解済だったとはいえとても狭く、テイクアウトにした方が良かったと思いました。

 

 

池袋 永祥生煎館の外観、メニュー、店内の雰囲気

行くたびに中国色が強くなっていく感のある池袋北口周辺。あえて店名も日本風にしない店も増えました。気になる店もいくつか。

「永祥生煎館」は人通りが多くとにかく良い場所にあります。14時くらいですが1名ほど並んでいます。

店頭のメニューはこんな感じ。

永祥生煎館の焼き小龍包メニュー

永祥生煎館の焼き小龍包メニュー

 

焼き小龍包は4個で500円。6個で700円。安いと感じる日本人も多そうですが、現地では100円以下で食べられると知ったらびっくりしそうです。

焼き小龍包専門店と思いきやそうではありませんでした。

牛カレースープに月餅。月餅の中身は肉のようです。

永祥生煎館の店頭に置かれたメニューその1

永祥生煎館の店頭に置かれたメニューその1

 

シュウマイにワンタンにスペアリブ。

永祥生煎館の店頭に置かれたメニューその2

永祥生煎館の店頭に置かれたメニューその2

 

更には青島ビールにちゃっかり?タピオカまで用意しています。

並んでいる間もテイクアウトの客がどんどんきます。中国語しか話さない客もいてここは池袋だなと感じます。

しばらくして席が空きました。

想像はしていましたが、すごく狭く上着を脱ぐ余裕はありません。

 

 

池袋 永祥生煎館で頂いた焼き小龍包

表面には胡麻がたっぷり。

形は結構バラバラです。

焼き小龍包(生煎)@永祥生煎館 池袋

焼き小龍包(生煎)@永祥生煎館 池袋

 

ひっくり返すとしっかり焼けています。

さて、食べようと思いましたがレンゲがありません。

受付まで戻ってレンゲを貰います。しかしスープが飛び出るのでレンゲなしはありません。デフォルトでレンゲを提供しないのは気が利かないなぁ。

さて、レンゲをもらって皮に穴を開けます。

肉汁をレンゲですくいます。なかなか良い感じに味が出ていますが、食べている間も別の所からスープが飛び出ます。

そこまで熱々でなかったのと、自分は猫舌でないので無問題でしたが、熱々だったら食べにくいと思う人もいそう。

中の餡はなかなか美味しい。肉の旨味がしっかりあります。皮の表面はもっちりしていて底はカリッとしていますが、固すぎず食感は良いです。

しかし何度トライしていも表面の皮に穴を開けただけではレンゲで汁を取りきれません。また食べている最中に奥にいた客が帰ったのですが、自分の後ろを通った際に思いっきり背中がぶつかります。

落ち着いて食べられないな。これはテイクアウトにした方が良かったな。

こんな感じで永祥生煎館の焼き小龍包は味は悪くなかったですが、その他は結構イマイチでした。

 

 

池袋 永祥生煎館の行き方、営業時間、食べログ採点

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目29−1 北口前・サンシティホテル西側1F

池袋北口、徒歩1分。

【 池袋 永祥生煎館の営業時間 】

11:30~24:00頃

定休日 無休

永祥生煎館飲茶・点心 / 池袋駅東池袋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.