B級孤独のグルメ

とんかつ発祥の店 新宿「王ろじ」でとん丼(カツカレー) 創業百年で現在も食べログ百名店

WRITER
 
とん丼@王ろじ 新宿







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

王ろじとは?

新宿「王ろじ」は1921年(大正10年)開業。なんと創業百年を超える老舗です。

「とんかつ発祥の店」と言われている店は複数ありますが、「王ろじ」はその1つ。「とんかつ」という言葉を初めて使った店とも言われているそう。

ちなみに創業明治38年の上野「ぽん多本家」もとんかつ発祥の店と言われている店の1つで1度訪問しています。

王ろじの名物は「とん丼」。名前からは想像しずらいですが、王ろじの「とん丼」はカツカレー。王ろじは「カツカレー」でも発祥の店に挙げられることがあるようです。

個人的にはすごいなと思うのは現在でも食べログで高く評価されていること。

食べログは3.68 (2021.09.10現在)で2017、2018、そして最新の食べログとんかつ百名店2021にも選ばれています

とんかつ百名店のまとめ記事を書いていて少し驚きました。「王ろじ」は一昔前の名店ではなく今でも高評価なんですね。

「王ろじ」にはかなり前に1度訪問したことがあります。今では信じられませんですが若い頃はファッションに凝っていて新宿の伊勢丹メンズ館にはそれこそしょっしゅう通っていました。

その伊勢丹のすぐ近くにあったことで知った「王ろじ」ですが、名物のとん丼を食べたこと以外詳細は覚えていません。

今回はかなり久しぶりの訪問になりましたが、かつが独特で驚きました。美味しい。価格が老舗の割には庶民的で雰囲気も良かった。

現在でも人気がある理由が良く分かりました。

 

 

新宿 王ろじの外観、メニュー、店内の雰囲気

日曜日の16時半頃。

久しぶりの「王ろじ」。新宿なのに一軒家です。突き当りに見える大きな建物が「伊勢丹」。

なんとなく通し営業?と思っていましたがそうではなく中休みがありました。調べると14:30~17:30が中休みです。

写真を数枚撮って後で訪問することにしました。

「昔ながらのあたらしい味」と書かれています。

実際にその通りで後で驚きました。

「創業 大正十年」のプレートがかっこいい。

ひと用事済ませて17時20分頃に戻ってきます。

7名ほど並んでいますがこれなら第一陣で入れそう。

こちらは帰り際に撮った写真。

暖簾には「とんかつ」と書かれているのかな?味があって良いですね。

メニューはこんな感じ。

新宿 王ろじ 店頭にあったメニュー

新宿 王ろじ 店頭にあったメニュー

 

【 新宿 王ろじの主なメニュー 税込 】

とんかつセット 1,900円
エビフライセット 1,900円
とん丼(カツカレー) 1,150円
とん丼(大盛り) 1,250円
インディアンカレー (ビーフカレー) 950円
とんサンドウィッチ 1,150円

さて、17時半になりオープン。どんどん中へ通されます。

店員さんは厨房も含めてベテラン風ですが、皆感じが良く接客が丁寧。老舗でも人気店はこういう店が多いです。

さて、予定通り「とん丼」を注文。

新宿 王ろじ 店内のメニュー

新宿 王ろじ 店内のメニュー

 

ただメニューが裏があるのに気づいていませんでした。

こちらは食後に撮ったもの。

新宿 王ろじ 単品・ドリンクメニュー

新宿 王ろじ 単品・ドリンクメニュー

 

単品のとん汁があります。ご飯が多めなのでとん汁は絶対に頼んだ方が良いとのコメントがあったのですが、読んだのは食後。確かに頼んだ方が良かった。

お茶は緑茶。

漬物は醤油で味付けしていますが、しつこくなく結構さっぱりした食感です。

カウンター席の間にはアクリル板がありましたが、十分な距離で圧迫感はありません。

ペーパーナプキンの文字も良い感じ。

ちなみに店名の「王ろじ」には、「路地裏の王様になる」という意味で名付けたのだとか。洒落たネーミングです。

卓上調味料はソース、七味、辛子、塩という感じでしょうか?

支払いは現金のみのようです。

店内の飾り物は簡素ですが、作家の柴田錬三郎さんのものがありました。常連だったようですね。

目の前で調理していますが、カレーやら揚げているかつから良い香りが漂います。

しばらく待って初めに並んだ人から順番にといった感じで食事が提供されます。2名を除いてみなとん丼でした。

 

 

新宿 王ろじで頂いたとん丼

お皿に載った可愛い丼で登場。

しかしこの丼お皿と一体化しています。特注品なんだろうな。

とん丼@王ろじ 新宿

とん丼@王ろじ 新宿

 

かなり大きめのかつが3つ載っています。厚みも結構あります。

さて、頂きます。

美味い!

衣はサクサク。甘めの濃厚ソースがついています。そしてかつがかなり独特。

柔らかくのヒレのように感じますが何か違うような気も。

後で調べて分かったのですが、これはヒレではなくロース。

熟成したロース肉の余分な脂身を取り除き、叩いて柔らかくしてからロール状にしているようです。「ぽん多本家」と似ているな。

でもしっかり脂身も感じられて食感がとても良い。ボリュームもかなりのもの。

カレーはソースが甘いので最初は気づきませんでしたが少し辛めです。欧風?な割にはサラッとした食感でこれもかつに合わせているのでしょうか?

そして、先に書いたようにご飯が結構多め。なんとか食べきりましたが、カレールーは後半足りなくなる感じでした。次回食べる時はとん汁を注文することも忘れないようにします。

 

 

新宿 王ろじの行き方、営業時間、食べログ採点

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目17−21

新宿三丁目駅から徒歩2分
新宿駅から徒歩5分
伊勢丹裏。

【 新宿 王ろじの営業時間 】

火 11:15~14:50(火曜日夜営業無し)
月・木・金 / 土・日・祝 11:15~14:30 17:30~20:20

定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)1月は3日から営業

現在は19時半ラストオーダー、20時閉店です。

王ろじとんかつ / 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.