B級孤独のグルメ

【絶品あぶらそば】大行列ができる人気店「麺家 ぶらいとん」旗の台

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

旗の台「麺家 ぶらいとん」とは?

旗の台の「麺家 ぶらいとん」。店名には無頼の当て字も使われているくらいで豚骨醤油ラーメンの店です。

豚骨醤油と言えば家系を想像しますし似ている部分もありますが、実際はかなりオリジナリティの高いラーメンです。

全てが自家製でラーメンも美味しいのですが、油そばの方が人気があるようで、自分も今回食べてきましたが絶品でした。

「麺家 ぶらいとん」はラーメンヲタクの間ですごく有名な店というよりは知る人ぞ知る店という感じ。

またラーメン雑誌をはじめテレビなどのメディアにはあまり露出していない店だと思います。

食べログも3.49(2019.10.25現在)でそこまで数値が高い訳ではありません。

にも関わらず営業時間はすごい行列。もちろん、美味しいから行列ができるのですが、最初に行列の様子と行列ができる理由を説明したいと思います。

正直言って「麺家 ぶらいとん」は万人受けするというより、店主は極めて穏やかな方でその気は全くないはずですが、独特の空気感で客を選ぶような要素があります。

 

 

旗の台「麺家 ぶらいとん」の行列について

当日の時間経過

【「麺家 ぶらいとん」この日の時間経過 】

19:35 中に入れず。外で待つ。
19:45 中に入る。食券購入。
20:00 待ち席に座る。
20:18 カウンター席に坐る。
20:27 あぶらめん着丼。
20:39 「ぶらいとん」を退店。

並び始めてから退店まで1時間以上かかっています。

店の中にも待ち席があり、店の立って待っている人もいるので正確な数字は分かりませんが、自分よりも前に待っている人は10名ちょっとだったと思います。

それにしては待ち時間が長くなりますが、そこにはいくつか理由があります。

なぜそこまで行列ができるのか?

【「麺家 ぶらいとん」の待ち時間が長い理由 】

・席は10席でそこまで大きくない

・太麺なので麺をゆでる時間が長い

・客は細かく好みを指定することができる

・調理は基本的に店主が全てを行い、作業がとにかく丁寧

・店員の後片付け作業も丁寧

・学生客、女性客が多く食べるスピードがスロー。更に客が店内に並んでいるのに食べ終わった後に雑談している客を退店を促すことはない。

まず座席数は10席でそこまで大きくありません。

そして太麺なのでゆでる時間はかなりかかります。(10分くらい?)

さらに、客は好みを細かく指定することができます。

例えば、麺の量を小・並・中・大を同一料金で選ぶことができます。

これはありがたいサービスですが、店主は永寧に1つづつ測り麺の重さを測り、1つづつテボに入れて茹でいます。

油は「多め」「普通」「少なめ」、味は「濃いめ」「普通」「薄め」、麺は「かため」「普通」「やわらかめ」などを指定でき、更にニンニクや玉ねぎのトッピングが可能。かなりの細かさです。

女性スタッフは2名いますが、調理は基本的に店主が全てを行い、作業がとにかく丁寧。

そのスタッフの後片付けもテーブルを拭くだけでなく、毎回のようにレンゲを補充したりとにかく丁寧。

そして、学生客、女性客が多く食べるスピードがスロー。話ながら食べていたり、食べ終わった後も雑談していることがありますが、店主は何も言いません。

最後の項目だけは改善してほしいですね。特に最初に来店した時は強くそう思いました。

ただ今回は3回目の来店でこの客にとって全てが緩い感じが客を集めているのかもしれないのであまり期待しない方が良いかもしれません。

こんな感じで普通に食べるつもりだと少々ハードルが高いので覚悟しておいた方が良いと思います。

あっ、付け加えると店の中は地下で電波悪いです。他のキャリアは知りませんがドコモはほとんど繋がりませんでした。自分はiPadでずっと電子書籍を読みながら待ちました。

 

 

旗の台「麺家 ぶらいとん」の外観、メニュー、店内の雰囲気

東急池上線の旗の台駅東口を出て少し左に進み、左の路地に入った所に「麺家 ぶらいとん」はあります。

駅からかなり近い。少し先に焼き鳥の名店「鳥樹」の東口店があります。

この雰囲気で1時間かかるように見えません。しかし中に入ってすぐのところにある自販機まで人が並んでおり、しばらく中に入れませんでした。

店の入り口のところに立派な製麺機があります。

「麺家 ぶらいとん」はスープはもちろん麺もトッピングもすべて自家製が売りです。

【 旗の台「麺家 ぶらいとん」の主なメニュー 】

らーめん 830円
つけ麺 900円
あぶらめん 830円
特盛 +100円
まる得トッピング:270円

さきほど書いたように麺は大盛まで追加料金不要。らーめん、あぶらめんは300gまで、つけ麺は400gまで選ぶことができます。

中に待ち席があり人口密度はかなりのもの。学生と女性が多く、中には家族連れの子供もいます。

ぶきような らーめん屋さんの いっぱいを 食べてくれてありがとん

太麺だもの

茹で時間少しかかっちゃいます。でもね、おいしく、おいしく茹でてます。

壁に毛筆で何か書かれており一瞬相田みつをかと思いますが、押し付けがましいことはなくユーモラスな感じ。

約40分待ってようやく着席。

すでに5分くらい前に注文は済んでいますが、お好みはこの際に言っておきましょう。「特にお好みございますか?」とは聞いてきませんので注意が必要です。

自分は油増し、ニンニク増し、玉ねぎ増しの麺は中盛でお願いしました。

無料トッピングの詳細が書かれています。調味料も一通り揃っています。

各種御飯やビールの中瓶、ZIMAなどが追加で注文できます。

着席後10分くらいであぶらめんが着丼しました。

 

 

旗の台「麺家 ぶらいとん」で頂いたもの

あぶらめん

あぶらめん@麺家 ぶらいとん 旗の台

 

トッピングはメンマ、ノリ、玉ねぎ、ネギ、ホウレンソウ、卵黄、ニンニク、サイコロチャーシューなど。デフォルトのあぶらめんでもなかなかのトッピングです。

 

 

まずはよくかき混ぜて頂きます。

やはりもっちりしてコシのある太麺が美味しい!かなりアルデンテな感じです。

タレはかなり濃い目ですが旨味が良く出ています。パンチが効いていますがしつこい感じはありません。

そして油そばはよく混ぜるとニンニクや玉ねぎなど勝手に味変してくれる感じで食感が楽しめます。

ちょっと味がしつこく感じたら卵黄の部分を意識して食べると円やかな感じ。コリコリのメンマも美味しいです。

中盛にしたので自分としてかなりお腹いっぱい。

この残った油にご飯を入れたらとても美味しいことに疑いはありませんが、すでに食べ過ぎなので断念。残念。

いやぁ、この油そばレベルが高い。ハマる人が多いといのも納得です。

らーめん丸得トッピング

らーめん丸得トッピング@麺家 ぶらいとん 旗の台

 

こちらはかつて食べたらーめん丸得トッピング。海苔は6枚、豚バラチャーシュー3枚、味玉、メンマ、ほうれん草でなかなか豪華なトッピング。

家系ぽくも見えますが、メンマがあるのが大きな違いでしょうか?

スープは豚ガラと鶏ガラを12時間煮出した濃厚な豚骨醤油スープ。太麺も美味しいし、個人的には普通の家系よりもワンランク上の味と思います。

 

 

旗の台「麺家 ぶらいとん」の行き方と営業時間

〒142-0064 東京都品川区旗の台2丁目9−21

平日は夜営業のみ、土曜日祝日は昼営業だけなのでご注意下さい。

【 旗の台「麺家 ぶらいとん」の営業時間 】

平日 17:00~22:00
土曜日、祝日 11:30~15:00

日曜日+不定休で月1回

 

旗の台「麺家 ぶらいとん」の感想と食べログ採点

【 旗の台「麺家 ぶらいとん」の感想 】

・あぶらめんはもっちしていてコシのある太麺に濃厚なタレが最高。見た目はジャンクな感じだが実際は上品にも感じるほど。全て自家製の丁寧なトップング作りが活きている。

・本文でも書いたがかなり待つ。覚悟しておいた方が良い。

・食事を終えた客はこれだけ並んでいるのだからすぐに出ていって欲しい。(まあそういう客にも何も言わないのでギスギスした感じがまるでないのだが)

 

麺家 ぶらいとんラーメン / 旗の台駅荏原町駅長原駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年10月 月間256,753アクセス!
日本一のグルメブロガーを目指しています。
世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.