B級孤独のグルメ

【ロメスパ・B級グルメの聖地】銀座「ジャポネ」でデカ盛りのジャリコ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

ロメスパの代名詞 銀座「ジャポネ」とは?

ロメスパとは?

「ロメスパ」という言葉をご存知でしょうか?

自分は一応知っていたものの、ナポリタンなどを出すカジュアルなスパゲッティ屋?といった感じの認識しかありませんでした。

そもそもロメスパの「ロメ」って何よ?と思ったので今回調べてみました。

まず「路麺」という言葉あるそうです。「路面」ではありません。

これは東京の街角にある、主にチェーン店ではない立ち喰いそば店のこと指すそうで「路麺」という言葉は、「路傍の麺」から付けられたとか。

全然知らなかった。造語みたいだから知らなくて当然ですかね。

つまりロメスパのロメはロメンのスパゲッティということ。

また、それだけなくロメスパ三ヶ条なるものもあるそうです。

【 ロメスパ三ヶ条 】

①茹で置きスパゲティを炒めて提供
②スパゲッティは極太
③デカ盛り可能

これでイメージが付きますね。昔ながらの喫茶店で出てくるナポリタンはほぼロメスパと言えそう。ただ広義には①をロメスパと呼ぶこともあるそうです。

虎ノ門の老舗「ハングリータイガー」。こちらは茹で置きしたスパゲッティを使っています。

なのでロメスパに分類する人がいるそうですが、値段はほぼ1,000円以上。こちらのペスカトーレは上品な味付けで絶品でしたが、ロメスパに分類するのはどうよ?と思いました。

銀座「ジャポネ」とメニュー

銀座「ジャポネ」は1980年オープン。ロメスパの代名詞とも言える超有名店です。またB級グルメを代表する店としてメディアにも頻繁に登場します。

またデカ盛りの聖地としても有名。いくつもの顔を持っています。

「ジャポネ」はフランス語で「日本式」や「日本風」といった意味。その名の通り日本でしか味わえないスパゲッティを食べられるようです。

面白いのはメニューを見ると中華風や洋風のメニューもあります。

ジャポネのメニュー

絶対彼の地には存在しない洋風メニューを作り出すのも日本のお家芸と言えそうです。有名な話ですが、ナポリタンを発明したのも日本人だし。

【 ジャポネの主なメニューとサイズ(麺の量) 】

・和風

明太子 600円 塩味 明太子、しそ葉、シイタケ、オニオン、のり、コマツナ

ジャポネ 550円 醤油味 肉、シイタケ、オニオン、コマツナ

ジャリコ 600円 醤油味 エビ、肉、しその葉、トマト、シイタケ、オニオン、コマツナ

梅のり 600円 醤油味 or 塩味 練梅、のり、しその葉、シイタケ、オニオン、コマツナ

・中華風

チャイナ 550円 醤油味 or 塩味 ザーサイ、シイタケ、オニオン、コマツナ

・洋風

ナポリタン 550円 ケチャップ味 エビ、シイタケ、オニオン、コマツナ

インディアン 550円 カレー味 カレーソース入り

バジリコ 600円 塩味 エビ、肉、しその葉、トマト、シイタケ、オニオン、コマツナ

キムチスパ 600円 豚肉、キムチ、シイタケ、オニオン、コマツナ

ヘルシースパ 600円 野沢菜、かいわれ、オニオン、シイタケ、コマツナ、ごま、赤とうがらし

カレーライス(ポークカレー)550円

※レギュラー(並)350g / ジャンボ(大盛) 560g +150円 / 横綱 720g +250円

裏メニューとして親方(900g)、理事長(1,100g)

ジャポネの特徴は値段の安さと量。基本レギュラーは550円か600円ですが、最近50円値上げしたようなので、値上げ前はワンコインで食べられたのですね。

また量も大盛で560g!さらに横綱、裏メニューとして親方や理事長もあるという噂です。

銀座「ジャポネ」の行列の様子と店内の雰囲気

JR有楽町駅から「銀座インズ3」を目指します。マクドナルドの奥に目指す「ジャポネ」はありました。

13時20分頃でピークは外したつもりでしたが、この行列。右に曲がったところが見えないので何人待ちだか分からなかったのですが、おそらく15人くらいだったようです。

回転は速くそれほど待たずに済みました。当時のおおよその時間経過を書いておきます。

【 銀座 ジャポネの当日の待ち状況と時間経過 】

13:23 並び始める。おそらく行列は15人くらい
13:33 店が見えるところへ
13:44 着席
13:47 料理が到着
13:48 退店

壁には2019年10月1日より価格改定と書かれています。

持ち帰りも同一料金とのこと。持ち帰りができるのですね。ロメスパならではです。

10分ほど待って店内が見える位置に来ます。

L字型カウンターで14席ほど。女性の姿も目立ちます。

最初は店の前でもある「ジャポネ」を頼もうと思っていましたが、「ジャリコ」は味が同じでエビ、しその葉、トマトが付くという事でそれにします。

600円でも具はたっぷり。

着席して注文。少し迷いましたがジャンボ(大盛)にしました。これでも税込み750円です。

お茶は麦茶でポットもあります。

調味料は塩、粉チーズ、タバスコ。粉チーズとタバスコが大きいです。

厨房は3名ほど。コンロは2つ。

目の前で調理しているのが見えます。3分ほど待ってジャリコがやって参りました。

銀座「ジャポネ」で頂いたジャリコ

やはりすごい迫力です。

ジャリコ ジャンボ@ジャポネ 銀座

具材はエビ、肉、しその葉、トマト、シイタケ、オニオン、コマツナとのことですが、中でも小松菜とトマトが目立ちます。えび、しいたけはかなり少なめでした。

まずはスパゲッティから頂きます。

太麺なのにすごく軽い食感。かなりの多加水麺です。小麦の食感は正直ほぼありません。またかなり柔らかめ。

また熱々ではなく、少し熱いくらいの火入れです。とても食べやすいですが。

トッピングはやはり小松菜が効いています。小松菜の苦味、そしてトマトの酸味が加わると面白い味になります。独特で美味しいですね。

ただ見た目はトッピングがたくさんですが、麺だけで食べると少し寂しい感じ。後半に少し飽きてきたので、粉チーズをかけると意外と合います。

そして量ですが、ラーメン二郎のような重い麺でないので、全然食べられます。女性でもジャンボを食べていた人がいましたが、たいていの男性なら問題のない量かと。

特に大食いでない自分もさらっと食べきりました。

ということで、ようやく宿題だった「ジャポネ」のスパゲッティを食べることができました。

人気店ならではのトッピングの工夫など面白く思いまし、店の方の対応も感じが良いものでしたが、スパゲッティに関しては過大な期待はしない方が良い?かと思います。

銀座「ジャポネ」の行き方と営業時間

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目2 銀座インズ3

JR山手線「有楽町」駅(京橋口)から徒歩約2分

有楽町線の「銀座一丁目駅」も最寄りです。

【 銀座 ジャポネの営業時間 】

平日 10:30~20:00

土 10:30~16:00

定休日 日曜・祝日 (GW期間中も同様)

こちらもご参考に。

銀座「ジャポネ」の感想と食べログ採点

【 銀座 ジャポネの感想 】

・ようやく長らくの宿題店に行けて満足。

・ジャリコの大盛はこのボリュームで750円はコスパ良し。ただスパゲッティはかなり軽い感じで意外とさらっと食べられると思う。

・スパゲッティはロメスパにしても柔らかすぎ?味付けは悪くないけど過大な期待はしない方が良いと思う。

ジャポネパスタ / 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.