B級孤独のグルメ

【東京一美味しい讃岐うどん】「甚三(じんざ)」が新橋店をオープン!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

自家製さぬきうどんと肉「甚三 (じんざ)」 とは?

昨年、大門・浜松町にある「甚三」を初めて訪問したのですが、その讃岐うどんの美味しさは衝撃でした。

ほぼ打ち立てで素晴らしいコシのあるうどん。いりこたっぷりのスープ。これだけでも自分的に最高のうどんです。

更には肉が素晴らしかった。なんと豚肉では弊ブログの「とんかつ」でよく紹介する林SPFを使用。豚もとろけんばかりの美味しさ。

「甚三」の店主はあの神保町「丸香」で修行経験があると聞いたのですが、個人的には「丸香」よりも上に感じました。

しかも値段がリーゾナブル。更に接客まで素晴らしい。完璧です。

ということで現在自分の中で東京で一番のうどん店は味、コスパ、サービス共に「甚三」です。

その「甚三」が虎ノ門に近い新橋に新たに店を出したの偶然店頭を通りかかって知りました。これは嬉しいな。

その日は昼食を食べた後だったので次に甚三に行く日を心待ちにしていました。

そして行っていた感想は、新橋甚三は「大門より美味しいのでは?」と思えるくらい激ウマ。こちらを新たに我的東京一美味しいうどん店に認定したいと思います。

ところで「安い・早い・美味い」の三拍子が揃った甚三ですが唯一の欠点は営業時間がすごく短いこと。平日でも15:30には閉店してしまいます。

新橋店は大門よりも営業時間が長いかと思いきや、今のところ大門と全く同じ。

開けていてば人は絶対に来るし、家賃もあるのでもったいない気がするのですが、この短い営業時間ももしかしたら本場の香川スタイルなんでしょうか?

 

 

自家製さぬきうどんと肉 新橋甚三の外観、メニュー、店内の雰囲気

虎ノ門付近はランチの激戦区。良店が多く競争が激しいですが、2019年5月29日にオープンした「新橋甚三」は早くもがっちりと固定客を掴んでいる様子。

13時すぎでしたが、ひっきりなしに人が入店していきます。

メニューはおそらく大門店とほぼ同じ。

製麺室が見えるようになっています。

ただ少し離れていて実際の作業が見づらいのが残念。しかしこのおかげでほぼ打ち立てのうどんが頂けるのですす。

店内に入ると製麺室のうどん粉が目に入ります。

 

 

自販機のメニューは豊富。

【 新橋甚三の主なメニュー 】

さぬきうどん

・かけ ≪温・冷≫ 380円
・つけ(ざる) ≪冷≫ 420円
・月見しょうゆ ≪温・冷≫ 440円
・山芋しょうゆ ≪温・冷≫ 480円
・ぶっかけ ≪温・冷≫ 420円
・黒糖きつねうどん ≪温・冷≫ 480円
・わかめうどん ≪温・冷≫ 560円
・すだちおろし ぶっかけ ≪温・冷≫ 580円
・たまごバター しょうゆ 540円
・明太バター しょうゆ 690円

肉うどん

スペシャル (豚肉・鶏天) ≪温・690円
・肉かけ (豚肉) ≪温・冷≫ 630円
・牛肉うどん ≪温・冷≫ 630円
・特肉合盛り (豚肉・牛肉) ≪温・冷≫ 880円
・肉たまぶっかけRED (ピリ辛ラー油) ≪温・冷≫ 690円
・おろしぶっかけスペシャル ≪温・冷≫ 790円
・鶏天月見山 しょうゆ ≪温・冷≫ 690円
・肉たましょうゆ ≪温・冷≫ 690円
・すだち肉汁うどん ≪温・冷≫ 790円
・牛肉バターしょうゆ ≪温≫790円

カレーうどん

・カレー ≪温≫ 550円
・特肉カレー ≪温≫ 800円
・温たま肉カレーつけ麺 ≪冷≫ 720円
・肉たまカレー ≪温≫ 750円
・鶏天カレー ≪温≫ 730円

※中盛り(1.5玉):50円 ・大盛り(2玉):100円 ・特大(3玉):200円

以前大門で食べたスペシャルを再びポチります。ただ暑いの今回は冷やしで。

スペシャル690円+中盛50円+生卵60円で合計800円でした。

店は混んでいましたがスタッフの女性が手際よく客をさばいていきます。スタッフは全員笑顔を絶やさないし、うどんを調理している厨房からも大きな挨拶の声がかかります。

サービスも二重丸。

同じ讃岐うどんでも人気にあぐらをかいて接客という概念のない「おに○○○」などは是非見習って欲しい。

店内は相当広いですが、ほぼ満席。この13時過ぎでこのキャパを満員にできる店はあまりないでしょう。

大門店同様に「甚三」のうどんいはこだわりが詰まっています。

【 新橋甚三のこだわり】

・うどん粉 香川 吉原食料
・青ねぎ 香川県産・徳島県産
・醤油 香川 丸尾醸造所
・和三盆糖 香川 はいこう堂
・卓上唐辛子 香川 山清
・いりこ(煮干) 瀬戸内産 (香川近海)

また調味料も自分の大好きな胡麻をはじめ一通りのものが揃っています。

BGMはビートルズ。待っている間に”Can’t Buy Me Love”が流れていました。

そういえば、こちらも自分の好きな神田の「香川一福」もいつもビートルズが流れています。何か関係あるのかな?

さて、10分弱待ってスペシャルが運ばれてきました。

 

 

自家製さぬきうどんと肉 新橋甚三で頂いたスペシャル (豚肉・鶏天) 冷

スペシャル (豚肉・鶏天) 冷@新橋甚三

 

相変わらずがうどんが見えないほどの肉のボリューム。

そして見るからに美味しそうな生卵は別皿で。

まずはうどんから頂きます。

うおっ、美味しい!!

かなりの太麺ですが、気持ち良いくらいにコシがあります。タイミングが良かったんでしょうか。素晴らしいコシで口の中に旨味が広がります。これはすごいな。噛んで口福。

スープはイリコが濃厚。シンプルですが何よりも良い煮干しを大量に使っているのがよく分かります。後味はすっきり。

そして肉が相変わらず激ウマ。

豚が柔らかジューシーでうどんのスープとの相性もバッチリ。

ちなみにホームページによると林SPFを使っている大門店とは違い、三元豚を使っているとのこと。

そして、熱々の鶏のからあげ。こちらも新鮮な若鶏を使っているのが一口でわかるほど美味しいです。

うどんを食べ終わった後も、好きな胡麻と天かすをかけて、美味しいネギと卵の残りを一緒に味わいながらスープまで完食。

いやぁ、最後まで美味しかった。感動!レベル。

そして帰り際も大半のスタッフから大きな声がかかります。終始気持ちの良い接客でした。

 

 

自家製さぬきうどんと肉 新橋甚三の行き方と営業時間

〒105-0003 東京都港区西新橋1丁目19−3

最寄り駅は内幸町のようですが、虎ノ門や新橋からも5分くらいです。

【 新橋甚三の営業時間 】

平日(昼)11:00-15:30  
土曜(昼)11:00-14:00
※昼の営業については、玉切れ次第終了

定休日 日曜日・祝日 (臨時休業有り)

記事中にも書きましたが、極端に営業時間が短いのでお気をつけ下さい。営業時間は下の写真の方が詳しいでしょうか。

 

 

自家製さぬきうどんと肉 新橋甚三の感想と食べログ採点

【 新橋甚三の感想 】

・打ち立てに近い極太さぬきうどんは最高にコシがあって美味しい。かなり濃厚ないりこ出汁のスープも美味しい。

・うどんだけでなく、豚肉も唐揚げも素晴らしく美味しい。どちらもジューシで肉の旨味がよく出ている。

・店内は広く混んでいるがスタッフのオペレーションが素晴らしい。笑顔を絶やさない接客も良し。挨拶も大声でたくさんのスタッフから声がかかるのも気持ち良い。

・この最高レベルのうどんで立ち食いそばよりも若干高い程度のコスパは素晴らしい。

自家製さぬきうどんと肉 新橋甚三うどん / 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅
昼総合点★★★★ 4.2

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.