B級孤独のグルメ

新橋「和楽」ランチ激戦区新橋で最高の店!は絶対にここでしょ?!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

新橋「和楽 (わらく)」とは?

ランチ激戦区 新橋

常に新しいネタを探しているため、ブログを書くようになってから1つの店に何度も通うことはかなり減ったのですが、変わらずにずっと通い続けている店があります。

それが今回の新橋「和楽」です。

新橋はオフィス街ということもあり、ランチは都内でも屈指の賑わいだと思うのですが、昭和の時代から変わらず以前からコスパにうるさく、味にもうるさい町。

新橋では「美味しいくて安い店」しか生き残ることができません

個人的に新橋のランチは東京一の激戦区と思っています。名店は数知れずで、弊ブログでもたびたび紹介しています。

その中でも名店揃いの新橋の中でも頭一つ抜けて素晴らしいと思っている店が「和楽」です。食べログは3.72。十分に高得点ではもっと高くても良いのでは?と思える店です。

新橋「和楽」の特長

新橋の「和楽」は看板に「魚の旨い店」と書かれていますが、ランチは揚げ物を中心とした魚介料理の店です。

1番の特長は、ほとんどの定食で「冷奴か刺身」を選べることではないでしょうか?

冷奴と天秤にかけられるくらいなら刺身は一口と思われるかもしれませんが、とんでもない。

カツオの刺身@和楽 新橋

 

大きい上に肉厚!すごいボリュームです。

なお、今まで100%の人が刺身を選ぶと信じていましたが、つい先日冷奴を選んでいるOL風の人を発見。かなり驚きました。

まあフライもボリュームがあるので食べきれないといった事情もあるのでしょうね。

なお、冷奴のボリュームは普通に見えました。

2番目の特長はフライが美味しい!なかでも牡蠣はすごく大きい上にすごく美味しい。それはそれは素晴らしいカキなのです。

牡蠣@和楽 新橋

 

ただ残念なことに牡蠣は冬季限定。オイスターバーのように一年中やってくれないかしら。

それでも特にエビフライは秀逸。魚のフライも美味しい。和楽は一年中通う価値がある店だと思います。

新橋「和楽」の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

もともと行列が常態化している店ですが、最近また行列が伸びた気も。20名以上行列している時もあり並ぶのを諦めたことも何度か。

この日は10名をほどの行列だったのですかさず並ぶことにしました。店内は広く回転は良いので10名ならさほど待ちません。

ちなみにランチ終了後の外観はこんな感じ。

牡蠣がない季節のエースは和楽ランチ。

海老フライ、いかフライ、魚フライに例の刺身付き。

釜揚げしらす丼は新しいメニューのようで初めてみました。

えび唐ランチはえび+鶏の唐揚。こちらも好きなメニューです。

店内にはセット物ではなくもう少しシンプルなメニューもあります。

店内は広いですが席は狭いです。ランチの時間は知らない人と相席になります。

コスパが悪いと一言言いたくなるかもしれませんが、これだけコスパが良いと文句はありません。

中では女性の店員が中心にテキパキと仕事をしています。揚げる作業が完了するとスムーズに流れ作業のように、ボリュームのある料理がやってきます。

入り口付近には女将と思しき方がいてこの方に代金を支払います。

最初は少しつっけんどんな方かと思いましたが、全然そんなことはありません。ただ混雑している中でスムーズに作業しようとしているだけです。

自分は何度も和楽に行っていますが、サービスで嫌な思いをしたことはありません。

 

 

新橋「和楽」で頂いたもの

豪華三点盛り 和楽ランチ

豪華三点盛り 和楽ランチ@和楽 新橋

 

どうですか。このボリューム!

えび、いか、いわしのフライの三点盛り@和楽 新橋

 

魚のフライはこの日は鰯でした。

エビフライはかなり太いプリプリ食感のえびが中に入っています。衣はサクッとしてしていて揚げ方も最高。少し胡椒で下味をつけているようです。

イカフライは小さいものの厚みがあります。

いわしのフライが柔らかい。ふわっとした食感にいわし独特に苦味。レベルが高いです。

マグロのぶつ切り@和楽 新橋

 

そして3人前はありそうなマグロのぶつ切り。見た感じは脂身がそこまでない感じですが柔らかくて美味しい。そして厚みがあるのでそちらの旨味も嬉しいです。

ただあまりにボリュームに後半は少し辛くなってきてお土産に持って帰りたくなりました。

味噌汁は豆腐とお揚げと大根。海鮮風ではなく、普通の味噌汁ですが出汁はしっかり。

ご飯は普通かやや多いくらい。おかずが豊富なのでもっとご飯が食べられそうですが、太ることを考えたら適量かと思います。

えび唐ランチ

海老フライと唐揚げ@和楽 新橋

 

唐揚げもすごいボリュームでかなり迫力があります。柔らかジューシーで美味しいです。

えびカキランチ

ここからは冬季限定のカキのメニュー。

えびとカキフライのランチ@和楽 新橋

 

カキとえびが好きな自分のような人間にとってはたまらないメニューです。えび2匹+牡蠣2つ。

それにしても牡蠣が大きい。えびも相当大きいのですが。

カキフライ5個

カキフライ5個@和楽 新橋

 

そしてカキフライ5個!です。これが一番好きなメニューかも。どでかい牡蠣が5つです。ちなみに刺身も冷奴もつきません。

しかも注文すると「うちのカキフライ5個食べたことがあります?」と尋ねられます。

まるでラーメン二郎で大盛を頼むと「うちの大盛食べたことがあります?」と聞かれることがありますが、牡蠣界の二郎?のようなメニューです。

しかしカキはフライにするとすごく縮むと思うのですが、最初はどんな大きさだったのでしょうか?

しかも、牡蠣の旨味がとろけるような揚げ方で、大きくとも大味では全然なく繊細な旨さが最高です。

ただ一言言うと、あるシーズンにこればかり食べてきたことがあったのですが、日によって多少の当たり外れはあります。まあ海産物ですから当然でしょうが。

当たりの時の和楽のカキフライは地球上のカキフライで一番?と思えるくらいこの上なく最高です。

 

 

新橋「和楽」の行き方と営業時間

〒105-0004 東京都港区新橋2丁目9−14

烏森神社の少し先です。狭い路地にありますが、ランチタイムは行列が目印になります。

【 新橋「和楽」の営業時間 】

月~土
11:30~13:30 (L.O.) / 17:30~22:30(L.O.22:30)

定休日 日・祝

食べログにはランチは14時までとなっていますが、13:30ラストオーダーに変更しているのでお気をつけ下さい。

新橋「和楽」の感想と食べログ採点

【 新橋「和楽」の感想 】

・刺身のボリュームが半端なく、揚げ物はえび、唐揚げ、魚、そして冬の牡蠣と質も上げ方もボリュームも最高。

・この質と量で大半のランチは税込み900円 or 1,000円。コスパも最高。個人的に新橋ナンバーワンランチ。

・席は狭くランチ時は相席になる。店員さんはクールにテキパキと仕事をしているが、冷たい感じはない。

・この店は今後も絶対に通い続ける。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.