B級孤独のグルメ

注文後に小麦粉から製麺!する打ち立てラーメン!「麺や七彩」八丁堀

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

東京を代表するラーメン店「七彩 (しちさい)」とは?

七彩は東京を代表する有名ラーメン店。都立家政に「食堂七彩」、八丁堀に「麺や七彩」があります。

確か本家は都立家政の方で、自分は東京駅ラーメンストリートにあった「麺や七彩」が七彩との出会いでした。

その「麺や七彩」のラーメンストリートの店舗がなくなったと思っていたら2015年に八丁堀に移転したとのこと。

その八丁堀の「麺や七彩」はできた当初から話題になっていました。

なんと麺は手打ち。なだけでなく注文後に小麦粉から製麺しているというのです。

うどん店などでそれに近いものは見たことがありますが、ラーメン店では自家製麺はそれほど珍しくありませんが、手打ちしているところはほとんど聞いたことがありません。

それも手打ちにするにも全く作り置きせずに粉から作るとは。

ということでずっと気になっていた「麺や七彩」に念願がかなってようやく行くことができました。

 

 

八丁堀「麺や七彩」の外観、メニュー

八丁堀と聞くとなんとかく行きづらそうに思っていましたが、日比谷線や京葉線を使わなくても行ける方法があるのに気づきました。

「麺や七彩」は八重洲通り沿い。そう、東京駅の八重洲口から大通りをまっすぐ歩くと「麺や七彩」に着きます。時間は10分少々でした。

オフィスビルの1階?と思しき立地。遠目からもオシャレな雰囲気です。

小麦粉のポスター。下には麺や七彩のこだわり書きが木の上に書かれています。

店内に入ると元気な声がかかります。

「麺や七彩」のメニューは以下の通り。

【 八丁堀「麺や七彩」のメニュー 】

喜多方らーめん 煮干し・醤油・塩 1,000円
喜多方らーめん 煮干し・醤油・塩 肉そば 1,350円
喜多方らーめん 煮干し・醤油・塩 味玉 1,150円

つけ麺 1,000円
冷やし中華1,200円

通常のラーメンが1,000円とかなり高めです。できた当初は820円だったそうでかなり値上げした模様。

ただ、ご自慢の麺は普通(150g)、中盛(200g)、大盛(250g)から選べます。

カウンター手前の席が空いていたのでこちらに座ります。製麺の実演を見たいならここがベストポジション。小麦粉とかん水?を混ぜているのが見えます。

卓上の調味料は胡椒くらい。スープにもかなり自信があることが窺えます。

さて、調理場ではかき混ぜた小麦粉を手で捏ねて、麺生地を作っているのが見えます。

 

 

八丁堀「麺や七彩」手打ち製麺の様子

製麺の様子は視覚的に楽しめるのはもちろん、音も臨場感を高めてくれます。

木の棒で麺を伸ばしています。

大きな包丁で切って、手揉みをします。これによって麺に縮れができるんですね。

ここから茹でる時間が3分くらい。製麺作業を初めてから10分くらいでラーメンが完成します。

しかし一度に作れる量には限界があるようで、最初のターンでは自分までラーメンが届かず。2巡目にようやくやってきました。20分弱ほど待ったでしょうか?

隣の席に人は1巡目だったのでが、煮干しの香りの素晴らしいこと。この香りがもともと空腹だったお腹を刺激していました。このおかげでベストな腹具合で打ち立て麺とご対面です。

 

 

八丁堀「麺や七彩」で頂いた喜多方らーめん(醤油)

喜多方らーめん(醤油)@麺や七彩 八丁堀

 

トッピングがチャーシューが2種で一枚ずつ。あとはねぎとかなり細切りのメンマと言った感じ。

こちらは煮干しでないのでそこまで煮干しの香りはしません。

しかしスープをすすってみるとガッツリ煮干し!

動物系と煮干しを混ぜたスープと聞いていたのですが、7割以上は煮干しに感じました。

ほんの少しだけエグみが残っていますが、この無化調スープは後味がすっきり。美味いな。いくらでも飲めそうです。スープの量も十分。

そして、手打ち麺。

しっかりとコシがあります。もう少し柔らかいものを想定していましたが、ほんのり固い感じが良いですね。最後の用法しっかり柔らかったですが。

食感はいわゆるピロピロ食感。麺の大きさは不規則で短めです。

うん、麺はもちろんかなり美味しいのですが、現在の有名ラーメン店は自家製麺、あるいは自家製麺でなくても製麺所から新鮮な麺を取り寄せているのでそこまで大きな差別化にはなっていないと思いました。

メンマはコリコリして美味しいですが、細いので一瞬で終わり。

チャーシューは喜多方ラーメンによくありそうなバラ肉のチャーシューと低温調理の豚もも肉チャーシュー。どちらも小さいです。

バラ肉の方は安定感がありましたが、もも肉の方はあまりレアな感じはしません。チャーシューはそれほど心に残りませんでした。

 

 

八丁堀「麺や七彩」の行き方と営業時間

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目13−2

JR京葉線・東京メトロ日比谷線 八丁堀駅 A5出口から徒歩3分

本文でも書きましたが自分は東京駅八重洲口から歩きました。10分ちょっとです。

【 八丁堀「麺や七彩」の営業時間 】

11:00~15:00 / 17:00~21:00

定休日 第3火曜

八丁堀「麺や七彩」の感想と食べログ採点

【 八丁堀「麺や七彩」の感想 】

・粉から麺を作り上げるところじっくり見られてすごく面白かった。調理を見るのが好きな人にはたまらないと思う。

・スープは普通の醤油にしたが煮干したっぷりの安定感ある無化調の美味しいスープ。麺はコシのある中太の縮れ麺。作りたてを見た後では一層美味しく感じた。

・ただトッピングはチャーシューもメンマも少なめで味も普通。良い材料を使っているのは分かるけどこれで1杯1,000円は高く感じた。

麺や 七彩ラーメン / 八丁堀駅宝町駅茅場町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.