B級孤独のグルメ

東大近く 本格八丁味噌の味噌煮込みうどん「味噌煮込罠」本郷三丁目

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

酒と味噌煮込み「味噌煮込罠 (みそにこみん)」とは?

先日行った原宿・千駄ヶ谷の「黒うどん 山長」の味噌煮込みうどんは最高でした。

[blogcard url=”https://tokyo-tabearuki.com/Yamacho-Sendagaya”]

自分は極端な寒がりなので冬は常に暖かくて美味しいものを食べたくなりますが、こちらは心も体も温まる理想的な味噌煮込みでした。

さて、「黒うどん 山長」を行く前に東京にも味噌煮込みうどんの名店がいくつかあることに気づきました。

調べたものはピックアップしてリストにしてありますが、なるべく寒いうちに全店舗に行こうと思っています。

今回は本郷三丁目の味噌煮込罠 (みそにこみん)。罠が「みん」と読むとは知りませんでしたが、何か音が可愛い感じの店名です。

おとなの週末の記事では以下のように紹介されていました。

新感覚のご当地うどん

東京では珍しい味噌煮込みうどん専門店。塩を加えず、水と小麦粉のみで打ち上げる麺は、どっしりとしたコシを持ち、歯切れも抜群。八丁味噌をベースに白味噌を合わせることで、渋みの中にもまろやかさを生み出している。その強い存在感をしっかりと受け止めるのは、室鰺や鯖節などからとる濃厚な旨みのダシ。

店舗で食べる前は本格的な味噌煮込みうどんの店という認識しかなかったのですが、この記事を書くに当たってネットで興味深い事実を発見しました。

2018年11月17日放送の「嵐にしやがれ」の「山田孝之 うどんデスマッチ」というコーナーで「味噌煮込罠」が紹介されたそうですが、驚いたのは店主の経歴。なんと東大医学部卒だそうです。

テレビ紹介情報には以下のように記されています。

みそ煮込み部門。東京・本郷にある味噌煮込罠の店主は愛知出身、東大医学部卒で味噌の配合を1年間研究し究極の比率にたどり着いた。

へー。東大卒でうどん屋店主。それは珍しい経歴ですね。テレビが飛びつきそうな話です。味噌の配合を1年間研究というのもサラッと書かれていますがすごいこと。

店主の岡田望さんは東大新聞オンラインにも「麹菌研究者と東大卒味噌煮込みうどん店主に聞く 日本人に欠かせない味噌の魅力」というテーマでインタビューを受けていました。

内容がアカデミックな感じになるのは東大故なんでしょうか?

 

 

本郷三丁目 酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」の外観とメニュー

本郷三丁目駅からさほど遠くない路地に「味噌煮込罠」はありました。

店名の通り、夜は飲みが中心のようです。

みそ煮込みうどんも当然ありますが。

ただ、中に入るなり店員さんから「予約されていますか?」と聞かれます。

自分は飲むつもりはないので一瞬みそ煮込みうどんだけで大丈夫か不安になりますが、少し待つように言われます。

なるほど、確かにテーブル席で飲んでいる人がメインのようでした。夜は居酒屋と考えて良さそうです。

少し待って4席しかないカウンター席に案内されました。右隣には女性の1人客。酒は飲まずに味噌煮込みうどんを食べていたので少し安心します。

メニューは酒のつまみが中心でした。

味噌煮込みうどんは種類が豊富でした。

【 酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」のみそ煮込みうどんメニュー 】

味噌煮込みうどん 900円
キムチ味噌煮込みうどん 950円
インディアン味噌煮込みうどん 950円
イタリアン味噌煮込みうどん 1,050円

大盛+100円 ハーフサイズ200円引き 特盛+400円

「黒うどん 山長」にはチーズトッピングあり驚きましたが、こちらは国際色豊かというか韓国風、インド風、イタリア風まであります。

味噌汁はこうあるべきみたいに日本人は味噌を保守的に考える傾向がありますが、味噌の可能性は広そうです。とはいえ初回に注文すべきなのは王道の味噌煮込みうどん。

無事にこれだけで注文が通りました。お酒は好きですが、毎晩必ずスポーツクラブに行くのでその前はできるだけ飲みたくありません。

テーブル席にいたのも学者風の人が目立ちアカデミックな会話が盛り上がっています。右隣の男性2人組は金融業界の人らしくニューヨークの暮らしぶりについて話しています。

この時点では店主が東大卒ということはつゆ知らず、何か東大色の強い店だなと思っていました。

同じ本郷三丁目の最高のラーメン店「にし乃」は普通にラーメン屋の雰囲気だったので。

[blogcard url=”https://tokyo-tabearuki.com/nishino”]

後から考えると、店主が東大卒ということで、東大関係者の利用が多いとうこともあるのかもしれません。

さて、接客のスタッフはいるものの、厨房は店主のワンオペで手際は良いもののつまみを作るのに忙しそうです。

10分以上過ぎてからガスコンロに3つ鍋を並べます。うどんはテボで別に茹でていました。調理が始まってからは速く結局15分くらい待ってグツグツの味噌煮込みうどんがやって来ました。

 

 

本郷三丁目 酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」で頂いた味噌煮込みうどん

グツグツ煮立っている味噌煮込みうどんを見ると心が高鳴ります。

鍋は結構厚みがあります。

味噌煮込みうどん@味噌煮込罠

 

取り皿もついてきます。

さて、スープから頂きます。

うん。美味しい!

山長と比べるとそこまで濃密な感じはしませんが、十分に濃厚で良い感じのあっさりした良い出汁が効いています。後味がさわやかです。

麺はコシがありますが、名古屋風にしてはそこまで強くなく、モッチリ感もあります。何かスープといい、麺といいクセがなく食べやすい感じです。

ただトッピングのお揚げ、ネギは少なめ。卵も小さめサイズでした。鳥肉は小ぶりなものが3,4切れ。バランスは良いのですがどれも少なめに感じました。お酒の締めなら丁度良さそうですが。

個人的には+200円くらいでこれらの大盛トッピングあったらな と思いました。

全体的にはクセがなく食べやすく美味しい味噌煮込みうどんでした。東京の人にも受け入れやすいと思います。

 

 

酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」の行き方と営業時間

〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目31−15 菅谷ビル

東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅(2番出口)から徒歩3分
都営大江戸線「本郷三丁目」駅(5番出口)から徒歩2分

【 酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」の営業時間 】

★年末年始のお休み 12月30日(日)~1月6日(日)

平日 11:30~14:30(L.O.)/ 17:30~22:00(L.O.)

土 11:30~14:30(L.O.)

定休日 日曜・祝日

こちらは食べログから引用させてもらいました。

酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」の感想と食べログ採点

【 本郷三丁目 酒と味噌煮込み「味噌煮込罠」の感想 】

・うどんのコシは強すぎずほどよくモッチリ感まであった。自分が今まで食べた味噌煮込みうどんの中ではかなりクセのない方。またスープもほどよく濃厚ながらあっさりした食感。東京人でも食べやすい感じ。

・夜で味噌煮込みうどんだけを食べることも可能だが、周囲が飲み客ばかりでアウェイな感じがしたので、昼に来たほうが良かったかも。

・味噌煮込みうどんが夜でも900円は頑張った値段と思うが、トッピングが全体的に少なめでトッピング増量もできたらと思った。

酒と味噌煮込み 味噌煮込罠うどん / 本郷三丁目駅水道橋駅湯島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.