B級孤独のグルメ

新宿「ティムホーワン(添好運)」世界一安いミシュラン!の東京2号店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

2019年5月24日 新宿サザンテラスに香港点心専門店「ティムホーワン(添好運)」がオープン

2018年に4月8日に日比谷シャンテにオープンした香港「ティムホーワン(添好運)」の日本一号店。

開店と同時に話題になり連日大行列。

日比谷のティムホーワンに関しては以下の記事に詳しく書きました。

大の香港びいきで現地の「添好運」に何度か訪問したことのある私でも「こんなに飲茶好きな人が多かったのか!」と驚くほどの大盛況ぶり。

まあ「添好運」の点心は外れがなく間違いなく美味しいですからね。

そして今回は新宿サザンテラスに「ティムホーワン」の日本二号店がオープン!したと聞き早速行ってきました。

ところで、先日バンコクに行った際にも昨年台北に行った際にもたまたま「添好運」を見かけました。恐ろしいくらいの勢いで海外店舗を増やしているようです。

きっと背後には香港系あるいは中国系の日本人が想像もできないくらいの超巨大資本がバックについていると思います。本気で世界征服?を狙っているのではないでしょうか?

日本もこの調子なら三号店、四号店もありそうです。

ところで香港の「添好運」は一部店舗がミシュランの一つ星を獲得していながら価格は庶民的。自分も現地で絶品の点心を3品食べて1,000円でお釣りが来た時は驚きました。

これが「添好運」が世界一安いミシュラン一つ星と言われる所以です。しかし流石に日本でも同じとはいかず価格はざっくり香港の2倍です。それでもリーゾナブルな感じですが。

ティムホーワン (添好運 Tim Ho Wan) 新宿サザンテラス店の外観、メニュー、店内の雰囲気

新宿のティムホーワンは「クリスピー・ドーナツ」の跡地にありました。

かつて6時間待ち!という伝説を作ったクリスピー・ドーナツ。いつの間にか行列もなくなり、気がついたら閉鎖していました。

日本のピーク時も海外では並ばずに食べられたので食べてみましたが、ごく普通のドーナッツ。今もってあの行列は謎です。

現在のタピオカミルクティーブームも加熱しすぎでかなり謎ですが、タピオカ自体は美味しいのでブームが終わってもそれなりに定着しそうな予感がします。

さて、少し話が逸れましたがティムホーワンも行列が心配。日比谷店もできた当初は2時間待ちが当たり前でした。

しかしこの日のティムホーワン新宿店は午後2時少し前で8名しか並んでいません

実は最近日比谷店の行列もかなり短くなった気がしていましたが、開店してから一週間ほどでこの行列は店側からすれば「思ってたのと違う」のではないでしょうか?

こちらとしてはしめしめですが。

なお、日比谷店同様、店舗の一部がテイクアウトになっています。新宿では店の左側にチャーシューメロンパン(ベイクドチャーシューパオ)が売っていました。

並んでいると店員さんからメニューが配られます。

ティムホーワンのホームページによると2018年12月に新メニューが3品加わったようです。

今回はその中の牛挽肉のチョンファンを頼むつもりでした。

結局、必ず頼む海老の蒸し餃子(ハーガオ)と

牛挽肉のチョンファン(腸粉) と

鶏肉と生姜の蒸しご飯を頼むことにしました。

注文は日比谷と同じように紙に自分で書き込む香港スタイルです。

中に入ると二階に案内されます。

なんかカッコいい。

なお、一階には個室があるようです。

二階は陽がさして雰囲気良し。店員さんも多く活気があります。

客は日本人中心で全員似たような顔つき。中国人らしき客もちらほらいました。

しばらく待って、海老の蒸し餃子が運ばれてきました。どうやら日比谷店と同様に1品づつ運ばれてくるシステムのようです。

 

 

ティムホーワン 新宿サザンテラス店 で頂いたもの

海老の蒸し餃子(ハーガオ)

海老の蒸し餃子(ハーガオ)@ティムホーワン新宿

 

とにかく大好きな海老の蒸し餃子。

皮はもちもち、海老はプリプリです。

独特のもちもち感というか伸びがあり、ほんのり甘くこの上なく上品に海老を包みます。

海老はケチらずにぎっしり詰まっています。これを少しクセのある魚醤をつけて口に入れると蒸した熱気とともに海老が一気に口の中に入り込んできてたまりません。

この料理だけなら、10点満点で10点つけられます。

牛挽肉のチョンファン(腸粉)

牛挽肉のチョンファン(腸粉)@ティムホーワン 新宿

 

そして、腸粉。豚の腸のように見えることからこの名がついたそうですが、腸は一切使っていません。中は様々な具材を入れますが、なんと言っても米が原料のの点心ももちもち。

もちもちですが、とても柔らかく蒸し餃子のもちもちとは違います。言葉にしずらいですがなんとも快感。初めて食べた時は衝撃的でした。

そういえば、タピオカも食感を楽しむものですが、個人的にはこの腸粉の方が食感を楽しめると思います。

ちなみにこちらのチョンファン、腸粉自体は楽しめましたが牛挽肉の感じはあまりしませんでした。

鶏肉と生姜の蒸しご飯

鶏肉と生姜の蒸しご飯@ティムホーワン 新宿

 

そして鶏肉と生姜の蒸しご飯。

鶏はかなり大きめでジューシー。ご飯はインディカ米の香港スタイル。インディカ米を使うのでサラッとした食感になります。香りも良い。

生姜も良いアクセントになっています。結構ボリュームがあって今回は1人で3品でしたがお腹いっぱいになりました。

会計は2,184円。サービスチャージが10%付きます。

まあそれ自体は場所柄仕方がない?かもしれませんが、感じが良い店員が何人かいた反面、気が利かない店員もいたりと開店したばかりのドタバタな感じはありました。

今後はサービスチャージに相応しい安定した客対応をして欲しいものです。

ティムホーワン 新宿サザンテラス店の行き方

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目24

JR新宿新南口からだと徒歩数分。南口から徒歩5分くらいでしょうか?見通しが良いので少し離れたところからもティムホーワンを確認できます。

【 ティムホーワン(添好運) 新宿サザンテラス店の営業時間 】

11:00~23:00 (22:00LO)

定休日 なし

ティムホーワン 新宿サザンテラス店 の感想と食べログ採点

【 ティムホーワン(添好運) 新宿サザンテラス店の感想 】

・海老の蒸し餃子(ハーガオ)は本当に美味しい。個人的にはこれを食べるためだけでもティムホーワンに行く価値があると思う。

・他の料理も安定した香港スタイル。日比谷店もそうだが変に日本人向けにアレンジしないのが良い。

・平日の午後2時でさほど行列はなかった。日比谷店のようなフィーバーはない?

・オペレーションは一部スムーズではなかった。今後に期待。

添好運 新宿サザンテラス店飲茶・点心 / 新宿駅代々木駅南新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.