B級孤独のグルメ

予約は2年先まで!超人気の五反田「食堂とだか」で期間限定ランチ

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

五反田「食堂とだか」とは?

五反田「食堂とだか」が夏季限定のランチ「ふらっとだか」をオープン

品川経済新聞の以下の記事を見て驚きました。

東急池上線五反田駅近くのリバーライトビル(通称・五反田ヒルズ)(品川区西五反田1)の飲食街で昼営業を始める店が相次ぎ、賑(にぎ)わいを見せている。現在、昼営業しているのは「食堂 とだか」と「ダイニング Bar つるかめ」「コワーキングスナック CONTENTZ分室」

えっ、あの「食堂とだか」が昼営業?

読み進めてみると、

グランドフロアに店を構える「食堂 とだか」は、8月14日に予約不要の「ふらっとだか」を期間限定で開始。「食堂 とだか」は2年先まで予約で埋まっている人気店。店主の戸高雄平さんは「新しいお客さんが来店できない状況が気になっていた。この機会に『とだか』の味をぜひ知ってほしい」と話す。

 「ふらっとだか」では、店主の戸高さんの夏休み期間を利用し、同店スタッフが厨房(ちゅうぼう)に立つ。定番フードメニュー10品と通常営業時のドリンクメニューを提供。「牛ご飯」や「とだCurry(カレー)」(以上1,000円)、「ウニ・オン・ザ玉子」(700円)、「冷やし中華」(1,200円)や「ぶどう大福」(500円)などをそろえる。昼の営業時間は11時30分~14時30分。定休日は17日・18日・25日。取り組みは26日まで。

要は8月14日から8月26日限定で「食堂とだか」が「ふらっとだか」という名前でランチをするということです。定休日が3日もあるので実質わずか10日くらいですか。

これは行くしかないでしょ?とばかり早速行ってきました。

ところで「食堂とだか」をご存知でしたか?自分もそれほど詳しくないのですが簡単に説明するとこんな感じです。

2年先まで予約が取れない「食堂とだか」とは?

長らく五反田近辺に勤務し、五反田の食事情に詳しい友人Sくんよると「食堂とだか」の人気に火をつけたのは「孤独のグルメ」がきっかけ。

「孤独のグルメ」SEASON6の12話で「東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯」というタイトルで「食堂とだか」が紹介されています。

ドラマの中で五郎さんは「たこときゅうりの塩昆布」「ウニ・オン・ザ・煮玉子」「胡麻豆腐とトマトの揚げだし」「揚げトウモロコシ」「キンキと茄子の包み焼き」「牛ご飯」「体に良いおみそ汁」を頂いたとか。

今回のランチは「牛ご飯」と「ウニ・オン・ザ・煮玉子」があるようなのでこれを頂くことにしよう。

ところで2年先まで予約が取れないというのはいくらなんでもは大げさ?と思ったのですが、それを証明するような記事をWeb上でいくつか見つけました。

また、「食堂とだか」と同じビルに「立ち呑みとだか」があってこちらは流石に予約できるかと思いきや、こちらも予約困難だそう。

ふー。ということで予約不要で食べられるランチは「食堂とだか」を味わう千載一遇のチャンスのようでした。

 

 

「食堂とだか」の外観、メニュー、店内の雰囲気

五反田はそこそこ詳しいはずが、駅前に思わぬ盲点がありました。

ランチの親子丼が最高に美味しい「ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし」の隣にあるリバーライトビルなるビルに関しては、存在にさえ気づいていませんでした。

これか!実は一度通り過ぎてしまい、引き返して発見しました。

リバーライトビルは通称・五反田ヒルズ。ヒルズを名乗るからには少し小高いところなのかと思いきや平らな立地です。

中に入ると更にびぅくり。

おおっ、中庭がある。そして飲食店が多数あります。品川経済新聞の記事からも予測はつきましたが基本は飲み屋のようで営業している店はまばら。

左奥に「食堂とだか」はありました。少し離れたところからだと営業中かわかりませんでしたが、近づくと明かりが見えます。

カウンター席だけの狭い店の様子。食べログを調べると座席数は8。

さて、中に入ると先客5名ほど。13:15でしたが並ばずに済むようでほっと一息。

手前に2席、奥に1席空いていて1人なので奥に行くよう言われます。仕方がありませんが、通りかかる時に座っている人の背中に触れるくらいに狭い。着席しても左右が激狭です。

大井町の東小路など狭すぎるのが個人的に苦手で日頃は近寄らないようにしているのですが、仕方がありません。

【 五反田 ふらっとだかの主なランチメニュー 】

牛ご飯 1,000円
とだカレー 1,000円
冷やし中華 1,200円
ウニ・オン・ザ煮玉子 700円
いぶりがっこのポテサラ 500円
甘納豆チーズタワー 900円
ジャイアントマスカット白和え 800円
ゴーヤのピクルス 500円
ぶどう大福 500円

おそらくは夜のメニューからランチ向けにいくつか選択したメニューだと思います。厨房には比較的若い男女が一名づつ。記事にあったように「食堂とだか」のスタッフのようです。

予定通り牛ご飯とウニ・オン・ザ煮玉子を注文します。特に何も言われることがなく注文が通りますが、後から考えるとここで一声欲しかったなと思いました。

 

 

「食堂とだか」で頂いたもの

ウニ・オン・ザ・煮玉子

最初にウニ・オン・ザ・煮玉子がきます。「崩れやすいので一口で」と言われました。

ウニ・オン・ザ・煮玉子@ふらっとだか

 

ウニは結構のっていてビジュアル的に迫力があります。うに用のタレとわさびがついています。

言われたとおり一口で頂きます。

おっ、美味しい感じが口に中に一気に広がります。

ひんやりした煮卵。煮玉子とうにのとろけ具合が良い感じ。ただ大きさ的に圧倒的に煮卵が強く、うにはほんのりという感じ。それをわさびがうまくまとめあげます。

よく出来ているのは分かりますが、後味が玉子とわさびになるのは少し雲丹がもったいない気もしました。

牛ご飯

牛ご飯@ふらっとだか

 

そして牛ご飯。レアな焼き加減のサーロインが目に入ります。

ザーサイやしそ、そして煮玉子ものっています。

ただ猛烈に小さい!普通の茶碗よりも一回り小さいお子様サイズです。

完全に飲み屋の〆サイズ。注文時に「大盛にしたほうが良いですよ」くらい言って欲しかったな。。

しかしこの牛ご飯、とろけるような牛肉の美味しさ。これをザーサイ、シソ、玉子、わさびなどごたまぜで食べるとなんとも言えない口福状態に。

すき焼き風な肉で味付けもそうなんですが、すき焼きとはまた違った美味しさを感じました。

確かに飲みの締めでこれを食べたら感動しそう。

さて、「ふらっとだか」のランチ。料理は大満足。2年待ちの店で予約なし行列なしで行けたのは良かった。

ただ1,700円も払って、満腹度は30%くらい。ランチ営業は初めてかもしれませんが、通常メニューをそのまま出すのではなく、少しはランチ用にアレンジして欲しかったな。

 

 

「食堂とだか」の行き方と営業時間

〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目9−3 リバーライトビル

駅から1,2分ですが、意外と目立ちません。写真を参考にして下さい。

【 五反田 食堂とだかの営業時間 】

月~土
2部制 18:00~20:30 / 20:30~23:00

定休日 日曜日

本文でも述べた通り2年待ちという噂です。何か裏技ないのかな?

「食堂とだか」の感想と食べログ採点

【 五反田 ふらっとだかの感想 】

・「ウニ・オン・ザ・煮玉子」「牛ご飯」とも高レベル。創作料理の人気店というはよく分かった。

・ただ「牛ご飯」はお子様向けの茶碗1杯だけ。これでは足りない。ランチをやるならランチ向けにアレンジするか注文時に「量が少ないですが大盛でなくて大丈夫ですか」と声をかけてほしかった。

・店内は激狭。気のあった仲間で行くと友情が深まるかもしれないが。

・お値段は庶民的な価格ではなく、高級店の価格。

食堂とだか郷土料理(その他) / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.