B級孤独のグルメ

祝ミシュラン掲載!「ビストロべっぴん舎」お茶の水店で赤の薬膳カレー

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

ビストロべっぴん舎とは?

御茶ノ水・神保町の「ビストロべっぴん舎」は2016年8月にオープン。食べログは3.81 (2021.04.10現在)で2019と2020の百名店に選ばれています。

御茶ノ水・神保町と言えばカレーの激戦区として有名ですが、歴史のある名店に劣らず高く評価されています。

そして特筆すべきは「ミシュランガイド東京2021」で、「ビストロべっぴん舎」はビブグルマンに選ばれたこと。

インド料理を含めてもカレーは10軒しか選ばれていないのですごい事ですね。

「ビストロべっぴん舎」の店長は老舗カレー店とワインビストロでの店長経験があるとか。この老舗カレー店とは日本初の本格的インド料理を提供した上野「デリー」の血を引く柏「ボンベイ」。

柏「ボンベイ」で修行された方が出店している店も数多いようですが、「ビストロべっぴん舎」もその1つということになります。

柏といえば「ビストロべっぴん舎」の支店もネット上で見つかりましたが、食べログを見た所現在は「掲載保留」になっていました。何かあったのかな?

確認できた「ビストロべっぴん舎」は御茶ノ水店の他に2020年にオープンした神保町店。御茶ノ水店からもさほど離れていません。現在確実に営業しているのはこの2軒という事になります。

 

 

ビストロべっぴん舎 お茶の水店の外観、メニュー、店内の雰囲気

JR御茶ノ水駅から神保町方面に坂を下っていきます。駿河台下交差点近く。この辺りはカレー激戦区神保町の中でもカレー密集地帯。

大好きな「エチオピア」や2018年に神田カレーグランプリで優勝の「MAJI CURRY (マジカレー)」の先に「ビストロ べっぴん舎」はあります。

店舗は2階。1階は「神田たまごけん」です。

2階で目立たない分道路脇に看板が置いてありのぼりが立っています。

左上は「赤のべっぴん薬膳カリー」。20種以上の秘伝スパイスを使っているとか。今日はこれにしよう。

上野「デリー」や柏「ボンベイ」同様に「カシミールカレー」もあります。

看板の裏も「赤のべっぴん薬膳カリー」推しですね。

のぼりは「赤のべっぴん薬膳」と「黒のべっぴん カシミールカレー」の2本立て。

さて、階段を上っていきます。

入口前には百名店の賞状や、ミシュランのステッカーがありました。

店内は手前にカウンター6席、奥にテーブル8席。

カウンター席の1番手前のみ空いていてそこに案内されます。

厨房に店長と思しき男性と女性スタッフが1名。どちらも丁寧で優しい雰囲気のする接客です。

メニューはこんな感じ。

ビストロべっぴん舎 お茶の水店のメニュー

 

「赤のべっぴんカレー」はカルダモンとジンジャー。たっぷりの玉ネギが入ったスパイシーカレー。

辛さは1~6まで選べるようです。

辛さ具合が良く分からなかったので無難に3でお願いしました。

なお、この時は気づかなかったのですが、「平日ランチに限りライス大盛りサービス」でした。

グラスの感じが良い感じ。

隣の席とはしっかり仕切りがあります。広いわけではありませんが、そこまで圧迫感がありません。

木を使ったテーブルや椅子がシンプルながら予感時。

目の前には神田カレーグランプリのマイスターアワードやミシュランの縦が飾られています。

BGMは邦楽邦楽混合。ABBAの「ダンシング・クイーン」が流れたと思えば次は尾崎豊の「卒業」だったりと不思議な選曲。自分的少し懐かしの曲が流れています。

それにしても待ちます。ランチだしカレーだし、たいていは10分以内に出てくるものですが20分ほど待ちました。

それだけ丁寧で調理工程が多いということで、個人的には待ち時間が長い店は当たりの事が多いのですが今回もそうでした。

 

 

ビストロべっぴん舎 お茶の水店で頂いた赤のべっぴん薬膳カリー

最初に付け合せが来ます。

左は玉ねぎのピクルス。更に一口サイズのポテトサラダが付きます。

そして、「赤のべっぴん薬膳カリー」。

白いシンプルな器に登場です。

ブロッコリーの姿が確認できますが、

赤のべっぴん薬膳カレー@ビストロ べっぴん舎 お茶の水店

赤のべっぴん薬膳カリー@ビストロ べっぴん舎 お茶の水店

 

結構具沢山でナス、にんじん、レンコンが入っています。鶏は手羽先。

さて、頂きます。

サラサラのスープカレーは3辛でもかなりピリリとします。ただ玉ねぎ感がしっかりあるので普通のスープカレーとは少し違います。

かなり複雑な味付けでジンジャー感のせいか最初はそこまで分かりやすい美味しさに思えなかったのですが、食べるごとにクセになっていきます。

気がつくと汗がじんわり。スパイスを大量に摂取した時に出る気持ちの良い汗です。

カルダモンは身ごと入っていました。そのまま食べるのも良いですね。

野菜の感じもとても良く特にナスはとろっとした感じが最高。また手羽先はかなりホロホロに煮込んでありすごく美味しい。

玉ねぎのピクルスやポテトサラダも味変として優秀で良く考えられた構成であることが分かります。

照明のせいで「赤のべっぴん薬膳カリー」はやや暗めに見えるかもしれませんが、実際はしっかり赤い。これは赤が分かりやすい写真でしょうか?

美味しく完食。雰囲気や接客も良く満足度の高い店でした。

 

 

ビストロべっぴん舎 お茶の水店の行き方、営業時間、テイクアウト情報

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目10−37

神保町駅 徒歩5分
新御茶ノ水駅 徒歩5分
御茶ノ水駅徒歩 8分

【 ビストロ べっぴん舎 お茶の水店の営業時間 】

ランチ 11:00~15:00L.O.
ディナー 18:00~20:00L.O. close21時

定休日 月・水曜日不定休 祝日の場合は営業

テイクアウトにも対応しているようです。

 

 

ビストロべっぴん舎 お茶の水店の感想と食べログ採点

【 ビストロ べっぴん舎 お茶の水店の感想 】

・赤のべっぴん薬膳カリーはスパイス感がすごい。かなり複雑な味付けで分かりやすく美味しいというより少しずつクセになる美味しさ。野菜や手羽先も美味しい。付け合せは全体バランスを良く考えた構成。

・テーブルや椅子が木で店内の雰囲気良し。接客がすごく丁寧で優しい感じ。

・このクオリティのカレーがランチ1,000円はコスパ良しと思う。

ビストロべっぴん舎 お茶の水店カレー(その他) / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.