B級孤独のグルメ

中目黒「ファイブスターカフェ」レトロな隠れ家で絶品シンガポール料理

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

シンガポール料理の名店中目黒の「ファイブスターカフェ (Five Star Cafe 五星鶏飯)」とは?

嬉しいことに、海南鶏飯の人気と共に東京でもシンガポール料理専門店が増えてきました。

3回ほどシンガポールに行ったことがあり、そこそこ現地の料理を食べたことのある自分が好きな東京のシンガポール料理店は3つ。

淡路町の「松記鶏飯」、田町の「威南記(ウィーナムキー)」、そして中目黒の「ファイブスターカフェ」です。

「ウィーナムキー」はシンガポールから進出してきた店ですが、注目すべきは「松記鶏飯」と「ファイブスターカフェ」。

どちらも現地をかなり意識し、現地に精通している日本人が経営していています。(確認したわけではないですがおそらくそう。店員も日本人が中心)

そして日本人ならではの繊細な作業が素晴らしく、特に海南鶏飯などは現地の名店にも引けを取らないレベルではないでしょうか?

今、食べログの東京×シンガポール料理を検索してみました。

【 食べログの東京シンガポー料理ベスト7 2019.06.10現在 】

1位 海南鶏飯食堂2 恵比寿店 3.74
2位 ファイブスター・カフェ 中目黒 3.74
3位 エビス新東記 恵比寿 3.71
4位 松記鶏飯 淡路町 3.70
5位 海南鶏飯食堂 麻布十番店 3.67
6位 威南記海南鶏飯 日本本店 田町 3.63
7位 カフェ・シンガプーラ 海南鶏飯 六本木駅 3.63

「ファイブスターカフェ」は2位ですが、1位の「海南鶏飯食堂2」とは同点。

なお、7位の「カフェ・シンガプーラ」は「ファイブスターカフェ」の姉妹店。どちらも「ゴールデンダイニング」が経営しています。

中目黒の「ファイブスターカフェ」の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

ファイブスターカフェは中目黒駅から数分ですが、狭い路地にありいかにも隠れ家です。なんと元工場を改装したそうでレトロな雰囲気が漂います。

漢字のみで書かれたメニューが良いですね。

中に入ります。13時すぎでカウンター席に空席がありました。

夜はバーカウンターになるのでしょうが、瓶に入っている中国茶が良い感じです。

【 ファイブスターカフェのランチメニュー 】

海南チキンライス 950円
マレー風ブラックカレー 950円
叉焼飯 (チャーシューファン) 950円
四川麻婆豆腐 950円
加東叨沙 (カトン・ラクサ) 950円
トムヤムヌードル 950円
肉骨茶 (バクテー) 1,000円
中華粥 (ポリッジ) 600円

いつの間にか四川麻婆豆腐やトムヤムヌードルもメニューに加わっています。純粋にシンガポール料理を提供するというより、美味しいものなら国はこだわらない方針なんでしょうか?

以前は絶品の海南鶏飯と肉骨茶を頂いたので、今回は「ファイブスターカフェ」の大人気メニューマレー風ブラックカレーを注文しました。

 

 

中目黒の「ファイブスターカフェ」で頂いたもの

マレー風ブラックカレー

マレー風カレーは初めて。ただシンガポールもマレーシアもインド系の人口は10%ほど。元々カレー文化は根付いています。

マレー風ブラックカレー@ファイブスターカフェ 中目黒

 

 

本当に黒いですね。

食べてみるといわゆるシャバシャバ系です。欧風とは違いあっさり食感。香辛料はかなり多めですが、辛さはさほどでなく、口の中に美味しさが広がります。

ベースはタイカレーのようにココナッツミルクなんですね。辛さはあまりなく美味しさが口の中に広がります。

小エビの発酵調味料を使っているそうで海老の風味もあります。かなりオリジナリティの高いカレーですが、文句なしに美味しい。

大きめの手羽先にポテトや貝類も入っていました。

卵スープは鶏だし。焦がしがアクセントになった感じで美味しいです。

ただ漬物はかなり酸っぱくピクルスみたいで固かった。これはあまり好みではありませんでした。

かつて頂いた 海南チキンライス

海南チキンライス@ファイブスターカフェ 中目黒

 

美味しい海南チキンライスはご飯が美味しい!これも鶏の旨味が染み込んだ美味しいご飯です。

そして良い感じに茹でた鶏が柔らかくジューシーで上品。現地でもここまで上品な鶏はあまり見かけません。

かつて頂いた 肉骨茶 (バクテー)

肉骨茶 (バクテー)@ファイブスターカフェ 中目黒

 

そして肉骨茶もインパクトがありました。

肉骨茶は現地だと本当に漢方薬というか薬のような食べにくいバクテーか、クセを極力排除した食べやすいバクテーの2種類があるように感じるのですが、どちらも最高の味とは言い難い。

「ファイブスターカフェ」のバクテーは豚の骨付き肉、クコの実、八角、玉竹、甘草、肉桂、ニンニクという王道の肉骨茶のレシピで、かつ薬ぽさもあるのですごく美味しい。

最初に食べた時は本当に驚きました。

中目黒の「ファイブスターカフェ」の行き方と営業時間

〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目12−4

中目黒駅から数分の狭い路地にあります。目立たない外見なので、気づかずに通り過ぎることもあります。

【 中目黒の「ファイブスターカフェ」の営業時間 】

11:30~15:00(L.O15:00)
17:30~23:00(L.O.22:30)

ペット:13:00~

定休日 年末年始/無休

ペットも可なんですね。さすが中目黒だ。

中目黒の「ファイブスターカフェ」の感想と食べログ採点

【 中目黒の「ファイブスターカフェ」の感想 】

・シンガポール料理を徹底的に追求しつつ、本場よりも繊細な料理?日本人が作るとこうなる?どの料理もレベルが高い。

・町工場を改装したという隠れ家風の店内は雰囲気良し。

・特別に安い訳ではないが、食材の費用や味を考えるとリーゾナブルだと思う。

ファイブスター・カフェシンガポール料理 / 中目黒駅代官山駅祐天寺駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.