B級孤独のグルメ

大門 「自家製さぬきうどんと肉 甚三」「丸香」の血を引く絶品うどん

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

東京の讃岐うどんは高い

本場香川ではかなり安いという讃岐うどん。地元では100円、200円なんて話を聞くと本当かいな?と思いますが、東京に来るとその数倍になります。

おそらく家賃が一番の原因でしょうが、うどんはもう少し気軽に食べたいものですね。

東京で一番美味しいと思ったうどんは新宿の「しん」。

打ち立て!うどんが本当に美味しかったですがなかなか良い値段です。

東京で一番通ううどん屋は神田の「香川一福」。

ここはクオリティが高いので値段相応な気もしますが、内装にあまりお金をかけていない事を考えると少し高い気もします。

その他、高いだけで丸亀製麺やはなまるうどんと変わらないレベルの店も多数存在します。

しかし、今回激ウマ讃岐うどんで値段も高くない店に初めて巡り会いました。浜松町・大門の甚三じんざです。

浜松町・大門の 「自家製さぬきうどんと肉 甚三(じんざ)とは?」

数年前に開店して以来大人気で食べログは3.59。百名店にも選ばれています。

噂によると食べログ3.94で東京✕うどんで東京1位のうどん丸香まるかで修行された方が開いた店だそうです。

そして食べログから甚三のPRを引用させてもらいますが、とても気になる一節がありました。

「MADE IN 香川」の自家製さぬきうどん

香川で食べる「本物のさぬきうどん」に少しでも近づけるよう可能な限り香川の食材を使用しています。もう1つの軸である「肉」は店主の地元である千葉県を代表するブランド豚「林SPF」を使用。東庄町の工場と直接取引を行い、うどん屋ならではの価格にチャレンジしています。圧倒的に脂が甘いのが「林SPF」の最大の特徴です。

そう、なんと豚はとんかつあおきで有名なあの林SPFを使っているというではありませんか。

最近のブログでは巣鴨の「ときわ食堂」の時も感じましたがやはり林SPFにハズレ無し。という事で甚三は以前からチェックしていた店です。

それがなぜなかなか行けなかったというと営業時間の短さ。11時に始まり閉店は15時半。しかも玉切れ早じまいあり、という事でなかなかタイミングが合いませんでした。

という訳でこの日は気合を入れて13時すぎに甚三へ到着しました。

 

 

甚三(じんざ)の外観とメニューと説明書き

甚三の外観

国道15号線から少し入った路地にひっそりと甚三はありました。ただ近づいてみるとアピール全開。

甚三のメニュー

基本はさぬきうどん、肉うどん、カレーうどんの三本柱のようです。この看板は分かりやすくて良いですね。

中盛り+50円 (1.5玉)、大盛+100円 (2玉)、特玉+200円(3玉) と量も自由に選べます。

自分は一番人気という肉うどん(温)スペシャル+中盛り730円をポチりました。

スペシャルはうどん+豚バラ+鶏天3ケです。

都内の有名うどん店でこの値段だと量が少ない事が多いので買うときは少し不安を感じましたが、甚三は結構な量でした。

甚三の説明書き

店内に入ると繁盛店にありがちな感じ。挨拶と同時にできる感じの女性店員がテキパキと指示をしてくれます。

横長いテーブルに案内されますが、下には荷物を置くところあり、思ったほど狭くありません。

確かうどんの写真を撮るのは良いが店内の写真は撮らないでくれという文言が貼ってありました。神田の香川一福もそうですが、香川の人は店内の写真を撮られるのを嫌がるようですね。

ラーメン屋でよく見かける説明書きがありました。国産、中でも香川産にこだわっているようで安心感があります。

そして豚は林SPF!。期待が高まります。

食べ方に関するレクチャーがありましたが、そのまま食べて美味しいのですっかり忘れていまいした。そして天かすに加えごまのミルがあるのはごま好きにとっては嬉しい限りです。

 

 

甚三の肉うどん (温) スペシャル

座った席からは調理場見えました。製麺機でうどんが作られている瞬間も目にします。一人一人に作っている訳ではなさそうですが、手打ちうどんのうちでもかなりできたてに近いと思います。

そしてほんの数分でスペシャルが着丼します。

おおっ、鶏も豚もすごいボリューム!

スープをすすります。

おおっ、濃厚。シンプルながら煮干しがとても濃厚で美味しいです。

そしてうどん。太めでコシのある典型的なさぬきうどん。新鮮な分更に美味しく感じます。

スープとうどんには大満足ですがさて、肉は?

まずは鶏天。熱々。薄れ目の衣。鶏がめっちゃジューシーです。美味い!

そして林SPFのポーク。こちらもジューシーでほんのり甘いよく知っている林SPFです。

ただとんかつ以外で食べたのは初めてで、スライスされたのも美味しい。「林SPFの生姜焼きとか美味しいだろうな」とか余計な事を思ってしまいました。

ごまをふりふり全く飽きることなく完食。

うどんを食べるとお腹がすくのが早いですが、この日は肉をたっぷり食べたせいかそういう事は全くありませんでした。

 

 

甚三の行き方と営業時間

〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目6−10 コンフォート芝大門

浜松町からも大門からも芝公園からも3分くらいです。

【 大門 甚三の営業時間 】

月〜金 11:00〜15:30(玉切れ次第終了)

土 11:00〜14:00(玉切れ次第終了)

本文にも書きましたが、営業時間が昼間だけ。とても短いのでご注意ください。

甚三の感想と食べログ採点

【 大門 甚三の感想 】

・スープとうどんが高レベル。うどんは打ち立てに近い状態で食べられるのが最高。

・肉が半端ない。林SPFの豚はもちろん美味しかったが鶏の天ぷらもすごく美味しかった。

・この値段で腹いっぱいになれるのはコスパ良し!

自家製さぬきうどんと肉 甚三うどん / 大門駅浜松町駅芝公園駅
昼総合点★★★★ 4.0

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.