B級孤独のグルメ

蒲田「まぜそば専門店 かぐら」2号店がオープン!実食詳細レポ 開店割引情報、1号店情報も

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

2022年11月7日 まぜそば専門かぐら 蒲田店オープン!

まぜそば専門 かぐらは2011年10月立川にオープン。

食べログは3.6を超えていますが、立川近辺に住むようになって日が浅い自分は存在に気づいておらず、Twitterのフォロワーさんに「立川のラーメンなら」ということで推奨して貰った店。

先日早速訪問してきました。

特製まぜそば-海老@まぜそば専門店かぐら 立川

特製まぜそば-海老@まぜそば専門店かぐら 立川

いやあ美味しかったですね。

もっちりした太麺に様々な具材が絡み合い飽きません。海老のタレは濃厚ですが、混ぜるとしつこくなく程よい味が付いていて病みつきになります。チャーシューも美味しかった。

基本はジャンクに分類されそうですが、味付けも調理も実に繊細です。

さて、まぜそば専門店かぐらは2022年11月7日に蒲田店をオープン。

たまたま最近立川店の上記の記事を書いてツイートした事が店の方の目にとまったようで、今回プレオープンのイベントに招待して頂きました。

ラーメン専門ブロガーさんなら普通かもしれませんが、自分のような雑食系ブロガーには珍しい。蒲田在住でいつも弊ブログを応援してくれているS君も誘って店舗に向かいました。

 

 

まぜそば専門かぐら 蒲田店の行き方、外観、店内の雰囲気

地図はまだGoogle Mapに登録されていなかったので旧店舗のものを貼り付けておきます。

〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目6−9

「まぜそば専門かぐら 蒲田店」はJR蒲田駅西口から徒歩数分。

今まで「近江熟成醤油ラーメン 十二分屋」があった場所です。

その前は「ラーメン二郎蒲田店」があった場所と言った方が分かりやすい人もいるかな?

またこのすぐ近くにはスペイン料理屋なのにその名も「銀河系ラーメン」を提供していた「リオブール」があったのですが、移転しまったそうです。

モヤさまとかテレビで何度も紹介されていた店。一度食べてみて普通に美味しくびっくりしました。

Sくんが少し遅れたので食べログで現在のリオブールの場所を調べますが、神奈川県大和市鶴間にあるのだとか。えらく遠くになっちゃったな。

この日はオープンの2日前ですが、11月7日からは3日間半額セール。

派手な看板が目に付きます。「新感覚 香味油まぜそば」ですか。

暫くしてS君が到着。

和食店な感じもある暖簾をくぐります。

提灯の感じも和ですね。

今回はプレオープンでメニューは「まぜそば 鶏」限定。オープンセールの3日間もそうなのでメニューは用意されていません。参考に立川店のメニューを載せておきます。

参考 まぜそば かぐら 立川店のメニュー

参考 まぜそば かぐら 立川店のメニュー

香味油も4種類から選べます。

参考 まぜそば かぐら立川店の香味油

参考 まぜそば かぐら立川店の香味油

自分は立川では海老を選びました。

テーブルはおそらく居抜きかな。

とても清潔な感じです。テーブルの上にテッシュ、割り箸、コップ。

その上にある右は水ですが、左は割スープです。

食べ方指南書もありました。

薬味による味変がまぜそばでは重要になってきます。

卓上に薬味はなかったので、S君が厨房に言って用意してもらいます。

左からGABANのブラックペッパー、アゴふりかけ、特製ゆず胡椒、辣油。

カウンターが高いので調理の様子は見えません。若いスタッフが多く活気がありました。

 

 

まぜそば専門かぐら 蒲田店で頂いた まぜそば 鶏

黒い丼で登場。

色鮮やかな食材が映えるように黒にしたのかな?

具材はかいわれ、青ネギ、モヤシ、卵黄、糸唐辛子、メンマ、鶏もも肉などが確認できます。

まぜそばはもちろん混ぜてから食べるのが正しいですが、最初は混ぜないで食べて麺の食感を確認し、少しずつ混ぜて味の変化を楽しむのもありだと思います。

麺は固めに茹でてあってかなりしっかりコシがあります。もやしが気持ち良いくらいシャキシャキ。何の違和感もなく麺に溶け込みます。

鶏のタレ(香味油)はそれだけだと濃厚ですが、麺にからめると上品な味。しつこくなく、これだけでも十分ですが薬味で楽しむ余地を残しています。

糸唐辛子もこれだけで見ると結構入っていそうですが、上品な辛さを主張し全体を邪魔しません。

卵黄も同様。バランスが良いよなぁ。

また鶏のもも肉が美味しい。

ラーメンの鳥チャーシューはむね肉が主流ですが、こちらの方がジューシーで好みですね。

途中でアゴふりかけや柚子胡椒の薬味を投入。部分的に味変して楽しんだ感じでしたが。

最後に割りスープを混ぜます。

すると、アゴやゆずの風味をしっかり感じます。また、ニンニクチップも結構入っていたのだな。

美味しく完食、完飲。いやぁ、美味しかった。

ラーメンファンの中には混ぜそばや油そばに関しては食わず嫌いというか最初から食べるのをスルーしている人も多い気がします。

実は自分もそうでしたが、食べてみてすごく印象が変わりました。結構奥が深い。

蒲田はラーメン激戦区で多種多様なラーメンが食べられますが、まぜそばの印象はあまりありません。(台湾まぜそばくらい?)

「まぜそば専門店かぐら」がどのくらい受け入れられるか注目ですね。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.