B級孤独のグルメ

馬込「いずみ家」「寿々喜家」系列 バランス最高なスープが絶品!泉谷しげるがデザイン

しげP
WRITER
 
らーめん並@いずみ家 馬込







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

馬込「いずみ家」とは?

馬込の「いずみ家」は2013年3月にオープン。店主は上星川「寿々㐂(すずき)家」で修行された方。

「寿々㐂家」といえばかつて家系御三家と言われた「本牧家」の支店1号店。現在でも家系を代表する名店と言われている店です。「いずみ家」は名門を血を受け継ぐ店なんですよね。

食べログは3.67、ラーメンDBは86.889ポイント。(2021.02.20現在)

家から遠くない家系ラーメンの名店を探している時にアンテナに引っかかった店で店は大田区の馬込。国道一号沿いで大井町線(都営浅草線)の中延からも歩いていける距離です。

調べていくと「いずみ家」に関して更に興味深いことが分かります。

店主の奥さんはの泉谷しげるさんの実娘。店名の「いずみ家」もそこから命名したとか。ほう。

また店の看板文字や店内メニューも泉谷しげるさんがデザインしたものらしい。

気になることばかりで早速訪問してきましたが、「いずみ家」はスープのバランスが最高。分かりやすく激ウマで今まで食べた家系ラーメンの中でもかなり上位にくると思いました。

 

 

馬込「いずみ家」の外観、行列の様子、メニュー

大井町線中延駅から国道一号沿いを馬込方面に歩きます。

以前、西大井に住んでいたことがあるのでこの辺の地理はだいたい分かっています。

途中から少し上り坂になり、渡辺満里奈さんの母校である朋優学院高等学校が左手に見えてきます。その少し先に「いずみ家」はありました。

日曜の14時頃。ピークを外したつもりが3名ほど並んでいます。後で分かるのですが店内にも待ち席がありました。

「いずみ家」の混雑状況については下調べをしていなかったのですが、待っている間にネット情報を見た所、少し待たないといけないのは普通のようです。

家系ぽくない黒と赤の看板ですが、これが泉谷しげるさんがデザインしたものなのですね。

待っている間に暑さを感じます。この時間は20度超え。ようやく待ちわびていた春が近づいてきました。

5分ほど待って店内で食券を買うように言われます。

馬込 いずみ家の券売機

馬込 いずみ家の券売機

 

【 馬込 いずみ家の主なメニュー 】

らーめん 並 750円
らーめん 中 850円
らーめん 大 950円
らーめん+ライス 850円

ライス 100円 / ライス大盛 150円

チャーシュー 200円
のり 100円
味玉 100円
ほうれん草 100円
白髪ネギ 100円
味付けネギ 150円
辛ネギ 150円

らーめん並とほうれん草を選択。お好みついては全て普通でお願いしました。

券売機の横には安心と信頼の酒井製麺の麺箱が見えます。

しばらくはこちらの席に座って待ちます。

何か古き良きアメリカな感じのクラシックカーの写真が飾ってあります。

このチョイスももしかしたら泉谷しげるさんなのかな?

しばらくして一気に数名がカウンター席に案内されます。

細長い店で思ったよりも広い。10名ほどのカウンター席に4名がけのテーブル席もあります。

厨房には男性店員が3名も。女性スタッフも含めてすごく感じの良い接客です。家系ラーメンは店員が悪い人でなくても怖いことがありますが、そのような雰囲気は感じません。

店を見た渡すと子連れの母親の姿も見えます。なるほど、この雰囲気なら子供を連れてきても安心ですね。

席は透明な仕切り板で区切られていました。

卓上調味料は家系らしく豊富。

生姜、豆板醤、ニンニク、酢、ブラックペッパー、そしてたくあんまであります。

麺はテボではなく、大鍋で茹でて平ざるで麺上げをしていました。でかい寸胴が並んでいるのもいかにも本格派家系という感じです。

さて、最初にトッピングのほうれん草が別皿で、少ししてらーめんがやってきました。

 

 

馬込「いずみ家」で頂いたらーめん並 ほうれん草トッピング

ほうれん草はいい感じに水分が抜けています。生ではないかもしれませんが、よくある冷凍のほうれん草を使っての水分を多く含んでいるものではなく良い感じでした。

さて、らーめん。

トッピングは海苔3枚、ほうれん草、チャーシュー、ねぎ。

らーめん並@いずみ家 馬込

らーめん並@いずみ家 馬込

 

スープの色合いが良い感じです。動物系が強そう。

このスープが美味しい!

なんだろう、バランスが良いな。マイルド。豚骨のくさみは感じないものの、豚骨の旨味はしっかり。醤油がとがった感じはしないですが、ほどよく染み込んでいるいる感じです。

先日「一蘭」でとんこつラーメンを食べたばかりですが、とんこつが薄いのが少し気になりました。こちらのものはそんなことはなくこれぞ豚骨という感じ。

ここまでバランス良く仕上げるのにはかなり手間がかかっていると推測します。

麺は酒井製麺の中太ストレート麺。短めのものです。スープとのからみはやはり安定高値。そして全体的に麺量が多いように感じました。

海苔はスープに浸っていないところはパリパリ。

食感の良いほうれんも美味しい。

豚バラロールチャーシューは程よい厚みもあり、しっとりした食感もあって美味しい。

完飲こそしませんでしたが、スープはかなりたくさん頂きました。いやぁ、美味しかった。

帰り際も全員から声がかかり良い感じ。「いずみ家」はかなりの好印象でした。

 

 

馬込「いずみ家」の行き方と営業時間

〒143-0022 東京都大田区東馬込1丁目12−2

都営地下鉄浅草線馬込駅より徒歩5分

大井町線・都営浅草線の中延駅からは徒歩10分くらいです。

【 馬込 いずみ家の営業時間 】

月・火・木~日 11:00~15:00 (L.O14:45) / 17:00~21:00 (L.O20:45)

定休日 水曜日、第三火曜日

馬込「いずみ家」の感想と食べログ採点

【 馬込 いずみ家の感想 】

・バランス良いスープが秀逸。豚骨くさくはないが豚骨の旨味がしっかり。クリーミー食感で美味しい。酒井製麺の麺、チャーシュー、ほうれん草、海苔なども良い感じだった。

・行列があったがそれも納得。味はもちろん、接客が感じよく子連れ客までいたのが印象的。これは家系では珍しいと思う。

・泉谷しげるさんの娘夫妻の店という興味もあって訪問したが、その要素がなかったとしても1ラーメン好きとして満足できる店。

いずみ家ラーメン / 馬込駅荏原町駅中延駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.