B級孤独のグルメ

激ウマ!太肉麺「桂花ラーメン」新宿東口駅前店 50年の歴史 色褪せぬ美味しさ 東京とんこつの草分け

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

桂花 (けいか) ラーメンとは?

「桂花ラーメン」は1955年熊本市に創業。

1968年に新宿に「桂花ラーメン」末広店をオープン。当時は東京に本格的なとんこつラーメンを出す店はほとんどなかったそうで、東京における九州とんこつラーメンの草分けとなった店です。

1972年に「桂花ラーメン」新宿東口駅前店をオープン。

自分が大学の時に初めて食べた「桂花ラーメン」はこちらの店舗。食べログには以下のように紹介されています。

【新宿駅東口徒歩3分】1955年創業。東京で革命を起こした本場熊本ラーメン。

豚骨スープを使い、「マー油」でアクセントを加える熊本ラーメンの元祖を作った老舗「桂花ラーメン」。1955年創業後、1968年に東京新宿末広店をオープン。
当店は「マー油」発祥の店であり、とろける角煮がのった「太肉麺(ターロー麺)」は今や桂花の代名詞です。

謎の黒い液体「マー油」の語源は「魔法の油」なんだとか。ラーメンに入れると魔法のように美味しくなるという理由で名付けられたそう。

「マー油」のレシピはラードとにんにく、数種類の香味野菜を揚げて潰したもの。

かつて一斉を風靡した「なんつッ亭」でも「マー油」は有名になりましたね。

自分が訪問したことのある店舗は新宿東口駅前の店の他は「桂花ラーメン」横浜ビブレ店。こちらが1番通った店で、ビブレにあるので新宿と違いおしゃれな雰囲気でしたが結構前に閉店。

そう、「桂花ラーメン」は2010年に民事再生法の適用を申請。1度事実上倒産しているのですね。その際複数の店舗が閉店したはず。

現在は海外でよく見かける同じく熊本発祥の「味千ラーメン」の支援を受け業績は完全に回復しているとか。

新宿の桂花ラーメンは現在は4店舗。

東口には新宿東口駅前店の他、近くに新宿ふぁんてん、新宿三丁目に新宿1号店の新宿末広店、そして西口に新宿西口店があります。

なお、桂花ラーメンは宅麺.comで購入することができます。

宅麺.comで桂花ラーメンを注文する

 

 

桂花ラーメン 新宿東口駅前店の外観、メニュー、店内の雰囲気

新宿駅東口。歌舞伎町方面の路地に進むとすぐに桂花ラーメンという縦に文字が書かれた看板が見えます。

懐かしの店舗はそのままの形で存続しています。

大学生の時に飲みの〆で先輩に連れてきてもらったのが初めてでした。

一階にカウンター席が見えていますが、二階にも席があります。

看板メニューの太肉麺を激推し。

券売機の上にも太肉麺(ターローメン)の説明。「太肉」とは豚の角煮のことです。

太肉麺の説明書き@桂花ラーメン 新宿東口駅前店

太肉麺の説明書き@桂花ラーメン 新宿東口駅前店

 

具たっぷりの構成は栄養を考えてのこと。

桂花拉麺は780円。太肉麺は1,000円。

学生の頃はたまにしか太肉麺は食べられませんでした。値段は当時とあまり変わっていないような。

驚いたことにこちらの店舗限定で味噌桂花なる味噌ラーメンがあります。へー。

また、いかにも今の時代に合わせたメニュー「太肉一本盛」が。

2,020円ですか。

いかにもインスタ映えしそう。インスタで写真を探すとやはりすごい迫力。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

zechi@ぜちくん(@zechi)がシェアした投稿

自分は完食は無理かな?

券売機は小型のものが店の外にありました。

桂花ラーメン 新宿東口駅前店の券売機

桂花ラーメン 新宿東口駅前店の券売機

 

定番の太肉麺の食券を購入。いつ以来だろう?ちょくちょく食べているつもりだったのですが、もしかしたら5年くらいぶりかも。

日曜の13時すぎ。一階に空席があったのでそちらに座ります。

狭い厨房にはいかにもベテランという雰囲気の職人がワンオペ。二階の分もここで調理しているようです。

桂花ラーメンはセントラルキッチンではなく店内でスープを炊いています。

カウンター席の目の前には麺のこだわりと太肉麺のイラスト付き説明書きがありました。

卓上の調味料は辣香(ラーシャン)と胡椒。

自分は使ったことがないのですが、この辣香も桂花ラーメンでは人気のようですね。

さて、着席してからは5分と経たずに太肉麺がやってきます。

 

 

桂花ラーメン 新宿東口駅前店で頂いた太肉麺

白いシンプルな中華丼。

具だくさん太肉麺。見るたびにテンションが上がります。

太肉麺@桂花ラーメン 新宿東口駅前店

太肉麺@桂花ラーメン 新宿東口駅前店

 

具はキャベツ、茎わかめ、メンマ、味玉、そして豚角煮の太肉。

さて、スープから頂きます。

クリーミーで濃厚な味わいながら後味はすっきり。マー油も良い風味を加えています。いや、美味しいな。

麺は中太ストレート。少し固め。程よくコシがあり噛んで美味しい麺。スープにしっかり馴染みます。

キャベツな生のもの。こちらにもマー油がかかっています。

シャキシャキ食感を味わいつつ、茎わかめやメンマ味玉などどれもスープやマー油が加わると通常のものとは少し違う趣。

そして太肉。

動物の脂が好きな自分でも少しビビるほどの脂身。だけどこれが美味しいんだよなぁ。

いやぁ、満足度高いです。

スープは完飲しませんでしたが美味しく完食。

こちらの店舗、店内は激狭ですが、味は確かです。

少し歌舞伎町方面に歩いたところにも桂花ラーメンを発見。

くまモンの上りが目立ちます。

こちらは「桂花ラーメン 新宿ふぁんてん」。地下の一階と二階に店舗があるようですね。

 

 

桂花ラーメン 新宿東口駅前店の行き方、営業時間、食べログ採点

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目25−6

新宿駅東口、アルタの並びのみずほ銀行脇を入って右。改札から、徒歩3分。

【 桂花ラーメン 新宿東口駅前店の営業時間 】

10:00~23:00 (L.O 22:45) 

定休日 無休

こちらも参考にどうぞ。

 

桂花ラーメン 新宿東口駅前店ラーメン / 新宿西口駅新宿三丁目駅新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.