B級孤独のグルメ

1品1品が芸術作品!東京で一番のラーメン店 浅草橋「饗 くろ喜」

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

和食の高級店?手間暇かけた食材で最高のラーメン 「饗(もてなし) くろ(き)」

たかがラーメンされどラーメン。

日本人、特に日本人男子が一番好むメニュー故か進化が止まりません。

シンプルなラーメンももちろん美味しいですが、ラーメンで高級食材が使われることも珍しくなくなってきました。

その代表店の1つが浅草橋のもてなし くろ喜ではないでしょうか?

饗くろ喜の「醤油そば」説明書き

 

こういった説明書き、こだわり書きをわざわざ出す店は食材に自信がある店に決まっていますが、中でも饗くろ喜のものは徹底している感じがあります。

そして、スープ、麺、チャーシューはもちろんのこと提供されるあらゆる食材が丁寧に時間をかけて準備されている事が分かります。

それも全てが中華というより和食を感じるものばかりです。

店舗は13席ほどとそこまで大きくないにも関わらず職人は5人ほどはいる感じでしょうか?とにかく手間がかかるために人が必要なことが想像できます。

また、自分の知る限り「饗 くろ喜」の支店はありません。今後のことはもちろん分かりませんが、大将は一店舗に全力を注いでいる事が分かります。

自分は客なので日頃飲食店で食べる際はそこまで感謝の念が強い訳ではありませんが、「饗 くろ喜」で食べるといつも「こんなに美味しいものを提供してくれてありがとう」という気になります。

饗 くろ喜の外観とメニュー

さて、平日の夜にふらりと行ったため、店の前はこの行列でした。10人ほどでしょうか?

しかしオペレーションはスムーズなのでそこまで待つのが辛い感じではありません。また、東京を代表するラーメン店にしては行列はそこまですごくないというのが印象です。

ここから5分くらいの所にある秋葉原の人気ラーメン店「青島食堂」の方がはるかに行列があります。

メニューの写真が見づらいので主なものを以下に書いておきます。

【饗くろ喜の主なメニュー】

焼売 2個 300円

特製塩そば 1,300円
塩そば 1,000円
味玉塩そば 1,100円

特製醤油そば 1,500円
醤油そば 1,200円
味玉醤油そば 1,300円

地鶏脂そば1,200円

塩つけそば 1200円
味玉塩つけそば 1300円

1,000円を超えるメニューばかりです。以前に比べてかなり値上げもしまいした。それでもコスパにうるさいしげPでも真っ当な値段という気がします。

英語の「リーゾナブル」は「安い」というより「理にかなった」「手頃な」という意味ですが、饗くろ喜の価格設定は本当にリーゾナブルだと思います。

 

 

饗くろ喜の特製塩そばと浅利トマト飯

この日は特製塩そば(1,300円)に加え、浅利トマト飯(200円)を注文しました。

まずは特製塩そば。

美しくて見とれてしまします。1つの芸術作品のように感じるのは自分だけではないでしょう。

そしてスープをすすります。

見た感じは鶏が強いかと思ったのですが、鶏全開という感じではありません。昆布などの節系が混ざり合ってかなり複雑な味になっています。

それでも美味しいのでしばらくレンゲを持つ手が止まりません。

塩ラーメンを食べるのは一年ぶりくらいですが、以前の方がもっと分かりやすい味だったと思います。今回のスープはくろ喜でしか味わえない領域だと感じました。

そして全粒粉入りがひと目で分かる中華そば。

うん?この食感は日本そばのようにも感じます。そば粉は入っていないと思うのですが。しかしこのほどよい硬さと歯ごたえ。たまりませんね。

ローストされた鶏チャーシュー。口の中で旨さがじんわりと広がります。

つみれも美味しい。

卵の付近には九条ネギだけでなく、ドライトマト、生姜、生胡椒といった味変アイテムが秀逸。スープに溶かしながら楽しみます。

つるつる食感のワンタンも口の中に入る感触がたまりません。

そして浅利トマト飯。シンプルな感じですが黒胡椒がよく効いています。また甘いトマトが浅利に合うとは知りませんでした。

これが家庭で食べられたら最高でしょうね。

といった感じでラーメンというより料理を感じるくろ喜の作品を堪能しました。

饗くろ喜の行き方と営業時間

〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町2−15 四連高野ビル3号館

秋葉原駅から歩いても浅草橋駅西口から歩いても徒歩7分くらいです。交通量の少ない大通り沿いにあり、営業している時間は行列も目印になるかと思います。

【饗くろ喜の営業時間】

[月火木金土]
11:30~15:00 / 18:00~21:00

[水]
11:30~15:00  (水曜のみ夜間営業がなし)

饗くろ喜の感想

麺もスープも食材も全てが手がこんでいて美味しい。1品1品がが完成された芸術作品を彷彿させます。

個人的には総合力で東京で一番のラーメン店だと思っています。

 

饗 くろ喜ラーメン / 浅草橋駅岩本町駅秋葉原駅
夜総合点★★★★ 4.2

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.