B級孤独のグルメ

立川No.1ラーメン「鏡花」贅沢素材のラーメンは激ウマ!だが1杯1,200円から

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「らーめん愉悦処 鏡花(らーめんゆえつどころ きょうか)」とは?

立川の「らーめん愉悦処 鏡花」は2000年にオープン。

食べログ3.73、ラーメンDB86.463ポイント、Google Map3.6。食べログはラーメン激戦区立川で1位の数字。

食べログに比してGoogle Mapの点数が低いのが気になりますが、コメントを読んだ感じでは値段に原因がありそう。現在1番安いラーメンでも1,200円から。

ただ、これは昨今の物価高騰を反映しているというより元々なのかも。ネットでは10年以上前から1,000円くらいしたという情報もありました。

「鏡花」の店主の町田恵一さんはラーメン業界ではかなりの有名人らしい。「華厳の滝」と呼ばれる名物の湯切りでCM出演したこともあるとか。

立川 鏡花店内に貼られた「華厳の滝」の写真

立川 鏡花店内に貼られた「華厳の滝」の写真

 

立川や八王子に経営を手掛けているラーメン店舗が複数あるとの情報も。

またそれとは別に22年6月1日に「らーめん愉悦処 鏡花 八王子想庵」という支店をオープンとの情報も得ます。

八王子の支店も大変気にはなりますが、本店よりも支店を先に行くのもどうかと思い、立川の鏡花に向かうことにしました。

 

 

立川 らーめん愉悦処 鏡花の外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

立川に来るのは5回目くらい?まだ複雑な駅前の立地はあまり理解できていません。

JRの立川よりも多摩モノレールの立川南に近い立地に鏡花の看板を発見。

立川 らーめん愉悦処 鏡花の外観

立川 らーめん愉悦処 鏡花の外観

 

土曜日の14時。店頭に数名学生らしき集団がいるがこれは待っているのかな?

先に店の外に貼られていたものを見ます。

スープは醤油、塩、更に鶏白湯も選べます。

その横にはミニご飯も。

これは400円と書かれていますが、ラーメンには値段が書かれていません。高いのので少し遠慮しているのかな?

先程の学生はやはり待っているようだったので自分も後続に並びます。この時点では分かっていなかったのですが、更に店内に待ち席がありました。

5分くらい待って店員の案内があり入店。入るなり先程紹介した華厳の滝のポスターが。

ラーメン店店主は意外と全面に出たがらない人も多いのですが、町田店主は違うようです。

券売機で先に食券を求めます。

立川 らーめん愉悦処 の券売機 その1

立川 らーめん愉悦処 の券売機 その1

 

大きなボタンですが、少し分かりにくい。

立川 らーめん愉悦処 の券売機 その2

立川 らーめん愉悦処 の券売機 その2

 

上列は極み○○らーめん、極み〇〇味玉らーめんなどと書かれています。これを理解するのに10秒ほど要しましたがどうやら食券を買って、醤油、しお、鶏白湯は口頭で伝えるシステムのようです。

合理的ですが戸惑う人もいそう。

「極み〇〇らーめん」の食券を注文。これでも1,200円なのでまだよく知らない店でトッピングを選ぶ気にはならないなぁ。

自分の傾向としてはトッピングは値段で決めているかも。1,000円くらいで特製なら迷わずに選びますからね。特にルールはありませんが、無意識に1,000円前後で落ち着くようにしているかも。

ただそこまで大食いではないので、「普通」でも物足りないと思うことはそれほどありません。なお「極み〇〇らーめん」は「極み醤油らーめん」でお願いしました。

八王子店オープンのポスターも貼られていました。

鏡花の支店はかつては先日「元祖一条流がんこラーメン」に訪問した「らーめん たま館」にもあったそうです。

中は照明が暗く何か劇場風。

創業時からこんな感じらしい。

この手前の席に座って待ちます。写真の方ではないと思いましたが気合の入った湯切りも見えました。14時20分頃に食事席に案内されます。並び始めてから20分ほど。

元々の木の質感を残したテーブルにトレーが置かれています。

トレーの上に箸とレンゲ、それにアルミタンブラーに入った水。

卓上調味料はGABANのホワイトペッパーと七味唐辛子。

何か食事への期待感が高まる雰囲気です。

先に食券を渡していたこともあり、5分も経たずに極み醤油らーめんがやってきます。

 

 

立川 らーめん愉悦処 鏡花で頂いた 極み醤油らーめん

白い丼で到着。表面に鏡花と書かれいます。

具はチャーシュー、三つ葉、海苔。メンマはかなりの極太。

極み醤油らーめん@らーめん愉悦処 鏡花 立川

極み醤油らーめん@らーめん愉悦処 鏡花 立川

 

暗い店内ですが、照明はしっかりでラーメンがよく見えるようになっています。

スープから頂きます。

うわっ。旨味が濃厚。動物も魚介もしっかり旨味を感じます。どれが目立つというよりバランス型で各々が濃厚な感じ。醤油や香味油も凝っていそう。

もう少しだけシンプルな方が旨味が分かりやすくなる感じもしますが、すごく美味しいのは間違いありません。

麺も美味しい。中太の平打ち麺。縮みあり。モチモチしているのに弾力があります。流石にこのクラスの店だと自家製麺?と思いましたが、調べてみると三河屋製麺製とのこと。

チャーシューは大きめですが薄め。程よく脂身も感じるもしっとした味わい。

メンマはかなりの極太。シャキッとはしていますが、やや水気を感じます。更に小さいチャーシューが付いていてこちらはスモークした感じ?

具も美味しいですが、スープと麺ほどはインパクトがなかったかな。

塩や鶏白湯も気になるし、八王子店にも行きたいとは思っていますが、値段を考えると日頃使い勝手の良い感じはしませんね。たまに訪問したくなるといった感じの店でした。

 

 

立川 らーめん愉悦処 鏡花の行き方、営業時間、食べログ採点

〒190-0023 東京都立川市柴崎町2丁目12−20 ウェストヴィリッジ

立川駅南口徒歩5分
多摩モノレール立川南駅より徒歩2分

【 立川 らーめん愉悦処 鏡花の営業時間 】

11:30~15:00 / 18:00~22:00
土日祝間11:30~22:00 通し営業

定休日 年中無休

鏡花ラーメン / 立川南駅立川駅立川北駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.