B級孤独のグルメ

蒲田「志田家」濃厚豚骨スープが旨い!本格家系 現在ラーメン割引中!ライス無料!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

志田家とは?

「志田家」は2018年2月に阿佐ヶ谷にオープン。

「志田家」は名門の系譜ですが生い立ちや現在に至る道のりは少し複雑。自分もネットで情報を調べておおよその事が分かっただけです。

分かったことだけまとめると、阿佐ヶ谷の「志田家」は前年に惜しまれつつ閉店した方南町「桂(かつら)家」出身の方が地元に出店した店。「桂家」は家系御三家と言われる「本牧家」の系統ですね。

「志田家」の店主は「武蔵家」での経験もあり「桂家」と「武蔵家」のハイブリッドと呼ばれていたとか。都内家系の中でもトップクラスの濃厚なスープで人気を博していたようです。

2018年4月にはすぐに蒲田に「志田家」の2号店をオープン。

ただし阿佐ヶ谷の本店は2019年3月に閉店。それには一騒動あったそうで現在は「桂家」出身の方は「志田家」には在籍していなようです。

そして、2021年4月23日川崎の鹿島田に「志田家」の通算3号店、現2号店の鹿島田店がオープン。

大雑把にまとめるとこんな感じですが、志田家が家系の中でも名門の系譜であることはお分かり頂けると思います。

 

 

蒲田の家系ラーメン

京浜東北線と京浜急行が横浜と繋がっていて距離的に全然遠くない割に横浜家系ラーメン店が少なかった蒲田ですが、チェーン店(資本系)を除くと現在本格的な(店内でスープを作る)家系ラーメン店は3店舗。

現在の話題はなんといっても3月31日にオープンした元吉村家直系「環2家」。

チャーシューメン@環2家 蒲田店

チャーシューメン@環2家 蒲田店

 

大物店の蒲田進出ということで、開店当日から大行列を作っていました。大人気は継続中のようです。

また、家系なのに「○○家」店名が話題になりメディアでこぞって取り上げられた「らーめん飛粋(ひいき)」も常時行列のある大人気店。

特製らーめん(もも肉)@らーめん飛粋

特製らーめん(もも肉)@らーめん飛粋

 

現在のところこれに加えて「志田家」で蒲田家系御三家という感じでしょうか?

さて、「志田家」の蒲田店ですが、現在食べログは3.51。ラーメンDBは83.508ポイント。(2021.04.25現在)

家系の中では特に高い方ではありませんが、今回食べてみた感想はかなり良かった。こってりした濃厚スープがすごく美味しいです。

しかも、期間限定だとは思いますが現在は麺類が-120円の割引中。ライスも食べ放題でお得感がありました。

なお、蒲田のラーメンについてはこちらに詳しくまとめていますのでよろしかったらどうぞ。

 

 

蒲田 志田家の外観、メニュー、店内の雰囲気

蒲田駅東口から徒歩ほんの数分の場所に志田家はあります。

店頭の宣伝がまあまあ派手な感じで資本系ぽく見えなくもありません。

この看板が目を引きます。

ラーメンが通常800円ところ現在は680円。しかもライス無料。

通常800円は家系標準で高い方ですが、680円だと割安感があります。ライス無料は武蔵家な感じがしますね。

また「当店自慢のスープの特徴はゲンコツ40kg、ロース80kg、鶏ガラ20kgを使用し1日10時間以上丁寧に煮込み完成された最高のスープです。」と書かれています。

家系の店舗で具体的に肉の重量が書かれていたのは見たことがなく、比較はできませんがかなり濃厚なスープであることは容易に想像ができます。

麺はもちろん、本格家系定番の酒井製麺。ちなみに酒井製麺は吉村家との深いつながりから横浜の製麺所と思われがちですが会社と工場は蒲田(糀谷)にあります。

店頭で鹿島田店のオープンを知ります。

入口は少し奥に入り込んだところ。

手前に券売機がありました。

蒲田 志田家の券売機

蒲田 志田家の券売機

 

ラーメンの他に激辛ラーメン、つけ麺、赤味噌ラーメンがある所は本格家系では珍しい。

左上の法則で特製ラーメン(並)1,000円を購入すると120円お釣りが来ます。価格は割引前のものをそれのまま使用しています。

座席はカウンター席のみで12席。アクリル板はありません。アクリル板に何の効果があるのか科学的な検証はなされていないので個人的にはどちらでも構いませんが気になる人はいるかも。

週末の19時ころで半分強の入り。

目の前に寸胴が見えますが、カウンターが高く調理の様子は見えません。

お好みは全て普通でお願いしました。

蒲田 志田家のお好み

蒲田 志田家のお好み

 

卓上の調味料はGABANのブラックペッパー、おろしニンニク、おろし生姜、豆板醤。

それに辣油、醤油、酢の餃子用セット。胡麻のミルもあります。

後ろを見ると無料のライスらしきものがあります。

ただ、ご自由にどうぞとも書かれていないし、使っている人もいません。着丼の際に言われるかと思いきや何も言われません。

勝手に取って良いか店員さんに確認するとやはりOKなようでご飯を取りに行きます。それを見て自分の後でライスを取りに行った人が数名いたので、この辺りは少し不親切な気もしました。

 

 

蒲田 志田家で頂いた特製ラーメン(並)

キャベツが山盛り。

特製ラーメン(並)@志田家 蒲田

特製ラーメン(並)@志田家 蒲田

 

そういえば特製の中身が何なのか分かりませんでしたが、キャベツ、味玉、海苔増しという感じかな?

特製ならチャーシュー増しだと更に嬉しいところですが、これはこれで豪華です。

ここでライスも注いで来て一緒に写真を取ります。

さて、スープ。

おおっ、ガツンと濃厚ですが美味しいなぁ。かなりこってりで、醤油や鶏油はそこまで目立ちませんが、豚骨がシンプルに美味しいです。

麺はほんのり固め。他店舗だと「かため」コールでこの感じになるかな?という感じですが、次第に柔らかくなっていきもっちり感が増します。

特製なのでトッピングは豪華。

ただ、海苔はやや臭みというか古い?感じがします。

キャベツはかなり大きめですが、シャキシャキ感を残しつつほどよくクタッとなっていてすごく良い感じ。

スープに最高に馴染みます。キャベツの甘い感じが引き立ちますね。

チャーシューは厚みがあり、柔らかさもほどよく美味しい。

具を食べきると麺がこんなに残っています。

そういえば具に夢中であまり麺を食べていなかったな。またこうしてみるとスープはかなり少な目だったことが分かります。

こんな感じで美味しく完食。ライス付きでお腹いっぱい。海苔が少し気になったもののスープがすごく美味しく本格家系の中でも上位に来るのでは?と思いました。

 

 

蒲田 志田家 の行き方と営業時間

〒144-0052 東京都大田区蒲田5丁目18−2

蒲田駅東口から徒歩2分くらい。

【 蒲田 志田家の営業時間 】

月~土 11:00~翌1:00 / 日 11:00~24:00

定休日 無休

現在は20時までの時短営業中です。

 

 

蒲田 志田家 の感想と食べログ採点

【 蒲田 志田家の感想 】

・スープが自慢ということだが、それが納得できるスープの旨さ。濃厚でクセのないとんこつがシンプルに美味しい。具は大きめのキャベツの美味しかった。海苔はやや状態が良くないと思ったが。

・現在の-120円引き、ライス無料はお得だと思う。

・店員さんは感じが悪いわけではないが、ライスについての説明がないなどやや不親切な感じ。グーグルマップのコメントを読むと接客に関する悪評価が目立つ。スープが素晴らしいだけにそれで評価を下げているのは勿体ない。総合的に「飛粋」「環2家」と比べて遜色ない店と思う。

 

横浜家系ラーメン 志田家 蒲田店ラーメン / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.