B級孤独のグルメ

「らーめんMAIKAGURA」4周年記念「中村屋 塩らーめん」は中村屋出身の店主が作る極上ラーメンだった 千歳船橋

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

らーめんMAIKAGURA(まいかぐら)とは?

千歳船橋のらーめんMAIKAGURAは2018年2月26日オープン。

気になる店名ですが、「舞 神楽」から来ているそうで、「神楽を舞う」ということでしょうか。

食べログ3.85、ラーメンDB96.319、Google Map4.1。(2022.02.25現在) 食べログは食べログラーメン百名店2020、2021に選ばれています。

らーめんMAIKAGURAの一条店主は、あの「中村屋」出身で約7年間修行したとか。

中村屋と言えば2月に海老名の店舗が閉店。最後の1週間くらいは現在はニューヨークを拠点にしている創業者中村栄利さんが帰国して厨房に立ったことでも話題になりました。

 

MAIKAGURAの一条店主はその海老名を中心にニューヨークや他の中村屋の店舗でも経験ありとか。

自分としては食べログの店が非常に高いことでずっと気になっていましたが、家から行きづらいために後回しにしていいた店。

京王線や西武線沿線もそうですが、小田急線沿線はMAIKAGURAをはじめ訪問したことがない店ばかり。これはまずいな。

ということで仕事が少し手隙になってきたタイミングでMAIKAGURAを訪問することに。

しかし、事前のチェックしていなかったにも関わらず当日は偶然にも4周年記念のラーメン、その名も「中村屋の塩ラーメン」を提供していました

それだけでも幸運でしたが、頂いたラーメンはスープの旨味が濃厚というか濃密でそれだけでもノックアウトされそうでしたが、麺や牛の頬肉煮込みもすごく美味しく完璧。

想定していなかった幸運に感謝しました。

 

 

千歳船橋 らーめんMAIKAGURAの外観、行列の様子、店内の雰囲気

小田急線の千歳船橋駅へ行くのは初めて。少し前は千葉の船橋近く?と思っていたくらいで。。

実際は世田谷区なんですね。準急も止まるようでしたが、自分が乗るタイミングでは走っておらず各駅停車で千歳船橋に到着。

地図を見ると線路沿いを少し進んで右斜め60度くらいの所に大通りがあるはずですが、

あった。この先を進んで通り沿いの右側に店舗があるはず。

ありました。迷わずに到着。

それにしても遠目にも行列が見えましたが大人気店やな。

らーめんMAIKAGURAの外観

らーめんMAIKAGURAの外観

 

ちなみに帰り際に撮った店頭の様子はこんな感じ。(この時間帯は既に品切れで並ぶのは不可)

さて、行列に加わります。時刻は土曜の13時40分頃。数えると前に15名並んでいました。

並びはじめて3分くらいで女性スタッフが店内から出てきて人数を確認されます。これがあると安心ですね。

行列放置型の店だと「品切れになっていないか?」や代表待ちの割り込み?をされる心配をしなくてはいけません。

一週間くらい前は激寒でしたが、この日はびっくりするくらい気温が上がります。スマホで確認すると13度。風は少し冷たいですが、この季節にしてはポカポカ陽気です。

10分くらい待って店頭に近づくと1枚のチラシが目に入ります。

らーめんMAIKAGURA 4周年限定メニューのお知らせ

らーめんMAIKAGURA 4周年限定メニューのお知らせ

 

おおっ、今日はなんと4周年記念日だったのか。しかも「自分なりに自分らしく中村屋のラーメンを作ってみます」とあります。いやびっくり。

ただそのせいでこんなに並んでいたのかな?

店頭に通常メニューも置いてありました。

らーめんMAIKAGURAのメニュー

らーめんMAIKAGURAのメニュー

 

MAIKAGURAのラーメンは中村屋(鶏+魚介)と違って鶏が主体。醤油や塩も美味しいが、鶏白湯もすごく美味しい。

とのネット情報だったので、電車の中で普通のスープにするか鶏白湯にするか迷っていたのですが、今日は限定のみなので自動的に中村屋のラーメンになります。どんなものかな?

またこのご時世なのでテイクアウトメニューもありました。

らーめんMAIKAGURAのテイクアウトメニュー

らーめんMAIKAGURAのテイクアウトメニュー

 

行列の回転は悪くありません。中村屋出身で行列慣れしているのもあるかと思いますが、ワンメニューんだと通常のオペレーションより早めになります。

結局並びはじめてから38分待って14時18分に入店。

券売機の上の方に「中村屋の塩ラーメン」と書かれた紙が貼られています。塩ラーメンだったのか。

らーめんMAIKAGURAの券売機

らーめんMAIKAGURAの券売機

 

なおこちらは1,300円でした。

レギュラーメニューもちらり。初めての訪問なのに次回訪問は決まっているようなものですが、次は何にしようかな?

L字型のカウンターの窓際の方に案内されます。

厨房は2名。オールバックの方がご主人ですね。

時折モーションは大きくありませんが、天空落としをしています。中村屋の店主の代名詞だった湯切り方法。

ただ、湯切りのモーションは腕を酷使するの体にはよろしくないとか。中村屋の店主がやっていたものはテレビ用のパフォーマンスもあったのかも。当時は若かったしね。

七輪でチャーシューを焼いているのが見えますが、チャーシューというより焼肉を焼いているような感じ。

卓上の調味料は山椒と七味唐辛子。

どちらも良いものを使っていそう。

説明書きもありました。

らーめんMAIKAGURAの説明書き

らーめんMAIKAGURAの説明書き

 

やはり通常のラーメンは鶏のみなんですね。今日は中村屋仕様のためか煮干しの香りも漂っています。

らーめんMAIKAGURAのごはんもの、トッピング

らーめんMAIKAGURAのごはんもの、トッピング

 

ごはんものもかなりこだわっているようですね。

さて、ワンメニューなので提供は早めです。着席してから5分ほど待って、4周年限定の「中村屋の塩らーめん」がやってきました。

 

 

千歳船橋 らーめんMAIKAGURAで頂いた 4周年限定「中村屋の塩らーめん」

白い丼。

真ん中の黒いのは何?

食べたわかったのですが牛の頬肉のようでした。

他はチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、ねぎといった感じでしょうか?

まずスープを飲んでびびります。

最高に旨い!なんだろうこの旨さ。旨味が濃厚というか濃密です。鶏メインでここまで旨さがあるのはすごいな。塩味もほどよくバランスが素晴らしい。

確認するように何度も飲みますが何度飲んでもすごく美味しい。

麺は中細のストレート。少し素麺のような柔らかな麺で1度に多めが持ち上がりますがスープと抜群にからみます。これも美味しいなぁ。

ほうれん草は一口サイズ。メンマは穂先メンマ。

そして、当初なんだか分からなかったものですが、

出汁の染みたコンビーフのような食感。なんかすごく美味しいのですけど。

なんでも4日煮込んだ牛頬肉なんだとか。

ラーメンとこの組み合わせは見たことがないですが、スープの味が染み込んで最高に合いますね。

チャーシューは炙った肩ロース。大きさもあり厚みもありこれも美味しいなぁ。

こんな感じで、「らーめんMAIKAGURA」4周年記念「中村屋 塩らーめん」は最高でした。レギュラーメニューも気になるし絶対に再訪しようと思います。

 

 

千歳船橋 らーめんMAIKAGURAの行き方、営業時間、食べログ採点

〒156-0055 東京都世田谷区船橋1丁目38−4

千歳船橋駅徒歩7分

【 らーめんMAIKAGURAの営業時間 】

11:30〜15:00 / 18:00〜20:00
(食材切れ営業終了あり)

定休日 月曜日(祝日の場合は翌平日)

こちらも参考にどうぞ。

らーめんMAIKAGURAラーメン / 千歳船橋駅祖師ケ谷大蔵駅
昼総合点★★★★ 4.3

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2022 All Rights Reserved.