B級孤独のグルメ

大井町「丸八とんかつ店 本店」昭和30年!創業 地元密着型の大人気店

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

大井町「丸八とんかつ店 本店」とは?

大井町の「丸八とんかつ店」は1955年創業。2020年で創業65年!になるという老舗。ジャンルを問わず大井町で一番有名な飲食店でしょう。

食べログは3.71。百名店にも選ばれています。

「丸」がつくとんかつ店は東京に有名店が多く、大森の「丸一」、蒲田の「丸一」、秋葉原の「丸五」などがあります。

蒲田の丸一の主人は大森の丸一で修行されたのは有名な話ですが、他の店のとの関係についてはよく分かりません。この辺の事情を誰かまとめてくれないかといつも思っているのですが。

それはともかく、今名前を上げた店の中でも「丸八」の創業は1955年で一番古い。時間的に考えると「丸八」こそこれらの名店のルーツと考えることもできそうです。

なお、「丸八」は大井町の老舗中華「永楽」の独立騒動が起きた時に「永楽」の経営権を持っていたことが公になりましたが、騒動収束後に「永楽」とそっくりのメニューを出す「丸八そば店」をオープンして話題になりました。

こちらも人気があったのですが、2018年の12月に突然閉鎖してしまい、今は残念がらありません。

なお、「丸八」はよくテレビでる店ではありませんが、かつて「ダイノジ」の大谷ノブ彦さんが絶賛していたのを見たことがあります。

また大井町にはJRの線路沿いを品川方面に行ったところに「丸八とんかつ 支店」があります。

大井町「丸八とんかつ店 本店」の外観、メニュー、店内の雰囲気

JR大井町駅西口を出て商店街を真っ直ぐに2分くらい歩いたところに「丸八とんかつ」の本店はあります。

途中に「華林」、また一路奥のさほど離れていないところに「永楽」があります。

今となっては中が見えない構造の店は少なく、少し入りづらい感じがしますが、どんな時も温かく迎えてくれるので心配ありません。

【 丸八とんかつ店 本店の主なメニュー 】

ヒレカツ定食 1,950円
上ロースカツ定食 1,650円
サービス並カツ定食 1,150円
海老フライ 1,200円
ハンバーグ 900円
野菜サラダ 650円

自分はロースカツしか食べたことがありませんがメニューは豊富です。

長らくサービス並カツ定食が1,000円だっと思うのですが、1,050円、1,150円と値上げされたのは少し残念。自分は1,000円時代に比べて極端に訪問が減りました。

中に入るとカウンター席が並んでいますが、目の前が厨房になっておりオープンキッチンのスタイルです。とんかつを揚げるひときわ大きな鍋が目立ちます。

こちらはとにかく店員が多い。家族経営といった趣があります。実際はパートの人も多いと思われますが、チームという雰囲気を濃厚に漂わせています。

そういえば、前回行った時はアジア系の店員もいました。どんな老舗でも時代の流れには逆らえないようです。

店内は古いですが、木のカウンターは清潔で拡張高い感じ。またこの店で目立つのは常連の多さです。おそらく常連率の高さでは大井町屈指ではないでしょうか?

何代目か思われる揚げ手のご主人と客の会話が弾んでいる光景もよく目にします。

ただ、この店はもちろん常連も優遇しますが、一見さんに冷たい訳ではありません。自分はたまにしかいかないので一見さんに近いですが、いつも温かいサービスを受けます。(混み具合に多少左右されますが)

 

卓上の調味料はソースのみ。岩塩などはありません。こちらのとんかつでは銘柄豚など使わず揚げの技術で勝負している感じ。この辺は昭和の香りがします。

 

 

大井町「丸八とんかつ店 本店」で頂いたとんかつ

上ロースカツ定食

定食は最初にキャベツの漬物が出てきます。塩分控えめで食べやすい漬物です。

豚汁@丸八とんかつ 本店 大井町

 

豚汁は豚の旨味がたっぷりでなかなか美味しい。この日はちょうど目の前で作っている最中でしたが、玉ねぎ、人参、ごぼうを豪快に炒めてから鍋に放り込んでいました。

上ロースカツ@丸八とんかつ店 本店 大井町

 

そして揚げ加減はいつもパーフェクトなとんかつ。しかし中は普通のとんかつとは違います。

この黄色い衣。

衣をつけるとき溶き卵を二度付けしているからだとか。

このおかげで肉が柔らかくなり、ほんのりと卵の甘みも加わります。

衣はサクサク。豚肉も柔らかい。ただいつも思うのは豚が普通すぎるなということ。とんかつの名店は林SPF、平牧三元豚、もち豚等々の豚自体が美味しいものを使っています。

揚げ方は名人級ですが、値段もそこまで安い訳ではないし、もう少し良い豚を使ってくれた方が技術が活きると思うのですが。

ご飯は茶碗に控えめに1杯という感じ。お代わりは1杯無料です。

キャベツはおかわり無料。自分から言わなくてもあちらで気づいてついてくれることが多いです。

サービス並カツ定食

並カツ@丸八とんかつ

 

最近の店は使わない「並」という言葉をあえて使うあたり歴史を感じます。

並でもボリュームはそこそこあります。上の方が肉質が良く、量が多いと思いますがそこまで大きな差は感じません。

大井町「丸八とんかつ店 本店」の行き方と営業時間

〒140-0011 東京都品川区東大井5丁目4−10

【 丸八とんかつ店 本店の営業時間 】

11:30~22:00(L.O.21:30)

定休日 月曜(月曜が祝日の場合は月曜営業、火曜休)第三月、火は連休

大井町「丸八とんかつ店 本店」の感想と食べログ採点

【 丸八とんかつ店 本店の感想 】

・常連客で賑わう店だが、一見さんにもハートフルなサービスが良い。

・店内は古いがカウンターはきれいだし、眼の前で調理が見える雰囲気も悪くない。

・揚げ方に名人芸を感じるも肉質は極めて普通。

・何度か値上げされたので、内容的にはリーゾナブルとは言えない価格。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.