B級孤独のグルメ

家系ではない?家系の元祖 日吉「らすた」かつて大行列を作った老舗は今でも最高に旨い!

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。

以下のボタンクリックで応援して頂けると、メチャ嬉しいです。
(1日1回有効。1クリックして頂けると10ポイント加算されます)

東京ランキング にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村

 

極楽汁麺 (ごくらくしるめん) らすた とは?

日吉の極楽汁麺らすたは1996年日吉中央通り沿いにオープン。なんと25年以上の歴史のある老舗です。

食べログ3.59、ラーメンDB84.723ポイント、Google Map3.9。(2022.12.20現在)

こちらは世田谷 百麺(ぱいめん)の系列で、百麺とらすたとは、「◯◯家と名乗らない家系ラーメン」の元祖と言って良いのではないでしょうか?

最近では「◯◯家と名乗らない家系ラーメン」ではなんといっても蒲田「らーめん飛粋(ひいき)」が有名ですが歴史が違います。

実家のある日吉なのでらすたの事は開店当初から知っていますが、かつては行列が凄かったですね。特に夜は30分くらいの待ち行列も当たり前でした。

日吉にはその後「武蔵家」ができたのですが、らすた人気は衰え知らずで武蔵家も開店当初は苦戦しているように見えました。

ただ、最近実家に帰る際にちょくちょくらすたの前を通るのですが、行列は見かけず空いているように見えます。

先日お隣の「洋食とらひげ」に寄った際も、とらひげの方が混んでいました。

ということで、今回気になっておそらく15年ぶりくらいにらすたを訪問することにしました。

なお、らすたは代々木に支店がありこちらも数回訪問したことがあります。

また、百麺も中目黒店は訪問済。

百麺 中目黒の太麺野菜3点盛

太麺野菜3点盛@百麺 中目黒

そういえば、百麺も正式名称は「極楽汁麺 百麺」でしたね。

百麺のラーメンはAmazonで購入できます。

 

日吉 極楽汁麺 らすたの外観、メニュー、店内の雰囲気

日吉駅西口中央通りを3分くらい歩くと先程紹介した「洋食 とらひげ」があります。

その奥がらすた。

日吉 らすたの外観

日吉 らすたの外観

看板は創業当時と変わらずですかね。年季が入っています。

平日の13時前ですが、店内は半分くらいの入り。

券売機は中型サイズ。

日吉 らすたの券売機 その1

日吉 らすたの券売機 その1

らーめんはまだ650円と良心的な価格設定。

日吉 らすたの券売機 その2

日吉 らすたの券売機 その2

左上のらすた麺(900円)の食券を購入。らすた麺は特製という感じでしょうか?

最初にお好みとライスの有無を聞かれます。

あれっ?らすたはご飯無料だったっけ?せっかくなので、ライス小でお願いしました。お好みは普通で。

ところで帰りに武蔵家の前を通ったのですが、こちらは行列ができていました。武蔵家はご飯無料がデフォルトなので対抗する上でらすたもご飯無料にしたのかもしれません。

一人あたりのスペースは十分。

水はセルフでした。

卓上調味料は少し個性的。

高瀬生姜、強化大蒜、台湾豆板醤と記載されています。ブランドなのかな?それにきゅうりのQちゃん、胡椒、タレ?といった感じ。

厨房には大きな寸胴が4つも。店内に漂う豚骨臭は結構なものです。ただ目の前のご主人は少し華奢な感じで家系あるあるの体育会系な感じではありません。

染谷製麺の麺箱がありました。こちらは少し特徴的な麺です。

麺はテボで茹でています。体感で5分くらいでらすた麺が到着しました。

日吉 極楽汁麺 らすたで頂いたらすた麺

らすた麺@極楽汁麺 らすた 日吉

らすた麺@極楽汁麺 らすた 日吉

海苔で麺はもちろん、スープも少ししか見えません。

海苔を丼の縁に移動。

具は大きなチャーシュー2枚、ほうれん草、味玉、海苔、そしてネギ。ネギは当たり前のようですが、家系では入っていても目立たないので、珍しいとも言えます。

少し淡い色のスープを頂きます。

うまっ。豚骨の旨味しっかりながらあっさり。粘度が少なめで飲みやすい。塩味も程よい。家系直系好きな人には物足りないかもしれませんが、ライトな家系ファンの自分にはドンピシャです。

そして黄色い麺。これがらすたの特徴とも言えますが、特注の玉子麺。もちっとした食感ですごく美味しい。

いやいや、美味しいなぁ。行列がなくなったから味が落ちているなんて事はなく、むしろ美味しくなった感じさえします。

チャーシューは豚肩ロースかな?

厚みがあって柔らかくしっとりしていますが、脂身もしっかり感じられます。間違いのないもの。

海苔はたっぷりありましたが、30秒くらい浸してから食べるほうが美味しいと聞いたのでそうします。

これを麺に挟んで食べるのも美味しいなぁ。

ということで、久しぶりのらすたは大満足でした。

日吉 極楽汁麺 らすたの行き方、営業時間、食べログ評価

〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目5−41

東急東横線 日吉 駅 (西口)から徒歩3分

【 日吉 極楽汁麺らすたの営業時間 】

11:30~翌1:00 ※売切れ次第閉店

定休日 不定休

こちらも参考にどうぞ。

 

極楽汁麺 らすたラーメン / 日吉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2022年1月 月間361,817 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナで散々な目に。外食人口が減った影響をモロに受けています。汗・汗。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:予備校講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館は海外旅行に行けず終了?の危機。







Copyright© 東京たべある記 , 2023 All Rights Reserved.