B級孤独のグルメ

「ロダン」八丁堀 ビジュアル系欧風カレーの有名人気店 食べログ3.7超え

しげP
WRITER
 
特製ロースかつカレー@ロダン 八丁堀







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

八丁堀・宝町 ロダン (旧店名 カレー堂)とは?

日比谷線・京葉線の八丁堀駅、都営浅草線の宝町駅からそれぞれ5分くらいのところにある「ロダン」はビジュアル系欧風カレーの有名店。

自分は現在東京のカツカレーの店を探していて偶然に見つけた店です。

食べログは3.74 (2020.09.01現在)。そこまでメディアに露出している風でもなく、ネットでお店紹介のような記事もホームページも見つかりませんでした。

それでもこの点数は人気と実力を兼ね備えた店である証拠と言えそうです。

ところで八丁堀というのは電車を使うかどうか迷う町です。というのも直線なら東京駅から歩いて10分程度。歩くのが苦にならない自分にはたいした距離ではありません。

先日打ち立てラーメン!の有名店、八丁堀「麺や七彩」に行った時は東京駅から近くて驚きました。

ただ、今回も同様に歩いたのですが、八丁堀駅から少し離れているせいか東京駅からは15分弱かかりました。

夜でしたが暑い中汗だくになり電車で行く方が冷静だったか?という気がしました。まあたいした話ではありませんが。

ちなみに「ロダン」と言えば「考える人」で有名な彫刻家ですが、上野の国立西洋美術館には「考える人」だけでなく「カレーの市民」もあります。

このカレーは実際にはフランスの地名ですが、西洋美術館で店名が思い浮かんだのでは?と推理しました。実際はどうなんでしょうか?

 

 

八丁堀 ロダンの外観、メニュー、店内の雰囲気

週末の20時すぎに東京駅を降ります。

「ロダン」地図上では東京駅近くの八重洲ブックセンターの先という場所でしたが、真っ直ぐに道がない区間もありました。

更に夜で照明が暗い。治安の良い東京だから問題ないですが、海外だったら少し不安になったかもしれません。

周囲は店もまばらで「ロダン」の営業時間中なのは食べログで確認していましたが、本当にまだ開いているのか不安になります。閉まっていたら代案がありません。

しかし、暗闇に一条の光が。

ここだ!「創作カレー」と書かれた提灯があります。これはやっているはず。良かった。

看板が渋い。「スパイス料理とハーブ料理 ロダン」とあります。使い込んでいるなぁ。

しかし、元々は「カレー堂」という名前で「ロダン」になったのは最近のはず。それなのにこの年季は?まあ良いか。

店頭にメニューがありました。

八丁堀 ロダン 店頭に置かれたメニュー

八丁堀 ロダン 店頭に置かれたメニュー

 

さて、入店。この時間は先客なしかと思いきやカップルらしき2名組がいました。

自分はカウンター席に案内されます。少し年配の女性のワンオペの様子でした。

かつカレーは1,200円。

八丁堀 ロダン 店内ディナー メニュー

八丁堀 ロダン 店内にあったディナー メニュー

 

ランチは1,000円くらい?のようですがディナーは少し高めのようです。ただ日曜祭日はランチであってもディナー料金になる模様。

欧風カレーの他にグリーンカレーもありますね。

また2種盛りカレーもありましたが、1,600円からですか。

八丁堀 ロダン 店内にあった新メニュー

八丁堀 ロダン 店内にあった新メニュー

 

少し迷いましたが、特製ロースかつカレーにしました。

他に季節限定の日替わりメニューもありました。

「自社畑収穫野菜」というのが気になります。カレー屋は食材や栄養にこだわる店が多いのが良いですね。

目の前にはスパイスの瓶が。

欧風カレーはあまりスパイスの印象がないのですが、こちらのカレーにはたっぷりスパイスが使われている模様。

7回食べて1食無料になるスタンプカードもあるようです。常連さんは嬉しいだろうな。

福神漬はやや細か目に刻んだもの。色合いが自然で真っ赤なものよりこちらの方が好みです。

雑誌の切り抜きらしきものもありましたが、大人しめ。

BGMはクラシックのピアノ曲。聞いたことのない曲でした。

さて、カレーの前に先にコールスローがやってきました。

 

 

八丁堀 ロダンで頂いた特製ロースかつカレー

コールスロー@ロダン 八丁堀

コールスロー@ロダン 八丁堀

 

コールスローはマヨネーズ感が強く酸味がしっかり。野菜のシャキシャキ感が良いです。それに加えてツナ?鶏?がまぶしてあって良い感じにまとまっています。

そして、特製ロースかつカレー。

とんかつにはカレーがかかっていません。

そして黒いカレーにように葉っぱ?のようなアートな模様。

特製ロースかつカレー@ロダン 八丁堀

特製ロースかつカレー@ロダン 八丁堀

 

これは何?最初はマスタード?と思いましたが辛さは感じません。調べたところ、カシューナッツソースだそうです。カレーの邪魔をしない味なので見た目を楽しめば良いかと。

最初にかつをいただきます。

かなりしっかりと揚げてあってカツカレーにしては少しだけ厚め?サクッとしたかつは単体でもなかなか美味しいですがカレーソースをかけます。

やはりカレーをソースにした方が美味しいですね。ただ、不思議なことにカツは熱々なのにカレーはそうでもありません。熱々が大好きな自分は少しがっかり。

素揚げのじゃがいもや煮玉子はかなり美味しい。

そして、かつが少なくなってきたので、カレーだけを食べますが、びっくりするほどのスパイス感。目の前にあったスパイスは飾りではありませんでした。

かつと一緒だとスパイスはあまり感じないので最初は気づきませんでした。

ご飯は少し固めの炊き加減でちょうど良い。

感動するほどではありませんでしたが、カレーとカツだけでなく、素揚げのじゃがいも、煮玉子、コールスローも全部美味しかった。

ボリュームもそこそこあり、満足して帰路につきました。

 

 

八丁堀 ロダンの行き方と営業時間

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目8−4

東京メトロ日比谷線・JR京葉線八丁堀駅A3出口から徒歩4分
都営浅草線宝町駅A3出口から徒歩4分

【 八丁堀 ロダンの営業時間 】

11時〜15時 / 18時〜21時30分 L.O.

定休日 無休 

店頭に貼られた貼り紙が微妙に分かりづらいですが、そこにもあるように「つまり無休です」ということのようです。

八丁堀 ロダン 営業時間の貼り紙

八丁堀 ロダン 営業時間の貼り紙

八丁堀 ロダンの感想と食べログ採点

【 八丁堀 ロダンの感想 】

・カレーは欧風カレーながらしっかりスパイス。揚げたてのロースかつも美味しかった。サラダや具も美味しい。ただカレーが温かったのだけが謎。

・そこまで歴史があるわけでもない?のに何十年もある感じな店構えが渋い。店内も落ち着く雰囲気。

・ランチタイムの方がコスパが良さそうだが、夜でもこの内容のロースかつカレーが1,200円はまずまずのコスパ。

ロダン欧風カレー / 宝町駅八丁堀駅京橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.