B級孤独のグルメ

行列がすごすぎで閉店!した伝説の大崎「六厘舎」店。現在は様変わり

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!

かつて大崎「六厘舎」が残した伝説と現在

21世紀最初の10年で一番名を挙げたラーメン店は、もしかしたら大崎の「六厘舎」かもしれません。

ウィキペディアから引用させてもらいます。

六厘舎

大崎の本店は、かつて東京都内屈指の行列店で、100人を超える行列になることもしばしばであった。基本的に約2時間待ち、特に3連休などは2時間30分以上の待ち時間となることもあった。しかし、この行列が長期にわたり近隣の迷惑となってしまったことや、解消の目処が立たないことを理由に、2010年8月29日をもって閉店した。

実は旧店舗は家から近かったのですが、この行列を一瞬見て諦めたことがあります。今となっては話の種に訪問しておくべきでした。

六厘舎の大崎店はその後場所を変えて2014年に復活。

現在は東京駅ラーメンストリートに大行列を作っている「六厘舎 TOKYO」「六厘舎 TOKYO スカイツリータウン・ソラマチ店」「六厘舎 羽田空港店」を加えて計4店舗が営業中。

弟ブランドの「舎鈴」は首都圏を中心に数十店舗あるのでかなりの大勢力です。

また自分の好きな「東京タンメントナリ」も六厘舎の系列です。

六厘舎も商売的にはとてもうまくいっていると言えそうです。

さて、平成は「つけ麺」専門店が爆発的に増えた時期。

ただ有名はどこも「魚介豚骨」の濃厚Wスープという看板を掲げていました。しかし、スープは徹底的に他店に真似され、当初は新鮮だった魚介豚骨は瞬く間に普通のものになってしまいます。

今は地元の無名つけ麺店に行っても当たり前のように魚介豚骨スープが出てきます。

「麺屋一燈」や「とみ田」といった名店や一部の店がつけ麺を進化させようとしていますが、現状では完全に飽和状態で、たいていの店は新鮮味を出せていません。

この点、ベクトルがあらゆる方向に伸びて進化が止まらないラーメンとは対極的だと思います。

大崎の「六厘舎」に話を戻すと、現在はピークの時間を除き行列はできません

東京駅のラーメンストリートでは常時すごい行列のため六厘舎ブランドは未だに健在ですが、「一昔前のどこにでもあるようなつけ麺」では、普通の場所に大行列を作るのはもはや不可能だと思います。

 

 

大崎「六厘舎」の外観、メニュー、店内の雰囲気

大崎駅西口を出ると右側奥に「ThinkPark」という地上30階建ての立派なオフィスビルが見えます。

「ThinkPark」の手前を左に曲がるとスタバが併設した「TSUTAYA」があります。

そこを少し進むと下に降りる階段があり、降りると左前方に「六厘舎」が見えます。

この日は午後の7時くらいで行列はなし。

【 大崎 六厘舎の主なメニュー 】

特製つけめん 1,060円
坦々つけめん 930円
味玉つけめん 930円
辛つけめん 930円
つけめん 830円
中華そば 700円
特製中華そば 900円

以前の一推しメニュー、つけ麺シュリンプはもはやありません。この日は特製つけ麺を注文。

大崎の「六厘舎」には有名ラーメン店にありがちなよく教育されたサービスというのはありません。サービスも含めてラーメン職人の店というよりチェーン店という感じ。

店内が空いているのに角の狭い席に案内されたり、トイレの位置を聞いたら適当な説明をされて道に迷ったり良い思い出がありません。

ちなみにトイレは店内になく、このビルの一角にありますが、びっくりするほど分かりにくい場所にあります。

こちらの調味料セット。ライム酢、胡椒、焙煎黒七味、柚子の粉末、魚粉です。スープ割には柚子と七味が合います。

スープ割りのスープは卓上に置かれています。

 

 

大崎「六厘舎」で頂いたもの

特製つけ麺

特製つけ麺@六厘舎 大崎

 

特製は味玉と豚ほぐしが別皿で提供されます。

さて、麺は色合いが小麦感のある極太麺。こちらの固さがいつも違うように感じます。

この日はとても柔らかく、伸びたような食感でした。しまった感じでやや固めで美味しい時もありますが。

具はチャーシュー、太めのメンマ、海苔、刻みネギ、ナルト。海苔の上には六厘舎名物の魚粉が乗っています。

スープはそこまで濃厚ではありません。ただ今やどこにでもあるというか。スペシャルな要素は感じません。

豚ほぐしは何か安っぽい味です。味玉は普通に美味しいレベル。

スープ割りには柚子や黒七味を入れると美味しいです。

 

 

坦々つけ麺

坦々つけ麺@六厘舎 大崎

 

結構唐辛子の辛さをしっかり感じますが、クリーミーな坦々が下支えしているのでバランスは良い感じです。ただ具は挽肉と野菜少しで物足りない感じも。

つけ麺シュリンプ

つけ麺シュリンプ@六厘舎 大崎

 

以前提供していたつけ麺シュリンプ。

エビ油が抜群に合います。風味も良くなるし最高でした。

しかしエビ油はコスパが良くないのかな?現在の商売至上主義の六厘舎からは消えてしまいました。マジで復活して欲しいです。

中華そば

中華そば@六厘舎

 

中華そばは結構ガッツリ系。豚骨スープに背脂が入っています。ただ結構単調な味で普通レベルです。

 

 

大崎「六厘舎」の行き方と営業時間

〒141-0032 東京都品川区大崎2丁目2−11 ウィズシティテラス1階103号

【 大崎 六厘舎の営業時間 】

月~金 11:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝 11:00~22:30(L.O.22:00)

定休日 無休

大崎「六厘舎」の感想と食べログ採点

【 大崎 六厘舎の感想 】

・全体的に今となっては普通のつけ麺。麺はすごく柔らかくことがあるのでもう少し固めが良いなぁ。スープも普通。

・他店と唯一差別化できていたつけ麺シュリンプを復活してほしい。これは美味しい。

・かつては職人の店だったと思うが、現在は典型的なチェーン店。サービスも微妙な点が多々ある。

・通し営業でピーク以外には行列なし。行列がある時間も回転は良い。(その時間帯は麺は作り置き?以前店内にそんな貼り紙があった)

・家に近いなら行っても良いが、わざわざ行くまでもないかな。(自分は家から近い)

 

六厘舎 大崎店つけ麺 / 大崎駅大崎広小路駅下神明駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
2019年7月月間12万アクセス突破! 日本一のグルメブロガーを目指しています。 東京は世界一のグルメ都市!東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店をどんどん紹介していきます。 ほぼB級1人グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.