B級孤独のグルメ

「天ぷら阿部」銀座四丁目で1,000円!から絶品天ぷらが食べられる!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

ウチくるでキャイ~ンの天野ひろゆきさんが絶賛していた ミシュラン・ビブグルマンの銀座「天ぷら阿部」

先日銀座にしては人通りの少ない路地を歩いていたら「天ぷら阿部」という店を発見。

この名前にピンときました。

確か芸能家屈指の料理上手で知られるキャイ~ンの天野ひろゆきさんが絶賛していた店では?

確か「1,000円でこの味ですよ!」と興奮していた気がします。

ググってみると確かにその通りで「ウチくる」で天野さんが「天ぷら阿部」を紹介していた記事がいくつか見つかります。おそらく自分もそのウチくるを見ていたのだろうと思います。

また日刊ゲンダイにも以下のような記事がありました。

場所は地下鉄銀座駅にほど近い、ビルの地下1階。厨房では日本料理の老舗「なだ万」で約30年天ぷらを揚げ続けた店主、阿部三郎氏をはじめ、ベテランの職人が腕を振るっている。

「とくにこだわっているのは野菜。全国の産地からその時期に一番いいものを、吟味して仕入れています。油は搾りたての綿実油とゴマ油を独自にブレンド。鮮度のいい油を用いることで、旬の素材の持ち味を余すところなく引き出しているんです」(店のスタッフ)

これは間違いないじゃん!と食べログに「保存」し、後日日を改めて天ぷら阿部に向かいました。

なお、天野ひろゆきさんはテレビで玄人はだしの料理の腕を披露されていますが、料理の上手な方が美味しいと言う店には説得力があります

なお、天ぷら阿部は2018年のミシュランのビブグルマンにも選ばれています

天ぷら阿倍の外観とメニュー

この小さな銀座スバルビルの地下一階にあります。(安くできるのは地下だからというのもあるのかな?)

一番右が初代店主の阿部三郎さん。その隣が二代目(現)店主の奥村仁さん。

地下は人で賑わっていましたが、入店するなり良い感じのいらっしゃいませが響きます。

この声だけでサービスは良いはずと感じましたが、終始店員さんも職人さんもよく気づいて感じの良いサービスでした。

【天ぷら阿部のランチメニュー】

・天婦羅ランチ 1,500円

大海老二本・魚一品・野菜五品・ご飯・味噌汁・香の物

・天婦羅膳 3,000円

活車海老二本・魚二品・海老かき揚げ一枚・野菜四品・ご飯(天茶又は天丼)・味噌汁・香の物・デザート

・上天婦羅膳 4,000円

才巻海老二本・魚三品・海老かき揚げ一枚・野菜四品 ご飯(天婦羅茶漬又は天丼)・味噌汁・香の物・デザート・雪見コーヒー

・大海老天丼 1,000円

大海老二本・野菜三品・味噌汁・香の物
※平日限定

・ランチかき揚げ丼 1,000円

野菜と海老のかき揚げ・野菜二品・玉子の天婦羅・味噌汁・香の物
※平日数量限定

・上天丼 1,500円

大海老二本・魚一品・野菜五品・ご飯・味噌汁・香の物

・上かき揚げ丼 2,500円

海老のかき揚げ・野菜一品・玉子の天婦羅・味噌汁・香の物

やや高めのメニューもありますが、光るのは大海老天丼とランチかき揚げ丼がそれぞれ1,000円!ではないでしょうか?

自分はこれもリーゾナブルな天婦羅ランチ1,500円を注文しました。

 

 

当日頂いた天婦羅ランチ

ほうじ茶と漬物が最初にきました。

カウンターの上に置いてある小瓶の蓋を開けると赤と白の美味しそうな岩塩が。

そして、漬物を食べると無茶苦茶美味しいです。

漬物はあれば食べますが、自ら買うことはなくそこまで愛着がないのですが、これは別格の美味しさです。

まさかの天ぷら前の漬物でテンションが上がります。

そして、まさに目の前にいた女性職人の方が揚げてくれた4品で天婦羅ランチが始まります。

天婦羅に前に味噌汁に口をつけると濃厚な出汁で美味しいです。

そして塩だけでなくタレもきちんと提供されます。お皿に岩塩を入れてエビを頂きます。

うん?なんかあっさりしていてベタつきません。油にクセがないのです。ダイレクトにエビの美味しさを感じます

なお、天ぷらの最初の写真の左上のものは何?と思ったのですが、ヤングコーンでした。ヤングコーンも天ぷらのネタになるのですね。

これはししゃもです。一方は子持ちししゃもでした。こういう淡白な魚が天ぷらには合いますね。

まいたけにさつまいも。さつまいもは火が通りやすいのですね。超熱々でした。猫舌でないのでこれくらいが一番好きかも。

そして個人的に一番美味しいと思ったのがしいたけ

シャッキっとしていてぐちゃっとした感じがなく椎茸本来の美味しさを感じるものでした。これは素晴らしい。

途中でご飯をお代わりました。ご飯も美味しいし、漬物、味噌汁も美味しいのでこれだけでも良い食だと言えそうなくらいでした。

天ぷら阿倍の行き方と営業時間

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目3−7 B1F スバルビル

銀座駅A10出口から1分。有楽町駅からも5分ちょっとです。

【天ぷら阿部の営業時間】

【月~金】
ランチ  11:30~14:00
ディナー 17:00~21:00
【土・日・祝】 
ランチ  11:30~15:00
ディナー 17:00~21:00

定休日 大晦日、元旦のみ

銀座八丁目に「てんぷら阿部 八丁目店」もあります。

天ぷら阿部の感想と食べログ評価

【 天ぷら阿部の感想 】

・油のクセの少ない天ぷらで素材の良さを実感できる。

・一度に数品出来てきたのは最初だけで、後は一品一品出てくるので熱々の状態で食べられる。

・岩塩とタレの両方で食べられるのも良い。

・漬物や味噌汁もワンランク上のレベル。

・店員さんや職人さんの感じが良く、サービスが素晴らしい。

銀座 天ぷら 阿部天ぷら / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅
昼総合点★★★★ 4.0

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.